仕事を辞めたいという人に知ってほしい辞めれなかった時の行く末。

仕事を辞めたいという人に知ってほしい辞めれなかった時の行く末。

仕事を辞めたいと考えたことがある人はかなり多いと思いますが、そのうちの大多数は結局仕事を辞めずにそのまま働き続けることになっていると思います。

仕事を辞めて転職するというのはかなり勇気がいることだし、多大な労力がかかることでもありますから、実際に行動に移すのは簡単なことではありません。

その結果、目の前に年収アップのチャンスが転がっているのに安い給料のままで働き続けることを選んでしまったり、中にはブラック企業で何年も働き続けて身も心もボロボロになってしまう人もいます。

もちろん仕事を辞めたいと思った人がみんなすぐに仕事を辞めるべきではありません。多少嫌なことがあったって我慢をすることは多少なりとも必要なことです。

ただ少なくとも現状のまま辞めなかったらどうなるのか、もし辞めたとしたら辞めた後どうなるのかは考えておきましょう。数年後に辞めておけば良かった、転職しておけば良かったと思わないように、今面倒くさがらないことがとても大切です。

関連:仕事を辞めたい。まずすべきは転職したいのか改善したいのか、転職できるのかを知ることから

関連:仕事を辞めたいと上司や親に言えない。その原因は実は自分で決めきれていないからかも

もし仕事を辞めたいと感じたまま何もしないとどうなる?

ではもし今仕事を辞めたいと感じながらも、そのまま何もせずに仕事を続けるとどうなるでしょう。

考える行く末は以下の4つ。

  1. 仕事を続けるうちに辞めたい気持ちはなくなる
  2. 仕事を続けるうちに今の仕事を続けることを受け入れる
  3. いつまでも辞めたいと不満を感じながら働き続ける
  4. いずれ限界がきて転職を決断する

仕事を続けるうちに辞めたい気持ちはなくなる

仕事を続けていれば、上司が変わったり自分が異動したりと環境が少なくなることはありませんし、仕事に対しても慣れてきて辛いと感じていた仕事も難なくできるようになってきて、それほど大きな不満を感じることがなくなる場合はあります。

出世や昇格などをきっかけに管理される側から管理する側にまわることになって一変するということもあるでしょう。

気持ちが変わるまでにはある程度の時間がかかることも覚悟しなくてはなりません。早ければ1年で環境が変わってくれることもありますが、10年以上の時間を費やすことになるかもしれません。

仕事を続けるうちに今の仕事を続けることを受け入れる

最初はあれがやりたい、これがやりたい、将来どうなりたいなんて色々と夢を抱いていたものの、30代を過ぎてくると徐々にそんな夢も諦めて、ただお金の為に、生活の為に今の仕事を続けることを受け入れる人は多いのではないかなと思います。

特に家族を持っている人は、家族の為にという気持ちが強くなってきて、自分のことを犠牲にしている人は多いです。

いつまでも辞めたいと不満を感じながら働き続ける

一番ベストなのは辞めたい気持ちがなくなることですが、受け入れることができればそれはそれでありだと思います。

しかしいつまでも受け入れることができず、辞めたいと不満を感じながら働き続けるということになるのだけは絶対に避けたいですよね。

よく考えてみてください。仕事が辛い、会社に行きたくない、そんな風に思って仕事を辞めたいと思っているのが、あと数十年続くわけですよ。どう考えてもしんどいですよね。

しかし残念ながらこうなってしまう人が大多数です。辞めたいという気持ちはそう簡単になくせるものでもなければ、受け入れることもできないものですから。

いずれ限界がきて転職を決断する

今は辞めたいと思いながらも働き続けることができるかもしれませんが、この先いつまでも続けることができるとは限りません。

もっときついことが起きてしまったり、今の状態が続いてストレスが溜まり続けた結果限界がきてしまうこともあり、結局しばらくたってから転職を決断することになる人も少なくはありません。

ただその時に転職をすることができるかというのはまた別問題。

違う仕事に就こうと思っても年齢が高くなって年収ダウンを免れないことになってしまったり、時期的に不景気で買い手市場となってしまって転職することが難しい場合もあり、売り手市場で年齢が低い今と同じように転職することができるとは限りません。

そして結局なぜ昔に転職しておかなかったのかと後悔することになってしまうんですね。

その場で一番楽なのは辞めないこと、でも後悔する確率も高い

よく仕事を辞めるとなると、楽なほうに逃げるだけだろうなんて言い方をする人がいますがそれは間違い。

一番楽なのは何も考えずに辞めたいという気持ちを押し殺しながら働き続けることです。今の仕事を辞めて転職するというのは、楽でもなんでもなくて色々なことを考え勇気を持ち、覚悟を決めた上で決断することであり、決して楽な道に逃げているわけではないはずです。

だからこそ、多くの人は仕事を辞めるのではなく続けることを盲目的に選んでいます。

しかしそれは将来後悔する可能性も高いことは覚えておかなくてはなりません。

時には勇気を出して仕事を辞めるという決断をとることも必要です。

少なくとも現時点で仕事を辞めたいと思っているならば、転職活動なりをして今後どうしていくのが最もリスクが低いのかは考えておかなくてはなりません。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ