仕事のやらされ感を感じる原因。主体的になれないなら転職してみるのもあり。

仕事のやらされ感を感じる原因。主体的になれないなら転職してみるのもあり。

最近仕事がやらされているだけになっている。そんな風に感じたことはありませんか?

こうなってしまうと、仕事はつまらなくなってしまいますし、仕事をするのが苦痛で辞めたいと感じることも多くなってしまいます。

そこで、今回は仕事にやらされ感を感じてしまう原因について紹介していきます。

関連:長く働いていれば仕事がマンネリ化するのも当然。防ぐための対策方法とは?

関連:仕事を頑張りたいのに頑張れない時にすべきことは?

なぜ仕事にやらされ感を感じてしまう?

やらされ感を感じるのは、単に自分から主体的に取り組んでいないからだ、意識の持ち方が悪いなんていう風に、個人に責任があるように捉えてしがいがち。

しかし、実際はやらされ感を感じるのは個人の問題よりも、むしろ環境の問題である側面が強いです。

その原因について紹介していきます。

やりたい仕事ができない

会社では、個人の意思よりも会社の利益を尊重してしまいがちです。

その為、いくら自分であの仕事がやりたい、違う部署に異動したいと思っても、すでに覚えている仕事で成果を最大限に出せる仕事を任されるようになります。

新たに覚えることもなければ、チャレンジすることもできない。そういった仕事をせざるを得ない状況になってしまうことは多々あります。

当然自分の希望が叶わず、仕方なくやるわけですからやらされ感がどうしても強くなってしまいます。

成長を実感できなくなる

新たな仕事をさせてもらえないことは、自分自身の成長を感じることができなくなってしまうことにも繋がります。

新入社員の頃は、全てが新しいことで学ぶものも多く、やりがいを感じることができ楽しく仕事ができていても、徐々に同じことの繰り返しになってきて、つまらなくなってしまいます。

そしていつの間にか、単に指示されたことをやるだけになり、やらされ感を強く感じるようになってしまいます。

成果に対して正当に評価されない

仕事をする上で、成果に対して正当に評価されること、実際に報酬等として与えられることは大事なこと。

それがあれば、また頑張ろう、もっと成果をだそうと主体的に仕事に取り組むことができます。

しかし、いくら仕事で頑張っても正当な評価をされなければ、頑張っても仕方ないと感じ主体的に仕事に取り組むことができなくなってしまいます。

仕事量が多すぎる

仕事量が多すぎて、常に仕事に追われる状態になってしまうと、当然自分から提案したり主体的に仕事を取り組むなんてことはできません。

言われたこと、指示されたことをとにかくこなすことで精いっぱいになってしまい、やらされ感は強くなってしまいます。

上位が現場を知らない

仕事のやらされ感が増える原因に与えられた仕事に納得が行っていないという点が挙げられます。

特に上位が現場を知らずに理想論ばかり言ったり、実際とは全く違う意味のない仕事を指示されてしまうと強く感じてしまいます。

それは意味がない、それは不可能だなんてことは言えずにとりあえず形だけはこなす仕事って割とありませんか?

そんな仕事が増えてくれば当然仕事に対して主体的に取り組むことなんてできませんよね。

あと何十年も働き続けることができる?

仕事のやらされ感が強くなってきた時、一つ考えてほしいのがあと何十年も働き続けることができるのかということです。

もちろん、仕事を続けていると違う仕事を任されることもあるかもしれませんし、ポジションも変わるかもしれません。時には会社の体制が変わる可能性もあります。

ただそれはあくまで可能性であり、必ずしもそうなるわけではありません。

もしも何も変わらなければ、きっと後悔してしまうことになるでしょう。

仕事に対してどう感じているかは、人生において大きな影響を与えます。

つまらない仕事ばかりであれば、毎日明日嫌だなと過ごさなくてはいけません。しかし、仕事にやりがいを感じることができれば、もちろん嫌な日もあるでしょうが明日が楽しみだなんていう風に感じることができるようになるでしょう。

この違いはかなり大きいです。

転職してみるのもあり

あまりにやらされ感が強く、主体的に取り組めないのであれば、いっそのこと転職してみるのもありだと考えます。

せっかくもっと成長したい、もっと主体的に仕事をしたいと思っているならば、その感情をほったらかしにしておくのは非常にもったいないことです。

転職はリスクのあることだと考えがちですが、実は転職して満足している人の割合はおよそ8割と非常に高く、不満解消につなげることができている人が非常に多いのです。

まだまだ何十年と続く仕事ですから、一度くらいチャレンジしてみたっていいのではないでしょうか。

でも転職活動って面倒ですよね。仕事をしながらだと中々踏み出すことができません。

ただ、実は思ったよりはそこまで面倒なことではなく、転職サイトや転職エージェントを上手く利用していば、手間はかなり省けます。ですから最大限に活用していけば隙間時間を使って十分に進めることが可能です。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事のモチベーションの上げ方や維持方法、ただ働くだけでは下がるだけ

関連:転職するリスク、同じ会社で働き続けるリスク、どっちが高い?



このページの先頭へ