仕事辞めたい病の克服の仕方や受け入れ方

仕事辞めたい病の克服の仕方や受け入れ方

仕事を辞めたい。

会社に勤めている人は、一度はそのように考えたことがあるのではないでしょうか。

仕事でミスをしてしまったり、上司に怒られててしまった時などに仕事を辞めたいと感じる人が多いようですが、

それが一過性のものではなく、常にそう感じてしまう仕事辞めたい病にかかっている人もたくさんいます。

しかし、そう思っていてもそう簡単にはやめることができません。

生活する為にもお金は稼がなくてはいけないし、転職するにも今よりいい会社が見つかるかわからない。転職活動する時間や余裕もない。

そこで、今回は仕事辞めたい病の克服の仕方や、仕事辞めたい病の受け入れ方について紹介します。

関連:仕事が辛い、死にたいと感じたら見直すべき仕事への考え方

関連:仕事ができないから辞めたい。転職するのはアリ?ナシ?

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

あなたは仕事辞めたい病にかかっていませんか?

仕事を辞めたいと思う時は誰にでもあります。

辞めたいと思ったからといて、辞めたい病に陥っているとは言えません。

ただ、そう思うことが、誰でも思っていること、自分だけではない、仕方がないことだと思い、我慢するしかないと思ってしまうと、ストレスは蓄積し続け、いつの間にか心が蝕まれてしまうことになりかねません。

一度、あなたの仕事を辞めたいという感情が、我慢してどうにかなるものなのか、それとも我慢し続けることが危険なのかを確認してみてください。

例えば、以下のことがあなたに起こっているならば、仕事辞めたい病にかかってしまっていると思っていいでしょう。

  • 毎日、次の日が嫌で仕方なくて睡眠不足になってしまっている
  • 仕事から帰ってきても、仕事のことで悩んでしまっている
  • 毎日上司に怒られることに怯えている
  • モチベーションがあがらずに、仕事の効率が低下している
  • 達成感を全く感じることができなくなった
  • 常に休日を待ちわびている
  • この仕事を選んだことに後悔してばかりいる

あなたはいくつ当てはまりましたか?

重大な仕事辞めたい病にかかっているかどうかというのは、一過性のものか、ずっと思っているものかで考えてみてください。

冒頭でも述べているように、誰だって仕事を辞めたいと一度は思っているでしょう。ただ、それが数か月も続いてしまっているようなら、ただ我慢し続けるのではなく何らかの対策をうつ必要があります。

仕事辞めたい病を克服するには

さて、もしも自分が仕事辞めたい病にかかってしまった時、どうすればいいでしょうか。

そこで、いくつか仕事辞めたい病の克服方法を紹介します。

仕事辞めたい病の原因を探る

なぜ仕事辞めたい病に陥ってしまったのか。

その原因をまずははっきりしてみましょう。

仕事を辞めたいと思う原因として、自分が要因になっている場合、環境が要因になっている場合があります。

仕事を辞めたい理由が仕事に興味が持てない、つまらない、飽きたといった自分に要員がある場合や、

給料が低い、労働時間が長い、人間関係がうまくいかないといった周囲の韓環境が要因になっている場合があります。

原因によっては、なんとかできるものと、そうではないものもありますが、原因を知ることで、今後どうすればいいかとうことがわかるようになります。

意識的に仕事を頑張ってみる

仕事がつまらないからモチベーションがあがらない。

そうなってしまうと負のループに陥ってしまいます。

モチベーションがあがらずに仕事の効率が落ち、ミスが増える。

その結果、上司に怒られる。そしてさらにやる気は低下する。

まずはこの負のループから抜け出すことが必要になります。

ですから、まずはそこから抜け出すことを意識しながら仕事を頑張ってみましょう。

そうすることで、達成感を味わうことができ仕事に対する考え方が変わるかもしれません。

仕事の存在を考え直す

仕事に対して抱いている期待が強ければ強いほど、現実とのギャップを強く感じてしまい、不満を感じることになってしまうことが多いです。

自己成長、自己実現、社会貢献。様々な憧れ、期待、希望を持っているでしょう。

ただ、やはり現実と理想は違うもの。自分の思い描いていた通りにはなりません。

一度、仕事という存在を考え直してみてください。

仕事をするとはどういうものなのか、何の為に働くのか。

様々な仕事、会社について調べてみるのもいいでしょう。

転職したことがない人は、今の会社が唯一の会社でしょう。

そういった人は、仕事を経験したことがない学生時代に決めた会社です。

経験したことがないため、現実をしっかり把握できずに憧れ、期待を持ちながら入社しています。

そのままの感情を持ち続けてしまうと、常にギャップを感じ苦しむこといなります。

一度、今の現実を受け止め、仕事の存在、あり方を考えてみてください。

辞めても大丈夫だということを知る

仕事辞めたい病にかかってしまっているような人は、辞めたいけど辞めることができないまま悩んでいる人が多いです。

しかし、実際は会社なんて一つではありません。多くの人が転職しています。

辞めることができないと追い込まれてしまっている状態と、より強くストレスを感じてしまいますから、別に辞めてもいいんだという心意気を持つことが必要です。

時には仕事辞めたい病を受け入れることも必要

仕事辞めたい病に陥った時、なんとか克服したいと思う人が多いかもしれません。

確かに、克服して前向きに仕事ができるようになることが最善でしょう。

しかし、どうにもこうにも克服できない時だってあります。

そんな時は、思い切って転職活動をしてみましょう。

仕事を辞めることができない理由は何ですか?

今よりも条件に良い会社には転職できない、転職活動する時間がない、仕事を辞めることは逃げることだから嫌だ。

ただ、これらの考え方は転職活動を始めてみると無くなることも多いです。

何事も始めてみなくてはわからないことがあります。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

そして今は企業が人手不足となっていて求人も増えていいますし、転職サイトに登録すると来るオファーの数も増えている為、非常に好条件で転職しやすい状況です。

私自身、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけになりました。

転職サイトでは、簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいです。

ちなみに私が使った転職サイトは以下の2つです。

もちろん2つとも無料で使うことができます。

求人掲載数、使いやすさはもちろん、好条件である非公開求人のオファーを貰える匿名スカウト機能も重視したほうがいいです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多く、スカウトが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強みや市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

ピタジョブ は企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリットです。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

提携している中にリクナビNEXTはない為、2つを使うことで求人情報を網羅できるでしょう。

また、ピタジョブ の良さは、なんと言っても検索機能、企業同士の比較機能にあります。使いやすさは転職サイトの中で一番です。

普通の転職サイトでは見ることができなかった企業の求人も見逃したくない人や、自分の今いる会社について調べたい人、たくさんの会社からしっかり比較して行きたい会社を選びたい人は、ここを使ってみて下さい。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。

また、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習などを行ってくれます。

リクナビNEXT 同様、リクルートが運営しており、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

転職サイトや転職エージェントを利用するメリットは、想像しているよりもずっと大きいです。

お金も時間もかからず簡単に利用でき、損することはありませんから、まずは使ってみることです。

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

関連:職場の人間関係が上手く行かず仕事、会社を辞めたいと思った時の対処法

関連:仕事がだるい時の対処法。慢性的になっていたら要注意


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ