仕事を辞めたい理由が人間関係の人が転職しても良い理由

仕事を辞めたい理由が人間関係の人が転職しても良い理由

上司や部下、先輩に部下など、会社生活を送る上で人間関係は切っても切り離せないもの。

その人間関係を上手く築くことができれば、一人だけで仕事をするよりもずっとやりやすくなったり、つまらないような仕事であっても楽しく向き合えるようになります。

しかし逆に上手く行かないと仕事はやりにくくなるし、何よりその場にいるだけで大きな苦痛を感じるようになってしまうことになります。

そしてそれによって感じるストレスはかなり大きなものであり、いつまでも無理に耐えるべきものではありません。

もしあなたが人間関係に悩み仕事を辞めたいと思っているならば、それは転職する理由としては十分なものであり、苦痛に耐え続ける必要などないのです。

関連:転職で人間関係をリセットすることのメリット、デメリット

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

人間関係で仕事を辞めたいなら転職しても良い、それは逃げではない

人間関係で仕事を辞めたいと思っていても、そんな理由で転職するのは逃げだ、転職したところでまた同じことを繰り返してしまうだろうなんていう風に捉えられることが多いかもしれません。

特に他人の目線から見るとそう思われることも多いです。

しかし周りの人間はあなたの苦しみを理解してくれてはいません。あなたがどれだけそのことによって追い込まれているのか、苦しんでいるのか、そんなことは知らずにとにかく変化することが悪いことだと決めつけて言っているだけにすぎず、当然正しいわけもありません。

そもそも転職することは悪いことではなく良いこと。

今回のような人間関係にしろ、給料にしろ、労働条件にしろ、さらに良い場所を求めて行うことですから、もっとプラスに考えるべきことなはずです。

仕事を辞めたい理由が人間関係の場合に転職しても良い理由

人間関係が仕事を辞めたい理由になっている場合には単に個人的な弱さの問題であると考え転職すべきではないのではないかと考える人もいます。

しかしそれは大きな間違い。

人間関係による悩みを抱えている場合、それは転職するに十分な理由なのです。

ストレスがとてつもなく大きい

その理由の一つが、人間関係が上手くいかないことによって感じるストレスがとてつもなく大きいものであり、それが原因で精神的に病んでしまうことだってありえることだから。

自分にだけきつく当たられたり、周囲から冷たくされたり、同僚に無視をされたり、そんな環境で毎日過ごすなんてとにかく苦痛です。

この苦しみはあまり周りの人には理解してもらうことができないかもしれません。

相談したところであなたにも原因があるのではないか、無視すればいいじゃん、仕事だから割り切りなよ、ずっと同じ人と働き続けるわけではないんだから、そんな参考にもならないアドバイスしか貰えないでしょう。

しかしそんな簡単に割り切れるようなものではないし、職場が変わるいつかが来るまで耐えることができるものでもありません。

簡単に解決できるような問題ではない

一度壊れてしまった人間関係を元に戻すなんてことは簡単にできることではありません。

1対1の人間関係でも相手が拒否すれば不可能であるし、1対複数の人間関係で悩んでしまっている場合だと自分ひとりで良くしようと努力したり、自分なりに反省して悪いところを直しても、それを認め、理解し、歩みよってくるなんてことはほどんどないのです。

成長に大きな悪影響を及ぼす

そんな環境下で仕事をしていても、仕事に集中することもできないし機会損失も多い為、あなた自身の成長に大きな悪影響を及ぼしてしまうことになりかねません。

いつかは変わるからと期待して、もししばらくたってからその期待通りに変わったとしても、その期間で本来成長することができたはずのものは失ってしまうことは忘れてはいけません。

繰り返すなんてのは人次第

人間関係が上手く行かなかったから辞めてもどうせ繰り返してしまうだけなんて言われることもありますが、決してそんなことはありません。

繰り返すかどうかは人それぞれ。もちろん同様に人間関係で悩む人もいますが、転職して人間関係が改善されたという人の方が圧倒的に多いです。

人間関係が上手く行かなくなった原因は本当に些細なきっかけであったり、とんでもない人がいたりなんてこともあり、自分には何も非がないのに巻き込まれてしまった場合はよくあります。

また転職時にはそれまでのことに対して反省もするし、上手くやろうと努力もするもの。

にも関わらず繰り返すと断言するのは何ともおかしな話です。

参考:転職後の新しい職場で人間関係が上手くいくか不安なのは仕方ない。でも問題ない人がほとんど。

転職で解決できるかと悩む必要はない

もしかしたら転職した先にも嫌な人がいて、結局また人間関係で悩むことになるかもしれません。運の要素もあるので絶対に大丈夫なんてことは言えません。

ただ少なくとも転職して人間関係で感じていたストレスから解放された人は多いという事実があること、そして現在の環境が辞めたいと思うほどに苦しいものであることから、転職で解決できなかったらなんて悩む必要はなく、とりあえずやってみる価値は十分にあるはずです。

あれこれと考えすぎた結果、限界を超えてまで我慢していると絶対に後悔します。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ