仕事を辞めたい20代が転職すべき理由と転職しやすい理由。この期間を逃してはだめ!

仕事を辞めたい20代が転職すべき理由と転職しやすい理由。この期間を逃してはだめ!

20代の皆さんは今の仕事についてどんな思いを抱きながら働いていますか?

大変なことはあるけど成長できてる実感もあるし周りの人にも恵まれていてなんだかんだで充実して楽しく過ごしている。そんな風に思えているのならば幸せです。

しかしそんな人ばかりではないはず。

つまらない仕事、面倒な人間関係、長すぎる残業時間、それが当たり前のようになってしまい、口から出るのはただ「仕事を辞めたい」という言葉だけ。

そんな人も多いはずです。

もしそうなら一度転職することを真剣に考えてみてください。

20代という貴重な年齢を決して無駄に過ごさずに将来を見据えて考えていきましょう。

関連:20代でフリーターから正社員就職体験談。厳しい現実の中で正社員になれたのは?

関連:2回目の転職が不利になる場合は?20代だとまずい?

仕事を辞めたい20代の理由と続ける理由

仕事を辞めたい。そう考えるには人それぞれ色々な理由があると思います。

  • 働いている会社がブラック企業
  • 上司から自分だけ強くあたられる
  • 希望の仕事、やりたい仕事ができていない
  • 今の会社に将来性を感じられない
  • 給料が低く昇給の見込みも低い
  • 残業が多すぎて体力的にしんどい

理由によっては他の人から見ると甘えだのなんだのと捉えられることがあるかもしれませんが、その理由に対して与える精神的、肉体的苦痛は自分にしかわからないことであり、どんな理由であれそれは真っ当な理由です。

ただこんな理由があっても大半な人は簡単に仕事を辞めませんよね。

  • 今の大変さを乗り越えれば楽になる希望がある
  • 簡単に辞めていては成長できない
  • 辞めて転職しても悪化するだけ
  • 仕事を辞めて後悔することが不安

辞めない理由もまた、人それぞれ色々な理由があると思います。

ただその辞めない理由、はたしてあなた自身にとって本当に正当であり、本当に将来的に意味のあるものなのかは考えてみる必要があります。

本当に将来に希望はあるのか、今現在の仕事を乗り越えることが将来の成長につながるのか、転職することが本当に悪化することなのか。

そこを考えるまでもなくまだ今の仕事は続けるべきだと盲目的に考えるのは非常に危険な考え方です。

仕事を辞めたい20代が転職すべき理由

30代、40代になっても転職することは悪いことではありません。

年齢が高くなったからといって必ずしも不利になるわけではなく、年齢相応の能力を身につけている人であれば、転職して年収が大幅アップする人だってたくさんいます。

しかしそれでも転職において20代の持つ優位性は高く、せっかく20代のうちに転職という選択肢を頭の中で持つことができているならば、そのタイミングは逃してはいけません。

ではなぜ20代のうちに転職すべきなのか、その理由を紹介します。

30代以降に比べて選択肢が広い

まず一つ目が20代と30代以降では選択肢の幅が大きく違う点。

未経験の仕事に転職する場合は言わずもがな、求人票の時点で30代未満としている場合が大半です。

30代を超えてから仕事を変えようと思っても、あまり待遇の良くない企業にしか応募することができず、待遇面でも大幅にダウンすることが必至です。

経験者採用の場合も同様に20代の幅は選択肢が広くなっています。

高いスキルを持っているのは30代、40代で、求人によってはそういった高いスキルを持った人材を募集しているものもありますがそれは少数。

経験者採用の求人のうち、大半はそこそこの経験に加えて将来性も求めている場合がほとんどであり、20代向け求人と30代以降向けの求人の量には圧倒的な違いがあります。

経験があることを応募条件にして求人を出す場合、求人票に年齢制限をかけることは法律上禁じられているので表立ってはされていませんので選択肢としては一見差はなさそうだと思われますが、実際はそれぞれの企業では求人で採用する人員は想定していてそれに合っていない人は書類選考の時点で不採用としてしまいます。

20代をどう過ごすかがかなり重要

転職しやすさだけではなく、仕事面でも転職をすべき理由はあります。

仕事において20代はとても重要。

どういった経験を積み、どういったスキルを身につけ、どういった働き方をするか、それが将来の自分を作り上げていくことになります。

そんな貴重な時間を、とにかく嫌々仕事を辞めたいと思いながら続けていてはどうでしょう。

本来のポテンシャル通りには成長なんてしていけるわけもなく、いざ30代になってもまともに転職することができなくなってしまい、結局仕事が嫌でも会社にしがみつくしか選択肢がなくなってしまいます。

20代の不満は30代以降も続く可能性が高い

20代の現在感じている不満も、頑張って続けていけば解消されるかもしれなんていう淡い期待を持つ人もいますが、残念ながら30代になったってそのまま続くだけ、むしろ悪化する場合も少なくありません。

今は給料が低いけど30代になれば給料が上がると思っていても、いざ30代になったって大して上がらずに周りはもっと上がって差が開くだけ。

休みが少ないという不満はもちろん解消されるわけはなく、むしろ余計にそれがしんどくなっていくだけ。

仕事がつまらないと思っている場合も、嫌々仕事を続けていつか突然仕事が面白くなるなんてこともありません。

転職後のキャリアアップも視野に入れることができる

20代であれば、今回転職したとしてもまだまだその先を見据えることができるという点も大きなメリット。

20代のうちに自分が本気になれる仕事に転職してその仕事で経験を積んでいけば、30代になってからより高待遇の会社に転職するという道が開けます。

また万が一転職が失敗に終わったとしても、しばらくその会社で働いた後で再転職するという手段を持つこともできます。

転職回数が増えることは転職活動では不利とされていますが、2、3回程度で転職と転職のスパンがある程度あればそれほど不利になることはありません。

仕事を辞めたい20代が転職しやすい理由

このように20代が転職すべき理由としてはいくつかありますが、その中の一つである「転職のしやすさ」について、20代が有利とされている理由をここまで紹介しましょう。

若さは何よりもプラスなポイント

中途採用ではスキルや経験が重要であると言われています。そしてそれは事実です。

しかし企業側にとってみればそれはある程度で十分であることがほとんど。

そして経験以外に、仕事を覚えるのが早い、環境に慣れるのが早い、扱いやすい、やる気があるといった点も重視します。

こういった点は当然20代の方が有利。

若さというのは、それだけで転職で有利になる武器なのです。

20代は企業にとって超重要な存在

会社の将来を担う人材である20代は、会社のとって超重要な存在です。

より仕事で成果を上げることができるのは30代の人かもしれませんし、管理職として職場をまとめ上げることができるのは40代だからこそかもしれません。

しかし将来そういった存在になっていくのは今の20代。

優秀な20代を確保できるかどうかは、会社が今後も続いていく上では必要不可欠な存在なのです。

若手の人材不足

人手不足の企業が多く、中には人手不足が原因で倒産してしまうような企業も増えている中で、とりわけ問題となっているのは若手層の不足です。

ただでさえ重要な人材である20代。この層の人材が不足するというのは企業にとって大問題。

新卒採用で人が思ったように集まらない、中途採用を行っても思ったように集まらないと多くの企業が頭を悩ませています。

その結果、現在の20代の転職市場はかなりの売り手市場となっており、条件をアップさせている企業も多いので、転職するにはもってこいのチャンスになっているのです。

30代になってから後悔しないように転職活動を始めよう

仕事を辞めたいという気持ちは、多くの人がおろそかにしてしまいがちです。

しかしせっかくの20代、その気持ちを無視したまま働き続けたら後悔してしまうだけ。

30代になってから、あの時転職しておけばよかったと思わない為にも、まずは転職活動を始めていきましょう。

今は転職サイトや転職エージェントなど無料で利用できるサービスが非常に充実しています。

在職中で時間がない人であっても、空き時間に少しの手間でやれるようになっていますから、実際に初めてみるとそれほど大変ではないと実感できると思います。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ