辞める人が多い会社、人が辞めていく職場の特徴。あなたの会社は大丈夫?

辞める人が多い会社、人が 辞めていく職場の特徴。あなたの会社は大丈夫?

労働者にとってみればできるだけ長く一つの会社で働きたいと思うし、会社側にとっても社員にはできるだけ長く働いてもらいたいと思うもの。

労働者側では面倒な転職活動をしなくて済むし、会社側にとっても求人広告にお金をかけたり新たな人材をまた一から育てなくて済みますから良いことが多いです。

しかし実際はそう上手く行きませんよね。

入社してもすぐに人が辞めてしまったり、ある程度育ったら辞めてしまうのが頻繁に起こっている会社もあります。

そこで今回は辞める人が多い会社の特徴や、次から次へと人が辞めていく職場の特徴を紹介していきます。

関連:離職率が低い業界やその特徴。中にはブラック企業もあるかもしれないので要注意

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

辞める人が多い会社の特徴

まずは辞める人が多い会社の特徴から紹介していきましょう。どういった特徴を持った会社だと人が長続きしないのでしょうか。

仕事内容と待遇が一致していない

楽な仕事で待遇が良いのが一番かもしれませんが、さすがにそれは無理。

求められるものが高くなるほどに待遇は良くなり、逆に求められるものが低くなるほどに待遇は悪くなっていきます。

高い専門知識が必要な難しい仕事ほど給料は高いし、誰でもできるような単純な仕事ほど給料は低くなるものです。

しかしたまに仕事内容とその待遇があまりに一致していない場合があります。

仕事内容は難しいものなのに、同業他社と比較してみても待遇が悪い。会社としては人件費を抑えたいという気持ちがありますから、そういったことになっている会社も少なからずあるものです。

しかし労働者にとってみれば、能力相応の待遇になっていないと不満になるし転職すれば待遇は良くなることが多いわけですから、辞めていくのはまあ当然のことですよね。

パワハラを会社が対策していない

パワハラはだめ。それは当たり前のことなんですが、実際はしばしば起きてしまっています。

そしてパワハラをしている人の半数は、それがパワハラであるとは気づかずに単なる教育の一環として行っています。

その為、会社としてパワハラをなくす仕組みを作らなければその会社からパワハラはなくならず、それを受けた人は辞めていってしまいます。

パワハラをしている人にそれはパワハラであると気づかせる、ひどい場合には処分する、パワハラを受けている人を異動させる、上司の立場になる人にはしっかり教育する。こういったことを行わなくては、パワハラが常態化してしまいます。

待遇が一向に良くならない

新入社員の頃は給料が低くても、仕事の経験を積み成果を上げることができるようになれば給料は上がっていくべきです。

しかし長く働いても給料が上がっていかない、役職がついても手当がほんのわずかしかつかないという会社が少なくはなく、これも社員が辞めるきっかけになります。

特に優秀な社員ほど20代後半から30代前半にかけて、いくら頑張ったところで目に見える形での報酬を受けることができないことに不満を感じて辞めていく傾向にあります。

人が辞めることを重大な問題と捉えていない

本来は人が辞めることは会社にとっても不利益なことであるはずなんですが、中には人が辞めていくことをなんとも思わず、社員を使い捨てだとしか感じていない場合があります。

経験を重視するような仕事をさせるのではなく、単に体力が必要になるような仕事をさせて辞めたらまた違う人を使うだけ。ブラック企業に多く、すぐに辞めてもいいからと無茶苦茶な働き方を強いる場合が多いので、絶対に入社してはいけない企業ですね。

評価体制が適正ではない

それぞれの仕事ぶりに応じて適切に評価を行うというのは社員のモチベーションを維持する上で非常に大切なことですが、これができていない会社も多々あります。

上司の個人的な感情でボーナスや昇進が決まってしまったり、学閥が影響して本当に優秀な人でも出世が遅れてしまう場合もよくありますよね。

本当に優秀で成果もばんばん上げている人がもし理不尽な評価を受けてしまえば、その会社に見切りをつけて辞めていってしまうのは当然ですね。

会社の将来性に魅力を感じることができない

労働者にとってみれば、できることなら同じ会社で定年まで働き続けたいと思うものですが、最悪なのは40代、50代になって会社がなくなり路頭に迷うこと。

今はまだ良くても会社のサービス、そして最近の成長具合などから、将来的に不安を感じてしまえば、早めに転職しようとしてしまうもの。

特に将来をしっかり見据えていて、転職しても通用するような優秀な社員ほどその傾向が強いです。

人が辞めていく職場の特徴

では続いて、人が辞めていく職場の特徴を紹介します。

大きな会社になるほど会社として社員に対してできることは少なくなり、職場に対する依存度が高くなります。

上司が部下を単なるコマとしてみなしている

どんな上司につくかというのは本当に大切。上司次第で仕事は楽しいものにも苦痛なものにもなりえます。

特に上司が単に部下をコマとしてみなしている場合は注意。

単に自分の成果を上げる為、部下に面倒な仕事を押し付けたり成長を見据えない単純な仕事ばかりを命じたりしていれば、部下としては不満を抱くとともに不安も大きくなります。

単に上司が厳しいということなら上司が変わるまで頑張れば良いとなりますが、コマとして何年も浪費して成長することができないことは将来にも影響してきますからね。

ステップアップしていかない

仕事では徐々に徐々にステップアップしていくべき。

一つの仕事ができるようになったらもう少し責任の幅を広げたり、難易度の高い仕事を与えたりすることで、人は成長していきますし、仕事に対して飽きることも少なくなります。

しかし仕事を与える上司がそれを考えず、できる仕事だけを与え続けてしまう場合があり、これが不満となって辞めていく人も多いです。

同じ仕事だけをさせられていては、仕事に飽きてつまらないと感じるようになったり、この会社にいてもキャリアアップできないと感じたりする為、辞めるきっかけになってしまいます。

リーダーやベテラン社員の力が強い

会社という組織の中では上下関係があるのは当然のことだし、そこは尊重しなくてはいけない点です。

しかしあまりに管理職や古株のベテラン層の力が強すぎると、度々問題を招きます。

古臭い経験で話も聞かずにだめと判断したり、理想論ばかりを言ったりで、実際に現場で目で見て確認しても若手層や中堅層の話なんて聞いてすらくれず、反対意見を述べようものなら大惨事。

優秀な層にとってみれば、古臭くて間違っている意見をただ年齢が高いというだけで通されてしまえば不満を感じるのも当たり前で、もっと自由に自分の力を発揮できる職場で働きたいと思うのは当たり前です。

今の職場に不満を感じているなら

年齢が高くなると、徐々に転職の選択肢は減ってしまいます。

もしあなたが今の職場に不満を感じているならば、一度転職することを考えてみてはいかがでしょうか。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントではまず以下の2つがおすすめ。無料で数分で登録可能です。

  1. リクナビNEXT
  2. リクルートエージェント

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェントの利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対にやめておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので、手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェントが求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

もし他にも使いたいなら業界2位のDODA

DODAは転職サイトの機能、転職エージェントの機能双方を持った転職総合支援サービスです。

求人数もリクナビNEXTリクルートエージェントに引けを取らず、利用者からの評判も良好。

でうせ無料ですから、複数のサイトを使って応募できる求人を増やすというのは転職活動において有効な方法です。

■公式サイト:DODA

さらに他に利用するとしたらマイナビエージェントハタラクティブあたりでしょう。

特に第二新卒や既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスであるハタラクティブ未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。



このページの先頭へ