ワークライフバランスとは?人それぞれの大切なことを実現するために。

ワークライフバランス

ワークライフバランス。最近よく聞く言葉です。

ではワークライフバランスとは一体なんなのでしょう?

私たちがワークライフバランスを実現する為に、何を考えていかなければならないのでしょうか。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:過度なストレスが引き起こす症状や病気。一方、適度なストレスは必要。

関連:仕事のやりがいとは?やりがいがないと感じたら、自分を見つめ直そう。

スポンサーリンク

ワークライフバランスとはなんなのか?

ワークライフバランスって結局のところどういったものなのでしょうか。

ワークライフバランスとは。

働くすべての方々が、「仕事」と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方のことです。

引用:政府広報オンライン

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す

引用:Wikipedia

生活する為には、お金が必要です。

そのお金を得るために人は仕事をします。

近年ではその仕事に、多くの時間を費やさなければいけないことが多くなってしまっています。

仕事だけとなってくると、心身の疲労が大きく病気になってしまったり、

その忙しさから子育てができない為に、子供を作らず少子化につながるなどの問題点があるとされています。

ワークライフバランスが実現された社会

政府は、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」と、「仕事と生活の調和のための行動指針」を策定しました。

その中で、ワークライフバランスが実現された社会は以下のことであるとしています。

国民一人がやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会

①就労による自立が可能な社会

②健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会

③多様な働き方・生き方が選択できる社会

これが目指す形としてあげられています。

では実際はどうでしょう。

アルバイトや派遣社員などの非正規雇用者の割合は年々増加しており男性の5人に1人が非正規雇用者となっています。

労働時間も年々増加傾向にあります。ただでさえ日本人の労働時間が多いにも関わらずです。

参考:こんなに多い!?サラリーマンの一生で仕事に費やす労働時間。

スポンサーリンク

あなたにとってのワークライフバランスとは何かを考えよう

仕事に重点を置くか、生活面に重点を置くか。

あなたにとって何を大事にするでしょう?

人によって大きく違うと思います。

仕事で超一流になりたいと思い、睡眠時間を限りなく削ってでも、勉強し続ける人もいるでしょう。

一方で、お金はわずかでいいから仕事を辞め、田舎で暮らしていきたいという人もいるでしょう。

ただ、仕事と生活のどちらも最大限まで手にいれることはできません。

なぜなら時間は24時間だからです。

ですのであなたは選ばなければなりません。

今は、お金を稼ぐ為に仕事をすることが当たり前で、会社に行くことが当たり前になっている人も多いでしょう。

それが当たり前であると思考停止してしまい、自分の大切なことをしっかり考えたことがないのではないでしょうか?

どうせ無理だから。どうせ今の会社で働くしかないから。

一度そんな感情を捨て、自分にとって何が大切なのかを考えてみてください。

そして考えてみた結果を実現する方法を、諦めずにじっくり考えてみてください。

スポンサーリンク

社会の問題点

政府はワークライフバランスを実現する為に、育児休業制度や介護休業制度を法律としてつくりました。

企業はワークライフバランスを実現する為に、仕事・育児の両立支援策や総労働時間の低減活動などに取り組み出しています。

しかし、これらの策は一部の労働者にしか良い影響を与えていません。

色々な策に取り組んいるのは大企業のみです。

中小企業で働く人は何の恩恵も与えられていません。

もちろん、スタートは大企業から始まり、中小企業に広がっていけば良いのですがなかなか上手くはいかないでしょう。

 

それより一番の問題が、労働基準法が守られていないということです。

現実問題として、労働基準法で定められているにも関わらずサービス残業は蔓延しています。

有給休暇をとることができません。

その結果、賃金は低く、労働時間は長く、バランスなんて考えられないということになってしまっています。

 

まずは労働基準法を企業にしっかり守らせる取り組みをした上で、各個人の選択肢を広げていくことが必要なのではないでしょうか。

まあそんなことをいってもすぐには変わっていきませんし、あまりにひどいなら転職を考えてみてもいいですね。

転職するか悩んでいたら

まずは第一歩として、転職サイトを色々と見てみることからはじめてください。

見るだけでも現状を把握できる為、今後の自分についても考えるいい機会になります。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:年間休日数の平均やよく見かける105日、120日の理由

関連:仕事が忙しい。忙しすぎる。どう乗り越えていくか。



このページの先頭へ