その仕事、もう辞めたほうがいいかも。会社の辞め時を見極めるポイントとは

その仕事、もう辞めたほうがいいかも。会社の辞め時を見極めるポイントとは

仕事を辞めたいと思っても、なかなか辞める決心がつかないというのはよくあること。

しかし、いつまでも辞めずにずるずる働き続けることは決して幸せな状態とは言えません。

もちろんめないほうがいいこともありますが、時には思い切って辞めたほうがいい時もあります。

そこで今回は会社の辞め時を見極める、いくつかのポイントを紹介していきます。

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

関連:好きなことを仕事にするメリット、デメリット。後悔しない仕事選びをするには?

関連:退職、転職を決断する為に。ずるずるいくのが一番だめ。

スポンサーリンク

辞めたほうがいい時、辞めないほうがいい時

仕事を辞めたいと思っても、その感情に任せて辞めてしまうと辞めたことを後悔してしまうのではないかと思っしまい不安になることはあります。

おそらくそれが辞めたいと思っても辞めることができない大きな理由でしょう。

今の仕事を辞めるか辞めないのかを悩んでいる人にとって、辞めたほうがいいのか、それとも辞めないほうがいいのかというのは、辞めたいという感情だけでなく、様々な観点から考えることが必要になります。

会社の環境、自分の環境、仕事に対する考えといったものが辞め時の判断基準となってくるので、その観点から考えてみましょう。

もちろん、これから紹介する全てが当てはまらないと辞めないほうがいいというわけではありません。

自分が譲れないものがあるならば、それだけで辞めることを選んでもいいでしょう。

最終的には、自分が辞めるのか、それとも辞めないのかということを納得して決断できればそれでいいのです。

スポンサーリンク

辞め時を見極めるポイント

辞めるか、辞めないかで悩んでいるならば、これから紹介するポイントを一つずつ考えてみてください。

会社の経営状態が危ない

もし、働いている会社の経営状態が危ないのであれば、それは辞め時であると言えるでしょう。

給料が下げられた、ボーナスがなくなった、仕事が全然なくて暇だという状態は危険な兆候です。

倒産してしまってから、リストラされてからだと、転職の難易度は変わってきますから、早くから動くのが功を奏します。

会社の将来が不安

もし今が経営的に危なくない状態であっても、将来的になくなるビジネスで、それに対して会社の経営側が何も行っていない状態もまた危険な状態です。

経営側としては会社を倒産させたくないと思うのが普通ですが、たまに倒産してもいいかと思っている場合もあるので注意が必要です。

会社がなんとかしてくれると思っていることは非常に危険。いざとなれば会社は簡単に社員を切り捨てます。

また、法律違反をしていることがわかってしまった場合も辞め時であると言えます。

いずれ社会的制裁を加えられてしまった場合、あなたのキャリアにも傷がつき転職時に不利に働いてしまう可能性がある為です。

労働時間が長すぎる状態が常態化

残業が多く、労働時間が長すぎる状態が常態化しているのであれば、その会社に居続けることは辞め、転職したほうがいいと言えます。

労働時間の長さは過労死とも関連性があり、精神的、身体的に悪影響を及ぼします。

会社には繁忙期があって、忙しい時にはどうしても労働時間が長くなってしまうこともあるかもしれません。

しかし、数年間ずっと残業が多い状態が続き、それが苦痛と感じているのであれば、今後も減ることは期待できません。

関連:残業、休日出勤したくない!残業が多いことが当たり前な現状から脱出

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

自分のことを嫌いな上司が出世した

上司に嫌われてしまったというのはよくあること。

単にそれだけで、辞めることを判断するのは時期早々です。

なぜなら、ずっとその上司の下で働くわけではありませんから。

ただ、自分のことを嫌いな上司が出世してしまうと、話は別。

その上司によって、社内で不利な立場に立たされてしまうことはよくあります。

その上司が人間的にまっとうであればいいですが、そうではない時の影響はかなり大きいです。

仕事の為と割り切れない

どんなに楽しい仕事であっても、どこかで仕事の為と割り切る必要はでてくるものです。

しかし、仕事に対して苦痛だと感じる割合が増えていくと、仕事だからと割り切れなくなってくるようになります。

そうなると、会社に行くことも辛くなってしまい、精神的にも病んでしまうことにつながりますから、辞め時と言えるでしょう。

四六時中仕事のことを考えてしまう

家に帰ってからであったり、休日中にも、常に仕事のことを考えてしまう状態は、精神的に危険な状態です。

常に仕事のことを考えてしまい不安になり、夜眠れなかったり、何をしても楽しくなくなったりというのは、うつ病に近い状態となっている兆候です。

そんな状態が長く続くと、本当にうつ病になってしまいますから、そうなる前に辞めなくてはなりません。

サービス残業、パワハラが行われている

サービス残業が当たり前となっていたり、上司からパワハラされているのであれば、それだけで十分辞める理由となります。

パワハラなんかは上司を変えてもらうといった対処が可能となることもありますが、パワハラを指導の一部とみなされ、状況改善が望めないことも多々あり、なかなかな改善されることはありません。

サービス残業に関してはすればするほど損なだけですから、働き続けても良いことはありません。

関連:パワハラが原因よる退職、転職時の注意点。会社都合の退職にするには?

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

辞めてからの生活費がある

会社を辞めるとなると、給料が入ってこなくなりますから、それなりに生活費を準備しておく必要があります。

次の仕事が決まっていない場合だと、失業保険が給付されるまでの3ヶ月間の生活費は必要となります。

次の仕事が決まっている場合だとしても、ボーナスをあてにした生活をしている場合だと、お金が足りなくなる場合もでてきます。

ボーナスを貰ってから辞めたとしても、転職先で最初のボーナスは満額貰えないことがほとんどです。

また、社宅や寮に入っていると、引っ越し代なんかもかかってきます。

ただ、退職金があればある程度のお金が入ってくることもありますので、辞めた後にどれだけ収入があり、どれだけお金が必要になるかをしっかり考えておきましょう。

関連:転職の費用はどれくらい?面接の交通費、引っ越し、社会保険料など

スポンサーリンク

なんの為に働いて、それが実現できているのか

一度、なぜ働いているのか考えてみてください。

お金の為、生活の為、自己実現の為。人によってそれは様々でしょう。

しかし、どんな理由であれ、最終的に行きつくのは幸せな生活を送る為でないでしょうか。

もし、今の仕事でそれが実現できていない、そして働き続けても実現できる可能性が少ないと思ってしまったのなら十分辞め時であると言えるでしょう。

[gads7]

関連:正社員を辞めたい。正社員から派遣社員、契約社員になることはあり?

関連:仕事を辞めづらい。辞めたいけど言いにくい。そんな時は?

関連:仕事を辞めたいと思う人が行うべき仕事や転職への取り組み方


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ