仕事を辞めたい人がまず行わなくてはならない7つのこと。辞めるか辞めないかの答えはそれからだせばよい。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

仕事を辞めたい人がまず行わなくてはならない7つのこと。辞めるか辞めないかの答えはそれからだせばよい。

今の仕事を辞めたいと思っている人は多いのですが、実際には中々踏み切ることができずにいる人も多いです。

もちろん辞めることが必ずしも正しい選択ではありません。勢いで辞めてしまって後悔してしまう人も少なくはありませんしね。

ただ辞めたいと思っている以上は何かしらの行動をとるべき。でなければいつまでも仕事を苦痛に感じながら続けることになってしまいますから。

そこで今回は仕事を辞めたい人が行わなくてはならないことを紹介します。現在の仕事を辞めたいと考えている人は参考にしてみてください。

関連:あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

関連:こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

辞めるのが正解かどうかなんてわからない

今の仕事は辞めた方がいいのか、それとも辞めない方がいいのか。自分にとってどちらが正解かなんてわかりませんよね。

辞めて良かった人はたくさんいますが、辞めて後悔する人もいるわけですから、辞めたいなら辞めれば良いなんて簡単なことは言えません。

だからこを仕事を辞めるかどうかはそんな簡単に決めることができるものではありませんよね。

現状と将来について把握し、考えに考え抜かなければ答えなんてでてきません。

ただ仕事を辞めたいと思ってしまっている人の多くは、仕事を辞めることはリスクがあることだということだけで思考停止してしまっています。当たり前ですが、それでは答えはでるわけがありません。

ですからぜひこの機会に仕事ともっと向き合い、自分はどうするのが良いのかを考えてみましょう。

仕事を辞めたい人が行わなくてはいけないこと

ではどうすれば仕事を辞めるかどうかを判断することができるでしょうか。

ここでは仕事を辞めたい人が行わなくてはいけないことをいくつか紹介していきます。

転職について調べる

実際に仕事を辞める場合に切って切り離すことができないのが転職。当然次の仕事を探さなくてはなりません。

ですからまずは転職についてしっかり調べてみましょう。

多くの人は転職について誤ったイメージを持ち、それによってせっかくのチャンスを逃しています。

実は転職の成功率は高い、年収アップする可能性も高い、ミドル層の需要も高まってきている、転職を繰り返すのはNGだが2回くらいなら問題ない、自力で頑張るのではなく充実したサポートを受けることができるなど、実はポジティブなこともたくさんあるのが転職です。

良い面、悪い面含めて、実際転職はどうなのかということをまずは調べてみましょう。

辞める為に何が必要かを知る

仕事を辞めたいと思っているのに、現在も今の仕事を続けているということには転職できない何かしら理由があるはずですよね。

金銭面への不安、後悔することへの不安、家族からの反対、転職活動する時間がないこと。人によって何かしら理由があることがあなたがそのままで居続ける原因になっているはずです。

そこで、なぜ自分は辞められずにいるのか、そして辞める為には何が必要か、どうすれば辞めることができるのかについてじっくり考えてみましょう。

やるべきことが明確になれば現状から一歩前進になるはずです。

辞めるのではなく転職することを意識する

仕事を辞めるということにはどうしてもネガティブなイメージを持ってしまいがち。

だからこそ辞めるのではなく、転職するということに意識を傾けましょう。

転職して今よりステップアップするということを意識すれば、自然と前向きになり、それが行動も繋がっていきます。

実際の転職経験者に話を聞く

もし身近に転職を経験したことがある人がいるなら、転職の体験談について話を聞いてみるのも良いでしょう。

転職についてより具体的にイメージすることができるし、実際の心のうちも聞くことができるのでおすすめです。

実際、友人等が転職して、その友人から話を聞いて転職のイメージが覆り転職のきっかけになったという人は少なくありません。

また実際に転職活動を進めていく中での失敗を聞くことができれば、自分の転職活動にも生かすことができるというメリットもあります。

具体的に行動をしてみる

辞めるか辞めないか、どちらが正解なのか答えを出す為には、そもそも辞めた後にどうなるかということがある程度わかることが必要です。

今の仕事、どうなるかわからないような仕事、両者を比較したら将来不安になるだけで今の方がましだという結論になってしまいますからね。

だからこそ辞めたいと思っているならとりあえず転職活動は進めてみるべき。

自分がどういった会社に転職できるのか、どんな可能性があるのかが分かった時に初めて、まともに比較することができるようになります。

DODA等の転職エージェントを利用すれば、キャリアの棚卸から内定の可能性がある企業の求人を紹介して貰えるといったことをして貰えるので、一度利用してみるだけでもだいぶ違います。

実際転職する気はないけどとりあえず利用してみた結果、思っていたより良い求人があるのでそのまま転職したという人もたくさんいます。

もちろん逆に転職したかったけど思ったより良い求人がなかったので転職を取りやめたという人もいますが。

現在の仕事を続けた場合の満足度を考える

今の仕事に関して、改めて現在、そしてそのまま続けた場合の将来について満足度を考えてみることをおすすめします。

辞めたいと思っている気持ちが自分にとって一時期的なものなのか、そうではないのかについて

考える際は勝手な期待を持つのは辞め、現在の自分の立ち位置や先輩の姿や上司の姿からより客観的に行いましょう。

勝手な想像をすることを辞める

辞めるか辞めないか、転職するかしないかについて答えをだそうとしている時に絶対にやってはいけないのは自分の中で勝手な想像をしてそのまま答えを出してしまうことです。

こんな理由で辞めるのはだめだろう、どうせ上手くいかないだろうなんてネガティブなことも、自分なら転職が上手く行くだろうというポジティブなことも、全ては色々調べたからこそわかることであって、何も知らないうちから自分の中で答えを出そうとすれば、間違った方向を選んでしまいます。

まずは調べましょう。そして考えましょう。そこからどうするかが決まります。

辞めたいなら転職活動から

先ほども述べましたが、仕事を辞めることと転職は切っても切り離せない関係にあります。

ですから、仕事を辞めたいと考えているならまずは転職活動からです。そこから全てが動き出します。

今は民間の転職支援サービスが充実していて、在職中で時間があまりとれないような環境でも転職活動をスムーズに進めることが可能となっています。

いつまでも辞めたい、辞めたいと愚痴を言うのではなく、ぜひ今から行動を起こしていきましょう。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ