仕事を辞められないのは会社のせいではなく自分のせい。必要なのは強い意思だけ。

仕事を辞められないのは会社のせいではなく自分のせい。必要なのは強い意思だけ。

仕事を辞めたい。そんな風に思っていても実際には辞められずにいるという人はそれなりに多いですね。

まあ理由は色々あるとは思いますが、辞められないのは会社のせいでも、環境のせいでもなく、単に辞めるという意思が弱いだけです。

もちろん辞めることが正しいということではありません。辞めないことが正しい場合も多々あります。ただいつまでも会社のせい、環境のせいにしてグチグチ言っていても何も解決はしませんから、全ては自分の責任として辞めるのか辞めないのかはっきりさせましょう。

仕事を辞められないのは誰かのせいではない

仕事を辞めたいけど辞められない。色々と原因はありますよね。

仕事が忙しすぎて自分が抜けると同僚に迷惑をかけてしまうことが気になって辞められない、まともに転職できるかわからないから辞められない、上司から強い引き止めにあって辞められない。

一見すると、これらの理由はほとんどが自分ではなく何か他のせいになっていますよね。同僚、上司、環境。

でもそれは間違い。単に自分のせいで辞められないことを何か他のせいにしているだけにすぎません。そこまで辞めることに対して本気にはなれていないんです。

まあそれならいっそ辞めない方向で考えてみるのもいいかもしれません。実はそこまで辞めたいとは思っていないのかもしれませんよ。

全ては自分で解決できるはず

上述したような理由も含めて、辞められないと決めつけている理由はほぼ自分で解決できることです。

同僚に迷惑かけるかもしれないなんて言うのは、別に気にしなくていいだけのこと。実際辞めても会社という組織は一人辞めたってなんとかなるものです。というか退職することを告げてから辞めるまでの期間(たいてい2週間から1ヶ月)で何とかしなくてはならないのです。それができないなら問題は会社を辞めた人ではなく、会社自体に問題があるだけなので一切気にする必要はありません。

まともに転職ができるかわからないなんてことは転職活動を実際にやってから考えましょう。転職先が見つかれば辞めればいいだけのことであり、転職活動をする前から考えて何もしていないのは単にその気がないだけです。

時間がなくて転職活動できないなんていうのも甘えであることがほとんど。今は転職サイトなり転職エージェントなり便利なサービスがある中で手間はかなり減らすことができます。もしそれすらもできないくらい時間がないなら、そんな会社はさっさと辞めるのが身のためです。

上司から強い引き止めにあったり、退職届を受け取ってくれないなんて時は実は一番簡単。

そもそも会社側に退職を拒否することなんてできません。法律上そうなっているんです。まあ中には頭の悪い人もいてその法律も知らずになのか、知っていても気にしていないのか、辞めさせないようにあの手この手を使ってくることがありますが全く気にする必要はありません。それこそ損害賠償なんて言ってくる上司もいますが、何言ってんだコイツくらいで受け取ってOKです。

要するに周囲のせいで辞められないなんてことはないんです。

必要なのは仕事を辞める強い意思だけ

結局仕事を辞める為に必要なのは強い意思を持つことだけです。辞められない人はその意思がないだけ。

別にそれは悪いことではありませんよ。無理に辞めることはありませんから、いっそのこと辞めないという選択をしてもいいんです。いつまでも辞めたいけど辞められないなんて考えていると、ずっと辛い気持ちが続いてしまうもの。いっそのこととりあえず1年は辞めないという決心をした方が楽になれますよ。

仕事から与えられるストレスは大きいものです。ただ、自分自身でそれをさらに大きくしまっている場合というのも多かったりします。

悩むくらいなら転職活動をすればいい

まあ辞めるか辞めないか悩んでいるなら、とりあえず転職活動をしてみるといいですよ。良い転職先が見つかれば何が何でも辞めようという気にもなりますし、辞めた後のことを不安になることも少なくなります。

逆に、今の会社がよく見えてきてやっぱり転職はしなくていいやと思えることだってありえることです。

転職活動をする場合には転職活動では転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ