こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

こんな人は仕事をすぐ辞めるべき!人生を狂わせない為にもタイミングを待ってはいけない

仕事を辞め、転職することは人生にとっても大きな変化点となる為、実際に行動に移すにはそれなりの勇気がいるもの。

その為、仕事を辞めたいと思いながらも、辞めたら後悔するのではないかと不安になり、中々決断できないという人も少なくはないでしょう。

仕事を辞める最善のタイミングを正確に見極めることは確かに難しく、辞めて後悔してしまう人も少なからずいます。

ただ、後悔するのは辞めた人だけではありません。ずるずる決断を引き延ばし、仕事を辞めなかったことを後悔してしまう人も多いのです。

関連:仕事を辞めたいならうつ病になる前に行動を!そんなに頑張って働く意味はない

関連:ブラック企業はすぐ辞めるべき理由や、退職時の注意点

関連:未経験職種、異業種に転職したい。難易度や年齢は?

辞めるタイミングを逃してはいけない!

仕事を辞めて後悔したとしても、その後の取り組み方次第では十分に取り戻せることができます。。

しかし、仕事を辞めずに後悔してしまう場合、そのことに気付くのが遅くなってしまい、取り戻すことだできる可能性は低くなってしまいます。

仕事を辞めるタイミングを逃し、ずるずる働き続けることによって以下のような不都合なことが起きてしまいます。

年齢を重ねるごとに徐々に転職しにくくなる

若い方が転職しやすく、年齢を重ねるごとに転職しにくくなるというのは確かなこと。

20代と40代では転職のしやすさは大きく違います。

より良い条件の会社に転職したいと考えているならば、できるだけ早めに転職をするべきなのです。

今の会社に淡い期待を抱いていたり、後悔することを恐れて転職を先延ばししていると、いざ転職をしようと思った時には転職しにくい年齢になってしまっているかもしれません。

未経験職種への転職は若い時だけ

今の仕事は自分に合わない。違う職種に転職したい。そんな風に考えている人も多いでしょう。

ただ、未経験職種への転職は経験、スキルという面での優位性がないことから特に年齢面での厳しさが増します。

年齢が高くなるほど、企業はその人材に即戦力であることを望みます。

自分に合わない職種、自分のやりたい仕事とは全然違う仕事を続けていて、いつかは仕事を変えたいと思っていても、いざ職種を変えようとした時には、実現困難となってしまうことも少なくありません。

転職しやすい時期がいつまでも続くとは限らない

今は企業の人材不足が顕著で、有効求人倍率も非常に高くなっており、転職しやすい時期であると言えます。

しかし、この状況がいつまでも続くとは考えてはいけません。

景気は波があるのが当然のことで、またいつ不景気になるかわかりません。

もし一度不景気になり、転職しにくい状況になってしまうと、それは数年続くことになるでしょう。

そうなってしまうと、また転職しやすい時期が来る頃には年齢が高くなっていて転職しにくい状況になってしまうのです。

会社が倒産してからでは遅い

将来的に会社は危なそう、いつかは転職しないと、そんな風に考えている人もいるでしょう。

ただ、ずるずる先延ばしして会社が倒産してから転職するのでは遅いです。

貰えるはずだった退職金を貰うことができず、仕事探しも焦って行わなくてはならない。

そんなことになってしまいます。

こんな人はすぐ仕事を辞めるべき

仕事を辞めるタイミングをずるずる引き延ばすことによって、様々な不都合なことが起こってしまうことが多いです。

では、どういった人は仕事を辞めるべきだと言えるのでしょうか。

ブラック企業に勤めている

サービス残業が当たり前となっている、ろくに休みがない、給料が低すぎるなど、パワハラが当然となっているなど、いわゆるブラック企業で働いているなら、そんな会社はすぐ辞めるべきです。

そんな会社で得られるものはなく、辞めても後悔することはないでしょう。

いつかは会社が変わるかもしれないなんてのは幻想です。そんな会社はほぼ変わりません。

やりたいことが決まっている

今の仕事はつまらない、自分には合わないといったことだけでなく、何かやりたいことが決まっている人も仕事を辞めるべきと言えます。

社会人経験をもう少し積んでからなんて必要はありません。それよりも転職しやすい年齢のうちに仕事を変えるべきです。

中には「もしかしたら今の仕事が楽しくなってくるかもしれない」とう期待をもっている人もいるかもしれません。

しかし、やりたいことが明確になっている以上、その可能性に期待するより、さっさと自分のやりたい仕事に就くべきです。

同業他社に比べて条件が悪い

給料や休日数などが、同業他社に比べて低い場合も転職することを考えるべきだと言えるでしょう。

いくら優秀であっても、給与体系が会社として決まっている以上はそれより多い給料を貰うことは望めません。

条件面での向上が見込めるならば、転職してみるべきです。

将来性がない

会社の将来性と判断した時もすぐ辞めるべきです。倒産してしまってからでは遅いのです。

また、自分の将来性についても同様のことが言えます。

成長が見込めない、出世することに希望を持てないなど、将来への不安があるなら辞めることを考えてください。

限界を感じている

仕事を続けることに肉体的、精神的な限界を感じている場合は特に要注意。

そのまま働き続けることによってうつ病になってしまう人もたくさんいますが、うつ病になってからでは遅いのです。

自分の限界を超えてまで働き続ける意味なんてありません。

仕事を辞めたいと3年以上思い続けている

仕事を辞めたいと思っても、それが一時の感情であれば辞めないほうが良い場合もあります。

しかし、3年以上も思い続けているならいい加減辞めましょう。

何かが変わることに期待したのかもしれませんんが、事実3年以上変わっていないのです。

変わることを待つのではなく、自分で変えていく必要があります。

何より、辞めたいと思いながらも働き続けるのは本当にきつく大きなストレスとなることです。

仕事が慣れないと3年以上感じている

この仕事自分には向いていないなーと思っても、慣れていないだけ、もう少し慣れれば何とかなると考えている人もいるかもしれません。

ただ、3年以上も仕事をしてきて、未だに慣れないのは、単に経験のせいだけではないはずです。

純粋に自分には向いていない仕事の可能性が高いのです。

仕事を辞めておけば良かったと後悔しない為に

仕事を辞めるという決断をすることは勇気のいることです。

ただ、その決断を引き延ばしすることによって、大きな後悔をしてしまうことも忘れてはいけません。

時には自分から変化していくことも非常に大切なことなのです。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:もう我慢の限界!仕事のストレスに耐えられない、限界だと感じたら

関連:定時で帰れる仕事に転職したい。残業のない仕事なんてあるの?

関連:仕事から逃げたいと思った時にあなたがすべき対処法



このページの先頭へ