やりたいことが決まっていない状態での転職の進め方

やりたいことが決まっていない状態での転職の進め方

とりあえず今の会社は辞めて転職したい。けれど特にやりたいことは決まっていない。そんな風に考えてどうすればいいかわからなくなっている人って意外に多いです。

その悩みはどうすれば解決できるでしょうか。

そこで今回はやりたいことが決まっていない状態での転職の進め方について紹介します。

関連:やりたいことがない、やりたいことがわからないという時に考える

関連:転職タイミングで大事なのは需要の高さ。時期、年齢、何年目か、理由がどうかではない

転職はやりたいことが決まってからしたほうが良い?

よく転職はやりたいことが決まってからやるべきだという意見を耳にします。まあそんなのは当然のことですよね。

自分はこれをやりたいんだ!という明確な目的があって転職するのと、今いちやりたいことがわかっていないままとりあえず会社を辞めたいから転職するのでは、断然前者のほうが転職で成功できる可能性は高いでしょう。

じゃあやりたいことが決まっていない人はどうすればいいのでしょうか。

やりたいことが決まるまで待ったほうがいい?転職活動を始める前にやりたいことを決めるのが先決?

それができるなら苦労しませんよね、それができないから悩んでいるわけですから。

もしやりたいことが決まっていないなら転職せずに働き続けるべきだという意見もあるでしょう。もちろんそれは一つの方法かもしれません。

ただ、中には少なくとも今の仕事はやりたい仕事ではないと明確にわかっている人も多く、とりあえず働き続けるのが単に時間の無駄になるってことも実は多かったりします。

ただ待っていてもずっとわからないまま

転職したいけどやりたいことが決まっていない。とりあえずやりたいことができるまで待ってみる。そんなことをしていてもおそらくずっとやりたいことは決まらないままです。

ただ働き続けるだけでは、ヒントとなる情報はほとんど入ってきませんからそのうちわかるようになるなんて稀な話です。

結局のところ、色々と情報を手に入れてそれをきっかけに色々と自分で考えてみたり、なんかしら行動を起こしてみなければ、ずっと現状維持のまま不満を感じ続けるだけです。

とりあえず転職活動してみればいい

結局のところ、今の自分の仕事、今勤めている会社以外の情報を入手していかなくてはな、いつまでたってもやりたいことなんてわからないままです。

だからこそとりあえず転職活動を始めてみればいいと思いますよ。

少なくともとりあえず働き続けるよりは情報も多く入手できるし、自分について考える機会も自然と増えていくものです。

転職活動のやり方

では、具体的にやりたいことが決まっていない状態で転職活動する場合のやり方を紹介していきます。

何が不満なのか詳細まで考えてみる

まずは、現状の不満をより詳細まで考え、解き明かしてみてください。

不満には、本当は自分がどうなりたいかというヒントが隠されています。

仕事がつまらないからというような表面的なものだけではなく、具体的にどういったことがつまらないのか、なぜつまらないのか、どうすればつまらなくんるのかということをじっくり考えてみることから始めてみましょう。

業界、職種を絞らずに色々な会社を見てみる

転職活動とは言っても最初は具体的に受ける会社を決めるのではなく、色々な仕事について知ることが最大の目的になります。

ですから最初は先入観を捨て去って色々な業界の色々な職種を見てみるようにしましょう。

最初からこの業界は条件が悪いからだとか、この職種には今から転職するのは無理だからなんてことを考えるのは辞めて幅広く見ることをこころがけてみてください。

転職エージェントに相談してみる

自分自身のことだから、一人で考えてみるのが当然と考える人もいるかもしれませんが、実は自分以外のの意見を聞く、一緒に考えるというのは大事なことです。

特に、転職エージェントは非常に役にたちます。

転職エージェントというと、実際に自分の考えが具体的になってから転職をサポートしてもらうために利用するものだと考えがちですが、実は具体的に決まっていない状態からこそ使うべきものです。。

転職エージェントで、キャリアの相談やスキルの棚卸、良さそうな仕事の紹介を行ってくれますから、そこからやりたいことが決まっていくこともあります。。

退職はちょっと待つ

やりたいことが決まっていなくても、転職活動はやってみるべきですが退職はちょっと待ちましょう。

もちろん、今の仕事があまりにきつすぎてもう限界となっていたら辞めてもいいのですが、そうでなければ辞めずにいたほうが選択肢は増えます。

中には色々と転職活動を進めていく中で現職で頑張るという結論をだす人もいるのですが、辞めてしまうとそれができなくなってしまいます。

また、先に辞めてしまうと転職活動を焦って行なうことになりかねず、結局やりたいと思えることがわからないままとりあえず仕事に就くということになってしまいます。

転職に向けて

転職を進めるにあたり、転職サイト、転職エージェントは有効活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト、転職エージェントはやはり大手が充実。求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っています

特に以下2つの大手転職サービスへの登録は必須と言えるでしょう。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:20代後半の人が派遣社員から正社員に早めに転職しておくべき理由

関連:仕事にやりがいが無い、もっとやりがいのある仕事に転職したいと思った時にすべきこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ