やりたい仕事ができない、やりたいことと違う場合は転職するべきか否か

やりたい仕事ができない、やりたいことと違う場合は転職するべきか否か

就職活動での失敗、希望と全然違う配属先、会社からの異動命令などが理由でやりたい仕事ができず全く違う仕事をすることになっている人というのは少なくないと思います。

途中でやりたい仕事が見つかったなんて人もいるかもしれません。

ではもしそうなってしまった時、思い切って転職するべきでしょうか、それともとりあえずしばらくは働いた方が良いのでしょうか。

関連:やりたい仕事に転職したはずなのに実際働いてみると仕事がつまらなくなってしまう原因と対策

関連:異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

希望していた仕事ができないことは大きなストレス

自分が希望していた仕事と全く違う仕事をすることになった時、それによって大きなストレスを感じる人は多いでしょう。

仕事自体の面白さはもちろん、将来の自分のなりたい姿からどんどん離れていってしまう自分がいるわけですから当然です。

職種としての経験がものを言う社会。

近い職種であれば今の仕事が将来につながるかもしれないという期待を持ち働くことができますが、かけ離れた職種だとそんな希望すら持てません。

こんな気持ちを持ちながら仕事を続けるというのは簡単なことではありませんよね。

やりたい仕事ができないという理由で転職することの是非

もし今の会社でやりたい仕事とまったく違う仕事をすることになってしまっていて、異動の可能性も全くないという場合にやりたい仕事をしようと思えば転職が唯一の方法です。

ただやりたい仕事ができないから転職することに関しては賛否両論。

確かに転職せずに続けるにも転職するにも、メリット、デメリットがあり、簡単にどちらが良いと言えるものではありません。

続けることのメリット、デメリット

最初はやりたい仕事と違っていても、仕事を続けているとその仕事にやりがいを感じ、いつのまにか天職に思えるようになる場合はあります。

仕事での成功、失敗を経験し、できることが増えていく。この経験によって考え方は変わる可能性があるのです。

これが仕事を続けることによるメリットでしょう。

また自分の考えにこだわりすぎずに視野を広げていけるといった点もあるかもしれません。

一方で続けることによるデメリットもあります。

最大のデメリットは仕事を続ければ続けるほど、キャリアチェンジがしにくくなってしまうという点です。

仕事を続けたからと言ってその仕事が楽しいと思えるとは限らず、時間がたつにつれてより一層やりたい仕事への思いが強くなってくる可能性もあります。

ただ未経験の仕事に転職するなら若い方が有利。第二新卒、20代後半、30代前半と年齢が高くなるにつれて難易度は高くなりますし、そもそも応募資格がなくなる企業もあり選択肢も狭くなってしまうでしょう。

また年齢が高くなるにつれて転職時に年収が下がってしまう可能性も高まり、それが原因で転職したくてもできずに悩み続けてしまうことありえるのです。

転職することのメリット、デメリット

では転職することのメリット、デメリットはどういった点があるでしょう。

まず転職することによるメリットですが、転職は自分で仕事を選ぶことができる為、自分がやりたい仕事に就くことができるという点です。

またできるだけ若いうちに転職してしまうことによって、未経験職への転職が成功させやすくなるし、給料面等で転職自体へのハードルも下がります。

一方でデメリットは、やりたい仕事だと思っていたものが、いざ自分で仕事をしてみると想像していたものと全く違っていて転職したことに後悔することが考えられます。

仕事というのは実際やってみなくてはわからないこともあり、ギャップを感じる人は少なくありません。

また転職先で人間関係に悩む場合もあれば、待遇面が悪くなったことで後悔するといったこともありえます。

転職するかどうかを判断する為には

このように仕事を続けるにしても転職するにしても、それぞれにメリットやデメリットがあります。

では自分はどうするのが良いのでしょうか。

この先後悔しない為に、以下のことを判断基準としてみてください。

やりたい仕事に対する理解の深さ

まず重要なのは自分がやりたいと思っている仕事が、実際どういった仕事をすることになるのか理解度を深めること。

先ほども述べたようにやりたいと思っていた仕事でもいざ就いてみると大きなギャップを感じる人は少なくありません。

転職前にそのギャップはできるだけ埋めておく必要があり、実際にどういった仕事をすることになるのかについてはよく調べましょう。できればその職種で働いている人に直接話を聞くのが良いです。

決して自分のイメージを判断基準にするのではなく、より現実を見つめた上でそれでも自分がやりたいと思える仕事かどうかを判断する。まずはこれが第一ステップです。

現在の仕事とやりたい仕事に対する関連性

現在の仕事がどれだけやりたい仕事に関連しているかもしっかり考えましょう。

関連性がある仕事であれば異動の可能性はあるし、いざ転職するとなってもその職種での経験を生かすことができます。

一方で全く関連性がない仕事なら転職するしか可能性がない為、早めに転職した方が良いでしょう。

今の仕事を頑張ることはもちろん大切。ただそれが将来に繋がるかどうかは状況次第です。

現在の仕事に対して真剣に取り組んだか

1年だけでも良いし、半年だけでも良い。少なくとも現在の仕事に対して真剣に取り組む時間はつくってください。

最初から違う仕事がやりたいと考え、手を抜きながら仕事をしていても仕事に対してやりがいなんて全く見いだせることはありません。

転職活動と同時並行でも良いので、今の仕事は今の仕事で全力で取り組み、本当に自分にとって辞めても良い仕事なのかどうかを見極めましょう。

転職活動を始めるにあたり

もし考えた結果転職することに決めたなら転職活動を始めることになりますが、転職活動では転職サイトはもちろん転職エージェントも利用するようにしてください。

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ