仕事を辞める為に行ったこと。中々決心がつかないならまずはできることから。

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

仕事を辞める為に行ったこと。中々決心がつかないならまずはできることから。

仕事を辞めるというのはかなり勇気がいることであり、簡単に決断することができるようなものではありません。

それ故に多くの人が仕事を辞めたいと思いながらも、ただ時間ばかりがたっていってしまっていると思います。

ではどうすれば仕事を辞める決心をつけることができるのでしょうか。

今回は中々仕事を辞めるに至らなかった人が仕事を辞める為に行ったことを紹介します。

関連:正社員が会社を辞める決断をした理由。決めきれずにいる人は一度自分と向き合ってみるべき

関連:会社を辞めた感想。辞めた直後の解放感や不安、少しの後悔の気持ち

仕事を辞める為にはまずできることから。

仕事を辞めたい。

そう思っていても中々辞める決心はつかないもの。

辞めて転職したって何も変わらないかもしれない、むしろ悪化するかもしれないと不安な気持ちをどうしても持ってしまいますからね。

ただそんな気持ちのまま仕事を続けていても、ストレスは溜まる一方でいつまでたっても苦しい思いし続けることになってしまいます。

では仕事を辞める為には一体何をすれば良いのでしょうか。

それはいきなり仕事を辞める決断をすることではなく、仕事を辞めずに今の自分ができることからやっていくことです。

仕事を辞める決断をするのは最後の最後。それまでは辞める為にできる限りの準備をすることが重要です。

仕事を辞める為に行ったこと

では実際に仕事を辞めるかどうか悩んでいた人が仕事を辞める為に行ったことを紹介します。

転職活動をスタート

一つ目が転職活動をスタートさせたこと。

転職活動は仕事を辞める決断をしたから始めるものではありません。

仕事を辞める決断をする前に始めるものです。

転職活動を行い内定を貰うことができれば転職後どうなるかが明確にわかり決断しやすくなるし、内定を貰う前でも色々な会社について調べる機会が増えるので転職によって変えることができること、変わらないこともある程度わかってきます。

実際とりあえずリクナビNEXTなどの転職サイトや転職エージェントに登録したことが転職するきっかけになった人も少なくありません。

転職活動は在職中であっても気軽にマイペースに行うことができるもの。

まずは始めてみて下さい。

仕事に対して真剣に取り組む

二つ目が現在の仕事にこれまでないくらい真剣に取り組んだこと。

現在の仕事に対して続ける理由があるのかないのかは、中途半端に仕事に取り組んでいても見えてはこないもの。

真剣に取り組んだからこそ実はやりがいがあったということに気づくことができる場合もあるし、逆にやっぱりだめだったということに気づくことができる場合もあります。

また転職してから後悔しない為にも、一度全力を出してみるというのは必要なこと。

転職してからああすれば良かったと思ってももう手遅れですからね。

新たな知識を増やしておく

仕事を辞めることに対して不安だった理由の一つに、本当に自分は転職しても活躍できるのかという不安がありました。

その不安を少しでも減らす為に行ったのが、新たな知識を増やすこと。

使えるものはは多ければ多い方が良いですからね。

特に他の会社でも通用するだろうという知識を増やしました。

実際今まで疎かにしてきたものを身につけていくことで、それが自信につながりました。

スケジュールをたてる

仕事を辞める決心がついていない人はいつ仕事を辞めるかではなく、いつ答えを出すのかをあからじめスケジュールとして立てておくと良いでしょう。

目安は転職活動の平均期間である3ヶ月。

自分なりに期間を定めておくことで、だらだらとすることなく短期集中で密度の濃い時間を過ごすことができました。

転職経験者に話を聞く

私の場合は身近に転職した経験がある人が数人いたので、その人たちの生の声を聞いてみました。

転職して良かったか、転職後に苦労したことは何だったかなど、聞き転職をより具体的にしたのです。

私の周りの人は転職で後悔している人が少なかったので転職に対する不安は少なくなったし、後悔している人からも話を聞くことで一つの例として参考になりました。

悩むだけでは何も答えはでない、不満があるならまずはやってみること。

仕事を辞めたいけど中々決心ができない。

そんな悩みはいくら考えても、結局答えなんていつまでたってもでません。

もし答えがでるとしたら、今以上の苦しみを味わって本当に追い込まれた時だけ。

そしてそんな状況になると焦って転職活動をすることになり、結局満足行くような転職をすることができずに転職が失敗に終わってしまいます。

だからこそ不満があるならまずはとにかく今自分にできることをとりあえずやってみるべきです。

もちろんやったことが無駄になることもあります。

色々とできることをやってみたけれど、結局仕事を辞めるには至らないかもしれませんから。

ただそんな風に行動を起こしたことはきっとあなたのプラスになるはずです。

まずは転職サイト、転職エージェントに登録を

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ