転職活動を会社を辞めてから行う時に注意しなくてはいけないこと

転職活動を会社を辞めてから行う時に注意しなくてはいけないこと

転職しようと決めた時、まずは転職活動を行うことになります。

会社を続けながら転職活動を行い、転職先が決まってから会社を辞めるのか

それとも会社を辞めてしまってから転職活動を行うのか、どちらかを選ぶことになります。

その中で、今回は会社を辞めてから行う時に注意しなくてはいけないことを紹介していきます。

関連:転職に成功できる年齢は何歳まで?限界ってあるの?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

転職先が決まってから会社を辞めたほうがいい。けれど・・・

転職活動は会社に行きながら行い、転職先が決まってから辞めたほうがいいとされています。

辞めてから行うことによるデメリットが大きいためです。

もちろん、転職活動を辞めてから行うことによるメリットもあります。

転職活動を会社を辞めてから行うことによるメリット

転職活動を辞めてから行うことのメリットは以下のようなものがあります。

転職活動に本気になれる

会社を辞めてしまっているわけですから、転職先を見つけないと、生活に困ることになります。

ですから、転職に対して本気で取り組まなければなりません。

会社を辞めずに行うと、そこまで追い込まれていない為、なかなか本気にはなれず、だらだら転職活動を行い、長期化することもあります。

時間をたっぷりとることができる

転職活動を会社を辞めてから行うことの一番のメリットは時間がたくさんあることです。

会社に行かない分、転職活動に集中できます。

時間の余裕があることで、転職活動における書類作成や面接の練習などに時間を割くことができ、一つ一つのクオリティもあがります。

企業選びの際にも、しっかり調査する時間をとることができます。

また、面接は通常、平日に行うことになりますが、会社を休まなくてはいけないと悩むことがないこともメリットの一つです。

また、今後の方向性についてもゆっくり考える時間がとれることができるのは大きいです。

採用に有利に働くことも

会社によっては人手不足ですぐにでも人がほしいという場合もあります。

会社を辞めずに行っている人は、転職先が決まった後、退職の手続きなどで働くことが可能になるまで時間が空く場合がありますが、

会社を辞めてから転職活動を行っている人はそういった制約がない為、すぐに働きだせるということが多い為、採用で有利に働くことがあります。

転職活動を会社を辞めてから行うことによるデメリット

一方で転職活動を辞めてから行うことのデメリットには以下のようなものがあります。

お金の心配をしなくてはいけない

会社を辞めてから行うわけですから、収入は途絶えます。

自主退職の場合、失業保険がでるまでに3ヶ月間の給付制限が付くため、少なくともその分は生活できる程度の貯金は必要です。

空白期間が長引くと、採用で不利に働く

会社を辞めてから、次働くまでの空白期間が長引くと採用で不利に働くといわれています。

半年程度ではなんの問題もありませんが、それ以上だと、長引けば長引くほど不利になります。

焦りが生じる

会社を辞めてから転職活動を行っていると、どうしても早く決めたいと重い、焦りが生じてしまいます。

その焦りによって、満足の行く転職ができないどころか、むしろ前の会社のほうがよかったなんてことになりかねません。

スポンサーリンク

会社を辞めてから。何に注意すればいい?

会社を辞めてから転職活動を行うことにはメリット、デメリットがあります。

そういったことを知った上で、会社を辞めてから行うことを選ぶのは問題ありません。

しかし、いくつか注意しなくてはいけない点もあります。

転職サイトで求人情報などを確認しておく

まずは転職サイトで、求人情報や転職活動の流れを把握しておきましょう。

リクナビNEXT のスカウト機能では、あなたの経歴からオファーが来るので、自分にどれくらいの市場価値があるのかを把握することができます。

会社を辞めてから転職活動を始めて見ると、選べる会社が全然なかったなんてことにならないように、まずは確認しておくことが必要です。

お金の計画をつくる

収入が途絶えるわけですから、お金の計画は必要です。

失業保険がでるまでの生活費はもちろん、失業保険が貰えるようになっても会社で働いていた頃にくらべると少なくなるわけですから、

いつからどれだけの収入を得ることができて、いくら貯金が必要なのかをしっかり計画をたてておきましょう。

本気で転職活動に取り組む

どうしても、会社を辞めたことで気が抜ける人がいます。

それに慣れてしまうと、会社を辞めて時間があるにも関わらずだらだら転職活動を進めてしまうことになり、

なかんか決まらないまま時間が過ぎていくことになります。

とにかく会社を辞めてから転職活動をするからには、本気で取り組みましょう。

転職活動の平均期間は3ヶ月と言われています。

これは会社を辞めずに時間がない中で転職活動を行っている人も含まれているので、会社を辞めてから行う人は2ヶ月程度で決めることも可能です。

早く決めようとは思う必要はないですが、まずはそれくらいを目標で動いていきましょう。

スポンサーリンク

リスクをとることを最大限使おう

会社を辞めてから転職活動を行うことはリスクを負うことになります。

リスクを負うことは悪いことでありません。上手く使えばチャンスになるものです。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

ますは転職サイトを色々見てみて、今後どう動くかじっくり考えましょう。

関連:転職先の入社日はどのように決めればいい?こだわりすぎると後悔するかも

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ