仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

仕事を辞めたいのに辞められない、辞めさせてくれない時の対処法

仕事を辞めたい。 けれどなかなか仕事を辞められない。こんな人も多いのではないでしょうか。

確かに、色々なことを考えると、そう簡単には辞められないもの。

ただ、仕事を辞めたいと思っている状態で、辞められずにいることは精神的にもいいことではないし、将来を考えると後悔してしまうことにつながります。

関連:会社に行きたくない、仕事を辞めたいならチェック。理由と対処法。

関連:新卒入社3年目で会社を辞めたい人は多い、転職活動はどうなる?

関連:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと

スポンサーリンク

仕事を辞めたいのに辞められない、その理由は?

仕事を辞めたいのに辞められない理由に、自分の中で踏み出せない場合と、会社が辞めさせてくれない場合があります。

自分の中で踏み出すことができない

今の会社を辞めるということはそれなりに準備も必要ですし、勇気もいります。 収入のことであったり、プライドであったり、世間体であったりと色々なことも仕事が辞められないと思ってしまうことにつながります。

会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ 退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

でも紹介していますが、それなりに勇気を持って、決断をしなくてはなりません。

なかなか自分の中で踏み出せずに仕事を辞めたいのに辞められない人は読んでみてください。

会社が辞めさせてくれない

辞めたいのに会社が辞めさせてくれない場合というのはよくあることです。 会社にとって必要な存在であればあるほど、辞めたいのに辞めさせてくれないという自体につながります。

会社にとっては辞められると一人減ってしまい、人手不足になります。

優秀であればあるほど、代替人員を雇ったとしても補うことはできません。

また新たに雇うということ自体にもお金がかかってしまいます。 その為、辞めさせないように引き止めるということはよくあることです。 中には、辞めることにでる損害分を払えなんて言ってくる会社もあるみたいです。

ただ、会社は会社であって、あなたはあなたですから、会社が辞めさせてくれないからといって、いつまでも働いている必要はありません。

スポンサーリンク

会社が辞めさせてくれない時の対処法

仕事を辞めたいのに、会社が辞めさせてくれないという時、どのように対処すればいいのでしょうか。

法律を正しく理解する

会社を辞めることを伝えると、損害分を払えだとか、会社側から一方的に辞めさせないようにしてしまうといったことがあります。

そういった場合に、泣き寝入りして働き続ける必要はありません。

会社を辞めることは法律上で定められた労働者の権利です。

会社側は関係なく労働者の意思のみで決めることができるのです。

退職届を出してしまえば、2週間後には絶対に退職できるのです。

会社側が引きとめようが何しようが、これ以上はなにもできません。

例えば就業規則に3か月前などと書かれていたとしても、優先されるのは法律ですので、就業規則の効力はありません。

もちろん会社を辞めることによる損害なんて払う必要はありません。

退職届を受け取ってもらえなかったら・・・

退職届を出してしまえば、2週間後には退職できます。

しかし、退職届を受け取ってもらえなかったらどうなるでしょう。 退職に必要なのは、退職届ではなく、退職に意思を伝えることです。

退職届はその一つのツールに過ぎません。

ですから、退職の意思を示したことを証明できれば十分です。

もし受け取ってもらえないのであれば、退職届を出す際のやりとりを録音しておいたり、退職届を内容証明郵便で送るなどで証拠をつくれば問題ありません。

退職後のトラブルについては以下の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

参考:退職時及び退職を申し出た際のトラブル事例

転職先を見つけてしまう

会社に行きながら、こっそり転職活動を行い、転職先を見つけてしまえば、次の会社に行く日が決まります。

そうなると、あなたの退職の強い意思も伝わりますし、次が決まっている為、引き止めることもできません。

仕事を辞めたいけど辞めさせてくれないという人は、先に転職活動を進め、退職せざるを得ない状況下をつくることが大事です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら以下の2つが総合的に見て優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブはサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ

転職活動を始めることは、自分自身にとっても会社を辞める決断をするきっかけにもなるので、まずスタートさせることが大事です。

スポンサーリンク

最後に

仕事を辞めたいのに辞めさせてくれない場合でも、しっかり絶対に辞めるという自分の意思を持ってさえいれば、会社側に何を言われようともやめれるのです。

退職届を出してしまえばこっちのものですから、悩まずにやめてしまいましょう。

関連:会社、職場での嫌がらせ、職場のいじめにどう対処する?

おすすめ記事:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ