仕事を辞めようかなと悩む気持ちは辞めたいという気持ちより強い。一度本格的に転職を検討しよう。

仕事を辞めようかなと悩む気持ちは辞めたいという気持ちより強い。一度本格的に転職を検討しよう。

仕事を辞めたいという気持ちは、おそらくほとんどの人は一度は持ったことがあるという気持ちだと思います。

ただ実際に辞めるまで行く人はそれほど多くはなく、将来のことを考えて我慢するところは我慢し、割り切るところは割り切り、改善できる点は改善して仕事を続けていっています。

そしてそれはとても大切なこと。辞めたいと思うたびに辞めていてはきりがないし、転職回数がどんどん増えて状況は悪化していく一方になってしまう可能性が高いです。

ただ仕事を辞めたいという気持ちがさらに強くなり、仕事を辞めようかなという気持ちになったら一度転職するのかどうかをじっくり考えてみることをおすすめします。

関連:正社員なのにボーナスなしで会社を辞めたいと感じているならさっさと転職しよう

関連:仕事を辞めたいけど勇気がでないという人は注意。その先の後悔が見えていますか?

仕事を辞めようかなと悩む気持ちは辞めたいという気持ちより強い

仕事を辞めたいという気持ちと仕事を辞めようかなという気持ち。似ているようで実は全然違うもの。

辞めようかなという気持ちはより強く辞めることを意識していることになります。

仕事を辞めたいと思っていても、そう簡単には辞めることができませんよね。あくまで願望にすぎず、辞めた後のことを考えると不安になって結局辞めることができないし、それどころか実際に辞めることを具体的に考えることすらしない場合がほとんどだと思います。

しかし仕事を辞めようかなと悩む気持ちは願望ではなく意思。

辞めたいという気持ちが強くなり、具体的に辞めることを意識しはじめたからこそ考える気持ちです。

この気持ちを持つに至るにはやっぱり何かしらのきっかけがあるもの。

  • 辞めた後のことに希望が持てるようになった
  • 今の仕事を続けることが限界に近づいてきた
  • 身近で辞めた人がいて自分ごととして考えるようになった

こんなことがきっかけとしてあったからこそではないでしょうか。

だったらその考えを進めてみましょう。

仕事を辞めたいという気持ちが辞めようかなと悩むまでになったら

仕事を辞めようかなと悩むまでいくと、何人かの人は何かしらの具体的な行動を起こします。

しかし大半の人はそうなっても何もしないまま。

辞めることは悪いことでも恐ろしいことでもなんでもないのに、ただ勝手に恐怖心を抱き、今のストレスが大きな環境で耐えることを選んでしまっています。

確かに自分では何も選択せず、自分からは何も行動を起こさずにいることは楽ですから、わざわざ仕事を辞めるというのは中々踏み切ることができないもの。

ただ何も変わることなくいつまでも悩み続けることになるであろう、受け身でいることのリスクについては考えておかなくてはなりません。

せっかく辞めようかなと考えるようになったなら、もう一歩踏み込んで考えてみましょう。

周りの意見、一般的な意見で無理に自分を納得させようとしない

まずあなたが行うべき一つ目のことは、周りの意見、一般的な意見から解放されること。

例えば新卒3年以内で会社を辞めようとした人がいたら、おそらく周りの人からはとりあえず3年は働くべきだ、辞めたら後悔するだろうなんて話をされるでしょう。

大企業で働いている人もまた、辞めるなんてもったいない、今以上の会社に転職するなんて無理だなんてことを言われるかもしれません。

もしかしたら周りの人に言われなくても自分でそう考えてしまっているかもしれません。

ただそういった考えはあなた自身に対して当てはまっているとは決して限りません。

新卒で入社した会社を辞めたとしても、次の会社で良い会社生活を送ることができている人なんて山ほどいるし、そもそも第二新卒採用が活発になって転職もしやすい状況にあります。

大企業から転職した場合も、さらに好条件の企業に働くことができる人もいれば、条件が下がっても自分にとって働きやすい会社を見つけて転職して良かったと思っている人はたくさんいます。

周りが言う一般的な言葉というのは、そもそも間違っている考え方である場合も多いし、合っていたとしてもそれが当てはまるかどうかなんて全くわからないこと。

そんなものに左右されていたところで良いことはありません。

自分の可能性を知る

そして二つ目のことは自分の可能性を知ること。

転職活動を始めてみて、自分がどういった道に進むことができるのか、本当に転職すると条件は悪化してしまうのかどうなのか、そんなことは転職活動をしなくてはわからないことです。

転職活動をしてみて手ごたえを感じたら転職すればいい、結局は今がベストであると考えたら今の会社で働き続ければいい。

いずれにしたって辞めようかなという悩みからは解放されるはずです。

やる前から転職すると条件は悪化すると決めつけたり、自分の年齢ではどこからも内定を貰えないと決めつけるなんて言うのはもってのほかだし、そんなことに不安になって悩み続けるというのも無駄なことなんです。

ある程度の結果が見えた時にこそ選ぶべき選択肢がわかってくる

転職活動を進めていくと、どんな条件でどんなことがやれる会社に転職することができそうかというのがわかってきます。

選考が進めば進むほどにそれは明確になります。

もちろんわからないことだってたくさんあります。人間関係が上手くいくだろうか、仕事についていけるだろうか。そういった不安は内定を貰った後も持ってしまうでしょう。

ただその頃にはそういった不安も受け入れた上で、どういった選択をとればいいかが自然とわかってくるはずです。

辞めること、転職することから逃げてはだめ

よく転職することは逃げなんていいますが、決してそんなことはありません。

それどころか、辞めるべき状況にあるにも関わらず辞めること、転職することもせずに働き続けている方がずっと逃げ。

辞める勇気が持てず受け身になっているだけで、それこそ逃げです。

辞めようかなと悩む気持ちからは、受け身のままずっといても解放されることはありません。

だからこそ辞めること、転職することから逃げず、しっかり向き合いましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ