仕事を辞める前に確認しておくべき4つのこと

仕事を辞める前に確認しておくべき4つのこと

仕事が嫌になったり、 会社内での人間関係が上手くいかなかったり。

様々な理由から仕事を辞める人がいます。

しかし、勢いで仕事を辞めると後悔に繋がりかねません。

ですから、一度落ち着いて確認しましょう。

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方

関連:その仕事、もう辞めたほうがいいかも。会社の辞め時を見極めるポイントとは

関連:試用期間中に辞めたいと思ったら?試用期間内の退職における注意点

スポンサーリンク

仕事を辞める前に確認すべき4つのこと

仕事を辞めること自体はなんら悪いことでもありませんし、同じ会社で働き続けるよりも、一度は転職する人のほうが多いのが現状です。

ですから仕事を辞めることになんら引け目を感じることはありません。

もちろん、やむを得ず仕事を辞めざるを得なかった人もいます。

ただ、もし仕事を辞めるか辞めないかという選択肢があるのであれば、辞めてしまってから後悔することのないよう、これから紹介することを確認しましょう。

仕事の楽しかったことを確認する

不満によって仕事を辞める場合、その不満ばかりのことを考えがちです。

ただ、仕事で楽しかったと思えたことを確認しましょう。

辞める前までは不満のことばかりを考えがちですが、辞めた後には楽しいと思えたことも考えるようになります。

楽しい経験を思い出し、辞めなければよかったと思ってしまうこともよくあることです。

ですから、辞める前にあえて楽しかったことを確認しておく必要があります。

数年後の自分を考える

仕事を辞める前に、数年後年後の自分をイメージしてください。

仕事を辞めたいと考えている場合、どうしても目の前の不満を解消することばかりに目がいきがちです。

もちろん、目の前のことはとても大切なことです。

しかし、同様に将来のこともとても大切なことです。

わかりやすい例で給料の面を上げてみましょう。

給料が安いから転職することにしました。

しかし、5年後には出世し、給料はかなり増えているかもしれません。

一方、転職すると、その時は年収はあがるものの、他の昔からいる人に比べて経験が少ない為、出世できず5年後も給料が変わらない。

このような場合、後悔してしまうことになりかねませんよね。

わかりやすい例として給料をあげましたが、働き方の面でも一緒です。

将来どうなっているのか、将来自分がどうありたいかということをしっかり考えましょう。

どんなものを捨てる必要があるか

仕事を辞めるということは、何かを捨てる必要がでてきます。

例えば、退職金は複数の会社に勤めるよりも、1社で勤め続けたほうが高いことが多いです。

仕事がきつい、残業が多いという人は、楽な仕事、残業の少ない仕事に行くことで給料は下がるかもしれません。

未経験の仕事につけば、これまでの専門的な仕事の経験は必要なくなってしまうでしょう。

これまで培ってきた人間関係も失ってしまいます。

仕事を辞めるということは、何かを捨てるということです。

転職することで給料があがる、残業が少なくなって自分の時間が多くなる、といった仕事を辞めることによって得られるものだけではなく、捨てる必要があるものをしっかり考えましょう。

スポンサーリンク

仕事を辞める場合に必要なお金

仕事を辞める為には貯金がある程度なければ、かなり厳しいのが現実です。

そのお金は、転職先が決まっているか決まっていないか、家族形態、引っ越すか引っ越さないかなど、様々な条件で変わってきます。

転職先が決まっている場合であれば、生活費の面では困らないかもしれません。

しかし、転職先が決まらずに仕事を辞める場合には収入が途絶えますから生活費を貯金から捻出しなくてはなりません。

失業保険もありますが、自己都合の退職の場合には3ヶ月の給付制限がありますし、額としても少なくなります。

家族がいる場合であれば、必要になってくるお金はもっと多くなるでしょう。

また、仕事を辞めることによって引っ越しが必要になる場合もあります。

例えば、社宅や寮に住んでいたり、転職先が遠かったりする場合です。

その場合、引っ越しにもかなりお金はかかります。

また、新しい家の敷金や礼金も必要になります。

退職金はでない会社も多いですし、若い人はこれらを賄うほどの十分なお金にはならないことがほとんどです。

必ず仕事を辞めた後にかかるお金をシミュレーションしましょう。

それでも後悔するかもしれないけれど

これらのことを考えても、後悔する時は後悔します。

仕事を辞める前の自分と、仕事を辞めた後の自分を完璧に比較することは誰にもできません。

ただ、少なくともしっかり考えて辞めたという経験はその後悔の念を抑えることにつながります。

転職を決めたらすぐ動く

上記のことを確認した上で、それでも仕事を辞めるということを決めたのであれば、すぐに動きましょう。

辞めることを決めたにもかかわらず、転職活動が面倒でなかなか始めないという人もよくいます。

しかし、それは時間の無駄です。転職活動は早ければ早いほうがいいのです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク



このページの先頭へ