仕事を辞める決意できない人の特徴と、決意する為の方法

仕事を辞める決意できない人の特徴と、決意する為の方法

仕事を辞めたいと思っていても、決心がつかずにずるずる同じ会社で働き続けてしまっている人は多いです。

確かに仕事を辞めることを決意するのは相当勇気がいること。色々考える必要があって簡単に決めれることではありません。

ただその一方で仕事を辞める決意をして見事に転職を成功させている人もいますよね。両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

そこで今回は仕事を辞める決意ができない人の特徴と、決意をする為に必要なことを紹介していきます。

関連:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

仕事を辞める決意ができない人の特徴

仕事を辞めることが必ずしも正しい決断であるとは限りません。

ただ十分に辞めるに値した理由を持っているのにいつまでも辞めることができずにいる人が多いです。

同じような理由でもスパっと辞めることができる人もいればいつまでも辞めることができない人もいる。それには性格、考え方に違いがあります。

責任感が強い

責任感が強い人は、どれだけ仕事に不満があったり環境に不満があっても、他人に少しでも迷惑をかけることを気にしてしまって中々辞める決意ができませんね。

できる限り迷惑をかけないように今の仕事が終わってから、そんなことを考えて先延ばし、先延ばし。しかし実際は一つの仕事が終わりかけるとまたすぐに違う仕事が入ってきて結局続けることになってしまいます。

仕事を辞めるということは多かれ少なかれ上司や同僚に迷惑をかけること。責任感が強すぎるとその迷惑をかけることをひどく嫌うので仕事を辞めるハードルが高くなってしまっています。

転職を挫折だと考えている

日本ではいまだに仕事を辞めて転職することにネガティブな気持ちを持っている人が多く、特に挫折だと考えてしまう人が少なくないようです。

そのネガティブな気持ちを持っていれば当然仕事を辞めるハードルは高いものになってしまいます。

仕事は辞めるべきではない、仕事はできる限り続けるべきだという思いを持ち、辞めるべきである状況にあるのに辞めずにいる人がとても多いように感じます。

プライドが高い

仕事を辞めて転職することが挫折だと感じている人の中で、特にプライドの高い人は周囲からの視線を気にして辞める決意を持てずにいます。

挫折したと思われたくない、逃げたと思われたくない、負けたと思われたくない。その思いが自分自身を縛り付け、本当の感情どおりに行動することができなくなってしまうんです。

その結果、限界を超えてまで我慢し続け体を壊してしまう人も少なくありません。

すぐに答えをだしたがる、答えがないと行動できない

仕事を辞めるかどうかというのは本来段階を経て決めること。

現在仕事を辞めたいと思った段階で、次にするのは転職活動。その転職活動で仕事を辞めたいという理由になったことが解決できる、辞めることによって失うものが少ないと思った時に初めて仕事を辞める決意を持つことができます。

しかし仕事を辞めたいと思ったタイミングで決意したがる人が多かったり、答えがわかっていないと転職活動に取り組むことができない人が多いです。

その結果、仕事を辞めた後のことが不安になって辞める決意が持てない。そんなことになってしまっています。

仕事を辞める決意をする為に必要なこと

今決意することができなくても、さらに嫌なことがあってどんどん追い込まれていけば辞める決意を持てるかもしれません。ただそれでは遅すぎます。

追い込まれて辞める場合、うつ病等になるリスクもありますし、転職するにしても焦って次の会社を決めることになってしまい正しい判断をすることができなくなる可能性があります。

ですから辞める決意は追い込まれた故にするのではなく、冷静に正常に考えた上でするべきなんです。

ではどうすれば仕事を辞める決意を持つことができるのでしょうか。

自分が辞めたいと思っている理由を受け入れる

まずは自分が辞めたいと思っている理由を受け入れることから始めましょう。

辞める理由はなんだっていいんです。そんな理由なら辞めるべきではないということはありません。

人間関係、仕事がうまくいかない、上司から嫌われている。どんな理由であっても、あなたが辞めたいと思うほどの理由なら十分な理由。

すでに長い間仕事を辞めたいけど決意できないという人は、こんな理由で辞めても後悔するかもしれないなんて迷う必要はありません。

転職の真実を知る

転職は挫折、できる限り転職はするべきではない。はたして本当にそうでしょうか。

確かにそういうイメージが世間的にあるのは事実。しかし実際の転職は決してそのようには思えないデータになっています。

転職したことによって年収が上がったという人はとても多いし、転職したことに満足感を感じている人は後悔している人よりもずっと多いんです。

勝手に悪いイメージがあると思い込んでしまって避けている人は、はっきり言って多くの機会損失をしてしまっています。

将来に具体性を持たせる為にとにかくまず行動

結局のところ、転職活動をして辞めた後にどうなるかが決まっていなければいつまでも不安でいつまでも仕事を辞める決意することができません。

ですからとにかく転職活動をして自分の辞めた後のことをはっきりさせるようにしてください。

転職先が決まれば当然わかるし、決まる前でもどういった会社があるのか、どういった働き方ができるのかがわかってくるので、本当に辞めるべき人は自然と辞める方向に気持ちが傾いていくはずです。

今の仕事をそのまま続けていった時の未来像をイメージする

責任感が強すぎる人、プライドが高すぎる人に特に行って貰いたいのが、今の仕事をそのまま続けていったらどうなるのかを考えること。

あなたが周囲に迷惑がかけるからと言って他人の為ばかりの行動をとった結果待っている未来は決して幸せなものではないはず。

あなたがまず優先すべきは自分の幸せ。その為にはどう動くべきなのかを見つめなおしてください。

最後に

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、MIIDAS(ミーダス)はサブで使うにはおすすめ。登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるといいでしょう。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ