会社を辞める理由やタイミング、後悔せずに会社を辞めるには?

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

会社を辞める理由やタイミング、後悔せずに会社を辞めるには?

会社を辞める理由は人それぞれです。

会社に不満があるだとか、よりよい会社に転職したいだとか、

実家の仕事を継ぐためという人もいるでしょう。

ただ、会社を辞める理由を持っていたとしても、本当にやめてしまっていいのか、タイミングはあっているのかと悩む人も多いかと思います。

会社を辞めることはそれなりに勇気のいることです。

それもそのはず。

会社を辞めることを決意し、実際にやめたとしてもその先に幸せが待っているとは限らないし、もしかしたら後悔してしまうかもしれません。

会社を辞めた後に後悔しても、もうあとの祭り。戻りたいと思っても戻ることはほとんどの場合できません。

そこで今回は、会社を辞める理由やタイミングを紹介します。

関連:サラリーマンの平均年収。正社員と派遣ではこんなに違う。

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

会社を辞める理由。あなたの理由は正当な理由?

会社を辞める理由は人それぞれ、ただその理由が正当なものであるかどうかというのはなかなか自分では判断できないものです。

あなた考えている会社を辞める理由は正当なものでしょうか?

実際に転職した人が会社を辞める理由は?

以前の記事「退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。」でも紹介しましたが、

リクナビNEXTに転職の為に会社を退職した理由は以下の通りです。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった

2位:労働時間・環境が不満だった

3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった

4位:給与が低かった

5位:仕事内容が面白くなかった

6位:社長がワンマンだった

7位:社風が合わなかった

8位:会社の経営方針・経営状況が変化した

9位:キャリアアップしたかった

10位:昇進・評価が不満だった

引用:リクナビネクスト

多くの人が、この中に入っているのではないでしょうか。

労働条件に対する不満、人間関係に対する不満、色々な理由があります。

会社を辞める理由として、「こんな理由でいいのか」と考える人は多くの場合、上位ランキングに上がっているような今の会社に対してマイナス面をいだいている場合が多いかと思います。

キャリアアップの転職の為、実家の会社を継ぐ為といった、ポジティブな理由である場合、あまり悩まないですよね。

ただ、現実として実際に辞めた人が考えていた会社を辞める理由は、悩んでいるあなたと同様に、マイナス面から会社を辞めることを選んでいます。

大多数の人がそうだからといって、正しいかどうかということは決められませんが、別になんらおかしい理由ではないのです。

正当かどうかはあなた自身が決めること

会社を辞める理由が正当な理由なのかどうかはあなたが決めることです。

会社側にとっては、せっかく雇ったあなたにはたいていの場合やめて欲しくありません。

ですから、会社側にどう思われるなんかは気にする必要なんてないのです。

また、他者にどう思われるなんかも気にする必要もありません。

聞かれた場合には「退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。」で紹介したようなプラス面の理由を適当に言っておけばいいのです。

自分自身が納得できる理由かどうか

会社を辞める理由が正当かどうかは、あなた自身が決めることです。

大事なことはあなた自身が納得できるのかどうかということ。

「会社を辞める理由がこんな理由でいいのだろうか」と悩んでいるのであれば、それはまだあなたが、辞めることについて悩んでいる証です。

ですから、「こんな理由でいいのか」と悩むよりも、「なぜ自分が納得できていないか」を探ることが必要となります。

自分が納得できるようになるには

ではどうすれば会社を辞める理由に納得できるのでしょうか。

多くの場合、会社を辞めたあとのことが不安だからではないでしょうか。

会社を辞めて、収入はどうするのか。

転職したとして会社を辞める理由として考えていたことが解消できるのかどうか。

こういった不安がある場合には、なかなか悩みもとれません。

ですから、まず転職活動を初めて見るということは非常に大切です。

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

スポンサーリンク

会社を辞めるタイミング

会社を辞めるタイミングもまた、悩むものです。

会社を辞める理由に納得できたか。

タイミングとして一番大事なことは、上記で紹介した会社を辞める理由に納得できたかどうかです。

もし納得し、会社を辞めることを心から決断できたのであれば、あとはこれから紹介するタイミングをはかるだけです。

会社を辞めた後の生活を考える

転職先が決まっていればいいのですが、そうでない場合。

たとえ、会社を辞める理由に自分自身で納得したとしても、辞めた後に生活に支障がでてはいいけません。

少なくともある程度の貯金は必要です。

もしくは投資などでお金を稼ぐ手段が確立できているのもありですね。

雇用保険に入っていても、自己都合でやめた場合には、支給まで時間がかかります。

少なくとも、会社を辞めてから、手当が受給できるようになるまでの生活費は確保しなければなりません。

まずはその貯金ができた時が、タイミングの一つとなります。

関連:失業保険(雇用保険)の金額計算や給付期間、給付条件、手続き方法

関連:失業保険(雇用保険)の加入条件や手続き、加入の確認方法

ボーナスを貰ってからかどうか

会社を辞めるタイミングとして多くの人がボーナスを貰ってからかどうかということ。

確かに、ボーナス直前に会社を辞めるのがもったいないと感じますよね。

もし、次の転職先が決まっていないうちにやめてしまおうとしているのであれば、ボーナスをもらった直後に辞めるのがタイミングとしてはいいでしょう。

しかし、在職中に転職先を見つけてから辞める場合には、あまり考えることができません。

半年に1回にボーナスとすると、ボーナス直後に転職活動を始めたとしても、決まるタイミングが次のボーナス直前なんて場合もあります。

転職先の会社が待ってくれればいいですが、すぐにでも働いてくれと言われることも多い為、なかなかコントロールできません。

あまりボーナスをもらうことにこだわりすぎてしまうと、いつまでも転職先が決まらずに会社を辞めることができないということになりかねません。

ですから、あまりこだわりすぎてはいけません。

経験年数は?

よく3年は最初に入った会社で働け、3年以内の転職はかなり困難と聞きます。

確かに昔はそうでした。

しかし、最近は第二新卒という転職のジャンルが確立され、転職のしやすさは格段にアップしました。

すなわち、別に3年以内に会社を辞めることがタイミングとして間違っているわけではないということ。

会社を辞める理由が明確であれば、全く問題ありません。

ただ、あまり年齢が高いと転職しづらいという事実があります。

年齢に対して、それなりのスキルを持っていなくてはなりません。

ですから、むしろ年齢が高い場合に気をつけなくてはなりません。

年齢が高い人ほど、次の転職先を決めてからやめるようにすることをおすすめします。

会社が忙しい時期かどうか

在職中の会社が忙しい時期かどうかということをタイミングとして考える必要があるかということ。

これは、あなたがどう考えるかによります。会社に迷惑をかけたくないと考えるのであれば、時期をちょっとずらしてもいいでしょう。

ただ、ボーナス同様、転職先を見つけてからという場合にはなかなか困難です。

同じ職種であれば、今の会社が忙しいということは、転職先の会社も忙しいことが多く、すぐにでも人がほしいと思っているのです。

大事なのはあなた自身です。

会社はなんだかんだ、一人いなくなってもなんとかなるものです。

時にはどんな状況であれ、自分を大事にし、やめてしまうことも必要です。

スポンサーリンク

最後に

会社の辞める理由やタイミングを紹介してきましたが、結局大事なことはあなた自身が納得して会社を辞めること。

確かに円満退社がいいですが、円満退社できないからとずるずると会社をやめずにい続けてしまっては、幸せにはなれません。

しっかり考え、やめるときにはやめる勇気と行動が必要となります。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:ブラック企業の見分け方、企業選びの時に絶対確認!

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ