仕事を辞めようかなと悩む気持ちは辞めたいという気持ちより強い。一度本格的に転職を検討しよう。

仕事を辞めようかなと悩む気持ちは辞めたいという気持ちより強い。一度本格的に転職を検討しよう。

仕事を辞めたいという気持ちは、おそらくほとんどの人は一度は持ったことがあるという気持ちだと思います。

ただ実際に辞めるまで行く人はそれほど多くはなく、将来のことを考えて我慢するところは我慢し、割り切るところは割り切り、改善できる点は改善して仕事を続けていっています。

そしてそれはとても大切なこと。辞めたいと思うたびに辞めていてはきりがないし、転職回数がどんどん増えて状況は悪化していく一方になってしまう可能性が高いです。

ただ仕事を辞めたいという気持ちがさらに強くなり、仕事を辞めようかなという気持ちになったら一度転職するのかどうかをじっくり考えてみることをおすすします。

関連:正社員なのにボーナスなしで会社を辞めたいと感じているならさっさと転職しよう

関連:仕事を辞めたいけど勇気がでないという人は注意。その先の後悔が見えていますか?

仕事を辞めようかなと悩む気持ちは辞めたいという気持ちより強い

仕事を辞めたいという気持ちと仕事を辞めようかなという気持ち。似ているようで実は全然違うもの。

辞めようかなという気持ちはより強く辞めることを意識していることになります。

仕事を辞めたいと思っていても、そう簡単には辞めることができませんよね。あくまで願望にすぎず、辞めた後のことを考えると不安になって結局辞めることができないし、それどころか実際に辞めることを具体的に考えることすらしない場合がほとんどだと思います。

しかし仕事を辞めようかなと悩む気持ちは願望ではなく意思。

辞めたいという気持ちが強くなり、具体的に辞めることを意識しはじめたからこそ考える気持ちです。

この気持ちを持つに至るにはやっぱり何かしらのきっかけがあるもの。

  • 辞めた後のことに希望が持てるようになった
  • 今の仕事を続けることが限界に近づいてきた
  • 身近で辞めた人がいて自分ごととして考えるようになった

こんなことがきっかけとしてあったからこそではないでしょうか。

だったらその考えを進めてみましょう。

仕事を辞めたいという気持ちが辞めようかなと悩むまでになったら

仕事を辞めようかなと悩むまでいくと、何人かの人は何かしらの具体的な行動を起こします。

しかし大半の人はそうなっても何もしないまま。

辞めることは悪いことでも恐ろしいことでもなんでもないのに、ただ勝手に恐怖心を抱き、今のストレスが大きな環境で耐えることを選んでしまっています。

確かに自分では何も選択せず、自分からは何も行動を起こさずにいることは楽ですから、わざわざ仕事を辞めるというのは中々踏み切ることができないもの。

ただ何も変わることなくいつまでも悩み続けることになるであろう、受け身でいることのリスクについては考えておかなくてはなりません。

せっかく辞めようかなと考えるようになったなら、もう一歩踏み込んで考えてみましょう。

周りの意見、一般的な意見で無理に自分を納得させようとしない

まずあなたが行うべき一つ目のことは、周りの意見、一般的な意見から解放されること。

例えば新卒3年以内で会社を辞めようとした人がいたら、おそらく周りの人からはとりあえず3年は働くべきだ、辞めたら後悔するだろうなんて話をされるでしょう。

大企業で働いている人もまた、辞めるなんてもったいない、今以上の会社に転職するなんて無理だなんてことを言われるかもしれません。

もしかしたら周りの人に言われなくても自分でそう考えてしまっているかもしれません。

ただそういった考えはあなた自身に対して当てはまっているとは決して限りません。

新卒で入社した会社を辞めたとしても、次の会社で良い会社生活を送ることができている人なんて山ほどいるし、そもそも第二新卒採用が活発になって転職もしやすい状況にあります。

大企業から転職した場合も、さらに好条件の企業に働くことができる人もいれば、条件が下がっても自分にとって働きやすい会社を見つけて転職して良かったと思っている人はたくさんいます。

周りが言う一般的な言葉というのは、そもそも間違っている考え方である場合も多いし、合っていたとしてもそれが当てはまるかどうかなんて全くわからないこと。

そんなものに左右されていたところで良いことはありません。

自分の可能性を知る

そして二つ目のことは自分の可能性を知ること。

転職活動を始めてみて、自分がどういった道に進むことができるのか、本当に転職すると条件は悪化してしまうのかどうなのか、そんなことは転職活動をしなくてはわからないことです。

転職活動をしてみて手ごたえを感じたら転職すればいい、結局は今がベストであると考えたら今の会社で働き続ければいい。

いずれにしたって辞めようかなという悩みからは解放されるはずです。

やる前から転職すると条件は悪化すると決めつけたり、自分の年齢ではどこからも内定を貰えないと決めつけるなんて言うのはもってのほかだし、そんなことに不安になって悩み続けるというのも無駄なことなんです。

ある程度の結果が見えた時にこそ選ぶべき選択肢がわかってくる

転職活動を進めていくと、どんな条件でどんなことがやれる会社に転職することができそうかというのがわかってきます。

選考が進めば進むほどにそれは明確になります。

もちろんわからないことだってたくさんあります。人間関係が上手くいくだろうか、仕事についていけるだろうか。そういった不安は内定を貰った後も持ってしまうでしょう。

ただその頃にはそういった不安も受け入れた上で、どういった選択をとればいいかが自然とわかってくるはずです。

辞めること、転職することから逃げてはだめ

よく転職することは逃げなんていいますが、決してそんなことはありません。

それどころか、辞めるべき状況にあるにも関わらず辞めること、転職することもせずに働き続けている方がずっと逃げ。

辞める勇気が持てず受け身になっているだけで、それこそ逃げです。

辞めようかなと悩む気持ちからは、受け身のままずっといても解放されることはありません。

だからこそ辞めること、転職することから逃げず、しっかり向き合いましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

登録は無料でしかも数分で終わるもの。本当にあっという間に終わるので、ぜひ活用して下さい。

転職サイト等で手始めに登録しておきたいのが以下の2つです。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

リクナビNEXTは飛び抜けて最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、全ての人に利用価値のある転職サイトです。

ちなみに転職を成功させた人の8割以上がここを利用、転職決定数もNo.1でおよそ5割という圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人からのオファー量が他のサイトに比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

またエージェントサービスにも利用したいタイミングで簡単に登録でき、情報の連携もできるというのも大きなメリットです。

多くの人が使っているのでマイナス意見もありますが、基本的には満足度も高く、転職サイト満足度ランキングでも常に上位となっています。

私も転職の際に利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質に不満はなく、いくつか登録した転職サイトのうち、最後まで使っていたのはこのリクナビNEXTだけでした。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレス(PC用、スマホ用どちらも可)を入力し「会員登録」をクリック、そのアドレスにすぐメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると詳細登録画面が表示されます。

後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

また日常的に使うメールアドレスを使っていてメルマガなどが頻繁に来るが嫌な場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておいて下さい。

■公式サイト:リクナビNEXT

リクルートエージェントは転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェント会社として国内最大手。

求人量、実績が圧倒的に優れています。

求人も全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での制約条件はありません。

またリクナビNEXTと連携をとることも可能です。

具体的に行ってくれるのは、非公開求人の紹介、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉等。

手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また今後のキャリアについて相談に乗ってくれるので、転職するかどうか悩んでいる人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

もちろん他にも業界2位のDODA、それに次ぐマイナビエージェント、20代向けのハタラクティブといった評判の良いものはあるので、色々と使って見るのも良いでしょう。



このページの先頭へ