あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

仕事を辞めたいと思っている人はたくさんいますが、実際に辞めることができるのは少数。ほとんどの人は辞められずにいます。

もしかしたらあなたもそのうちの一人なのではないでしょうか。

そこで今回は仕事を辞めたいのに辞められずにいる原因について紹介をしていきます。

関連:仕事を辞めたいけど勇気がでないという人は注意。その先の後悔が見えていますか?

関連:仕事の能力不足が辛くて辞めたいと思っているけど中々転職に踏み切れない人に

仕事を辞めたいのに辞められない原因

仕事を辞める権利は労働者にあり、辞めようと思えばいつだって辞めることができます。

ただそうは言っても中々簡単に辞めれませんよね。

あなたが辞められずにいるのにはこんな原因があるのではないでしょうか。

貯金がない、生活に困る

仕事を辞められずにいる大きな原因の一つが金銭面。

仕事を辞めたら収入が途切れる、辞めてから転職するまで生活する貯金がない、転職したら収入が少なくなってしまうといった理由から辞めたくても辞められない、転職したくても転職できないという人が多いのではないでしょうか。

また転職活動自体もお金がかかってしまうので、それがハードルになってしまっている人も多いと思います。

近場の交通費だけならまだしも、遠方の距離を受けるならそれなりにお金がかかりますし、引っ越しのお金もかなりかかりますからね。

失敗のリスクが怖い

仕事を辞めて転職したとしても、もしその転職で失敗したらと思ってしまうことも一つの原因。

転職先がブラック企業だったら、人間関係が上手く行かなかったらなど、失敗した時のことを考えると中々踏み出せませんよね。

実際は転職の成功率は高く、転職経験者のうち7割以上は転職して良かったと感じています。

ただ転職しなければ良かったと思ってしまっている人がいるのも事実。リスクはゼロではありません。

しかし転職しなければ今の辞めたいという環境で働き続けることになるだけで、それはそれでリスク。

どちらのリスクをとるのかは悩みどころですね。

良い面もあるから後悔してしまうのではないかと不安

仕事はつまらないけれど給料が良い。給料はあまり高くないけど休みが多いし残業も少ない、仕事はきついけれど仕事自体は好きな仕事でやりがいもある。

そんな風に何もかもが嫌でたまらないわけではなく、良いことと悪いことが混在している場合が多いかと思います。

そんな状態で転職すると転職すれば悪い面は解消されるかもしれませんが、恵まれている部分を犠牲にすることになってしまうかもしれず、そのことによって転職後に後悔してしまうことが不安で転職に踏み切れないという人も多いのではないでしょうか。

家族から反対されている

転職は本人だけのものではなく、家族にも影響を与える大きなもの。

収入が変わるかもしれないし、勤務地が変わるかもしれないし、生活リズムも変わるかもしれない為、家族が同意してくれるとは限りません。

この家族の反対によって転職したくても転職できない、今の仕事を辞めたくても辞められないという人は少なくないでしょう。

ただ話せば納得して貰える可能性もあるのに、最初から自分の中で無理だろうと決めつけて諦めてしまっている人も多いですね。

なぜ辞めたいかしっかり話し合ったり、転職先が決まってから判断してもらうことにすればなんとかできるかもしれませんから、少なくとも自分の中で完結させてしまうのだけは避けた方が良いでしょう。

転職理由に自信がない

仕事がつまらない、上司と上手く行かないなどを理由に仕事を辞めたいと思っていても、そんな理由で本当に辞めてしまっていいのだろうか、甘えではないだろうかと悩んでしまっている人もいるでしょう。

転職理由は前向きであるべき、逃げの転職をしても上手くはいかないなんてことを言う人もいますしね。

ただ実際に転職した人は人間関係が上手く行っていない、休みが少ない、残業が多い等のネガティブなことがきっかけとなっていますが、だからといって後悔しているわけではありません。

最初の理由なんて本当はそれほど重要ではなく、そこからどういった働き方を望むのか自分と向き合って考えていくことが重要。

ただ仕事を辞められずにいるほとんどの人は転職後のことまで意識することができずに目の前のことだけを考えて辞めるべきではないと決めつけてしまっています。

自分のスキルに自信がない

転職するにはスキルが重要。しかし自分にはそのスキルがない。とういった理由から転職は無理と決めつけてしまっている人もいるでしょう。

中途採用でキャリアアップするなら即戦力になるスキルを持っていることが必要というイメージがありますしね。

ただこれは大きな勘違い。

確かにスキルや経験は必要ですが、スキルに自信がないと思っている人でも実は高い評価を得られる能力を持っている人も多いし、中途採用で重要視されるのはスキルだけではなく、人間性も重要視されるので誰でもキャリアアップできる可能性はあります。

仕事を辞めたいのに辞められない人はそもそも転職市場について何も知らず、自分のスキルについて棚卸すら行っていない状態でイメージのみで決断してしまっている人が多いですね。

転職活動をしている時間がない

仕事が忙しくて時間がないというのも、仕事を辞めたくても辞められずにいるよくある原因。

転職先が決まっていない状態で辞めるのはリスクが高いので、在職中に転職活動をすることが転職の一般的な流れですが、時間がないので転職活動をすることができずいつまでもそのまま働き続けることになってしまっている人が多いです。

確かに転職活動は仕事を選び、応募書類を作り、面接は平日に行かなくてはならないので確かに大変。

ただ忙しいを理由にしているといつまでも辞めることはできません。

リクルートエージェント等の転職エージェントを利用すれば色々とサポートして貰えるし面接日程も調整してくれるので、空き時間を使って少しずつでも進めていく必要があるでしょう。

周りに迷惑をかけてしまう

責任感の強い人だと自分が仕事を辞めることで周りに迷惑をかけてしまうから辞められずにいる人もいるのではないでしょうか。

とりあえず仕事がひと段落してからと思っていても、次から次へと仕事が降ってくるのでいつまでたっても辞めることができません。

ただ周りのことばかりを考えていつまでも自分のことを犠牲にしていては、将来きっと後悔することになるでしょう。

あの時気にせず辞めとけばよかった、転職しておけば良かったと思う日がきっときます。

それに実際のところ社員が辞めても会社は何とかなります。もちろん多少の迷惑はかかるかもしれませんが、引継ぎ等をしっかり行えばとんでもないことにはなりません。

プライド的に無理

プライドが高い人の中には、退職することや転職することが逃げるようでかっこ悪いと思ってしまって許せない人もいます。

本当は別にかっこ悪いことでも何でもないし、周りもそれほど気にしないことなんですがね。

プライドを持つことは大事なこと。ただ無駄なプライドは捨て、自分にとって本当に良い選択はなにかを見極めるようにしないと、いつまでも苦労することになるので気をつけなくてはなりません。

会社が辞めさせてくれない

自分自身には辞める意思があるのに、会社が辞めさせてくれないなんていうのはブラック企業によくある話。

退職の話をすると引き止められ、時に罵声を浴びせられたり、損害賠償を請求するなど脅してきたりするような会社もあるようです。

ただそんな会社の横暴に負けてはだめ。

そもそも辞めるかどうかは労働者側が決めることであって、会社側に拒否権はありません。

いざとなれば退職届を郵送で送り、退職日までの2週間を有給で休んでしまうなんて方法もありますから、負けないようにしましょう。

参考:仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

転職活動に取り組む気力を持てない

転職活動って大変そうですよね。やること多そうだし、面接も嫌だし。

それ故に仕事を辞めたいとは思っていても中々転職活動を始めることができないという人も多いのではないかと思います。

ただそんな理由で嫌な仕事をだらだら続けるのは良くないこと。どこかで思い切って転職活動を始めてみなくてはなりません。

転職活動は始めてみると意外にどんどん進んでいきます。

転職エージェントを使えばサポートもして貰え、やらなければいけないことが絞られるので自分のモチベーション関係なく進んでいくのでとりあえず登録して一度話をしてみるというのはありだと思います。

改めて考えてみる。本当に辞めれない?

あなたが現在仕事を辞めたいと思いながらも辞められずにいる原因はこの中にありましたか?

もちろん仕事を辞めることが正しいとは限りません。辞めたいと思いながらも踏ん張った結果、良い将来につながるということだってあります。

ただ辞めたいと思いながらずっと働き続け、気が付くと希望している転職は不可能になってしまう年齢になり、後悔してしまう可能性があることも忘れてはいけません。

ですから改めて考えてみて下さい。あなたは本当に辞めれませんか?

辞めれない理由を考えるのではなく、辞めるにはどうすれば良いかを考えてみましょう。それでも辞めれませんか?

転職活動が上手く行くか不安、失敗が怖い、スキルに自信がないという人はとりあえず実際に転職活動をしてみなければ辞めれないなんて判断はできないはず。

金銭面で不安があるならば、今からでも貯金すれば良いし、お金がかからない転職活動をするという手段もあります。

今の安易な選択がによって将来後悔しないよう、よく考えてやるべきことをしっかりやっていきましょう。

少なくとも転職サイトや転職エージェントには登録し、転職について理解することはさっさと始めてみましょう。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ