仕事を辞めたい新卒者が知っておきたい仕事のことと将来の為の転職準備行動。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

仕事を辞めたい新卒者が知っておきたい仕事のことと将来の為の転職準備行動。

学生から社会人になって仕事を始めた新卒者の多くが感じる仕事を辞めたいという気持ち。

想像以上に厳しく、辛い環境。理想と思い描いていたものとはあまりにも大きなギャップ。就職して気づいた将来への不安。

様々な思いを抱き、転職することも意識しているのではないでしょうか。

この場合、安易に仕事を辞めてしまうのはもちろん避けるべきことですが、安易に仕事を辞めずに続けるというのも避けるべき。

仕事について一度よく考え、転職という選択肢を持ちつつ今後のことを決めていかなくてはなりません。

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

新卒は辞めるべきではないというのはもう昔の話

新卒者が仕事を辞めるということに関して、多くの場合に否定的な捉え方をされてしまう場合が多いのですが、その考え方はすでに古臭い昔の考え方。

現在は第二新卒としての転職が活発化しており新卒3年以内の人であっても良い転職することは十分可能です。

3年ももたない人はストレス耐性が低いなんて考え方をされていましたが、実際に3年以内で転職する人の中にも優秀な人はたくさんいて、実際に活躍もしているという事実もあり、多くの企業が年々その第二新卒採用人数を増やしていっているのです。

転職できる環境が整っているならば、今の環境よりも良い環境を求めるというのは当然のこと。悪い環境なのにしがみついている方がおかしな話です。

もちろん仕事を辞めずに続けるメリットは確かにあります。しかし辞めるメリットもたくさんあり、それぞれの状況に応じてどちらのメリットは異なるのです。

仕事を始めたばかりの人が知っておきたいこと

仕事を辞めるべきか、それとも続けるべきか。それを判断するには、仕事とは何なのかについてよく考えておく必要があります。

ただ周りがそうだから、周りがそう言っているからと言うだけでその指示に従うことは決してしてはいけないこと。勘違いは誤った判断を引き起こし、取り返すことができない後悔につながるので気を付けなくてはなりません。

学ぶ、成長するのは自分自身

良い会社はあなたに仕事に関する知識や仕事に対する取り組み方、進め方を学ぶ機会を与えてくれます。

しかし実際に学び、成長していくのは自分自身。ただ何も考えずに仕事をしていれば、勝手にどんどん成長していけるなんていう考え方は間違い。

どれだけ良い環境を準備されても成長することができない人もいるし、逆に悪い環境の中でも成長することができる人はいるのです。

苦労を辛いと感じるか楽しくできるかは自分次第

仕事はとにかく辛いもの、苦しいものであると決めつけてはいけません。

確かに苦労することは山ほどあります。大変なことはたくさんあります。しかしそんな苦労も楽しむことができる人だっているのです。

苦労を楽しいものにできるかは自分次第。意識を変え、環境を整えるといったことが必要になりますが、それは自分で行っていかなければ誰も変えてはくれません。

選択肢はたくさんある

まだ20代前半。あなたがとることができる選択肢はたくさんあります。30代、40代の人にとってみれば本当に羨ましい存在です。

会社を変えることはもちろん、職種を変えることも可能。働き方だって色々な選択肢があり、好きなように選ぶことが可能なのです。

仕事である以上は我慢するしかないなんて決めつけは、単に視野が狭くあなた自身が持っている選択肢に気づくことができていないだけです。

今の過ごし方は30代、40代にも色濃く影響する

20代をどう過ごすか、どんな仕事を、どのような会社で、どのような仕事をしていくかというのは、これから先の社会人生活に色濃く影響をしていきます。

30代、40代で何かを変えることができないわけではありません。しかし20代で築き上げてきたものを打ち破るのはかなり大変な労力が必要となります。

20代のうちに将来を見据えて重要なことに気づき行動に移しておく。これは非常に重要なことなのです。

お金にこだわりすぎてもこだわりすぎなくても後悔する

やりたい仕事よりも年収を考えた方が将来的。年収よりもやりたい仕事をした方が幸せだ。

両者の意見はどちらも間違っているわけではありません。

ただ何を犠牲にしてでも相当やりたいと思える仕事でなければ年収にこだわらないといずれ後悔することになる場合が多いし、逆に年収だけで仕事を決め仕事を単なるお金を稼ぐ為だけのものにしてしまっても後悔することになります。

仕事は選ぶ際、何か一つを無いものとして考えてはだめ。優先順位はあったとしても全てが重要なものなのです。

自分を守ってくれるのは自分だけ

会社では色々な人と協力して仕事を進めていくことになりますが、結局あくまで他人。

会社は会社が存続することを考え、それぞれがそれぞれのメリットを考えて行動していくことがやはり一番となります。

あなた自身がどうなろうかなんてそれほど興味があることでもないし、内面まで深く知ろうなんてこともしてはくれません。

だからこそあなた自身を守るのはあなただけ。あなたの希望を叶えることができるのもあなただけ。周りに過度な期待をすることは、会社生活を送る上で非常に危険なことなのです。

それでも周りに優しい人は存在する

とは言え優しい人は周りに存在します。

あなたのことを思い、あなたの為に発言をしてくれたり、自分が大変になろうとも助けてくれる人もいます。

そんな人に巡り合うことができたらその関係を大切にしなくてはいけません。

感謝し、その人の話に耳を傾け、自分からも何かを与えることができるような人間になる。

すると仕事はより充実したものになるでしょう。

仕事を辞めたい新卒が将来を見据えて行動を起こす為にすべきこと

仕事を辞めたいと感じている状況下において、これからの将来を考えて辞めるか辞めないかを判断する為には自分にはどういった選択肢あるのかということをまず知らなければなりません。

そして仕事を続けることだけではなく、転職することも平等に捉える為に、転職を身近なものにする必要もでてきます。

人の話ではなく、自分自身で将来を決める

新卒で辞めるという行為に関しては、未だにネガティブな考えを持っている人が多く、実際に今の転職市場がどうなっているのか、あなた自身がどういった考えを持っているのかなんてことは知りません。

それ故によっぽどの事情を抱えていることがない限り、多くの人は仕事を辞めたいなんて相談しても、もう少し続けてみた方が良いと答えることが多いでしょう。

ただそれは必ずしも正解ではありませんし、人の意見によって自分の将来を決めればきっと後悔することになります。

辞めるのが早いかどうかは人それぞれ、辞めたい理由がどんな理由であれ、どれほど重たく捉えるかも人それぞれ。

自分のことは自分で決めるしかないのです。

仕事について気になることがあれば自分で調べ、自分で考え、そして自分の将来は自分で決める。まずはそれがファーストステップです。

自分を大切にする

自分自身のこと、自分自身の人生をもっと大切にするようにしましょう。

先ほども述べたようにあなたを守ることができるのも、あなた自身の希望を叶えることができるのもあなただけ。

逆にあなたが我慢しよう、自分を犠牲にしようと思えばその通りになってしまいます。

家族の為、同僚の為、会社の為、迷惑をかけたり心配をかけたりしたくないからという理由で自分を犠牲にしてしまえば、数年後、数十年後にはおそらく大きく後悔することになるでしょう。

転職活動を始めておこう

最初はとりあえずでもかまいません。とりあえず転職活動を始めておきましょう。

転職活動を始めることで視野が広がるとともに、転職に対するネガティブなイメージは少なくなります。

ここで初めて仕事を辞めるか辞めないか、冷静に平等に判断することができるようになっていきます。

転職活動を始めるなんてのはとても簡単なこと。転職サイトや転職エージェントに登録すれば良いだけですから。

辞めたいのに辞めないということは今後ずっと苦痛が続くかもしれない覚悟が必要

仕事を辞めたいと考えて辞めるか辞めないかで悩んだ時、新卒だからと仕事を辞めるリスクにおびえてその選択から逃げてとりあえず辞めないままでいる人が多いと思います。

ただ辞めるリスクと合わせて、仕事を辞めないことにもリスクがあることも覚えておいてください。

これから先も転職するまでずっと仕事を辞めたいと思いながら苦痛を感じて過ごしていく。そんな覚悟が必要なのです。

まあ何にせよまだ考えることすらできない状況から抜け出すことが先決。とりあえず転職活動を始め、自分の視野を広げていきましょう。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ