ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

ホワイト企業に転職したいなら、最低限これだけはやっておこう

ホワイト企業に転職したいと思っていても、ホワイト企業なんて少ないし転職での倍率も高いなから自分には無理だろうなんて言う風に考えてしまっていませんか?

ニュースになるのはブラック企業ばかりの為、なんとなくブラック企業のほうが多いなんて言う風に考えてしまいがちで、ブラック企業に入るくらいなら現状で我慢するという方を選ぶ人が大半です。

しかし、実際は転職市場にホワイト企業の求人がたくさんあります。そして転職することも十分可能です。

そこで今回はホワイト企業に転職する為に、転職活動で注意すべき点を紹介します。

関連:ハローワークを利用した転職活動の進め方。ブラック企業を見極めることが最重要

関連:ホワイト企業、優良企業とは?転職時には要判断。

ホワイト企業、普通の企業、ブラック企業の大きな違い

まずは、ホワイト企業、普通の企業、ブラック企業の大きな違いについて考えてみましょう。

私が考えるわかりやすい違いは、法律をどのように守っているかという点です。

労働基準法では、休日、労働時間、残業時間など様々なことが定められています。しかし、それはあくまで最低限のことであり、守っているからといって働きやすいとは言えません。

ブラック企業は、その法律を平気で破ります。労働基準法を違反したことが発覚した時の罰則は厳しくない為、簡単に破り、破っていることに対してなんとも思いません。よくある例がサービス残業ですね。当然違法行為ですが、ブラック企業では平然と行われているという現状があります。

普通の企業は基本的には法律を守りますが、最低限のラインを守るだけといった感じです。例えば年間休日で言うと、1日の勤務時間が8時間とした場合は年間105日は休日を与える必要があります。その為、年間休日を105日に設定しているところが多いです。

ホワイト企業は当然法律は守りますが、最低限のラインではなく、社員にとって働きやすい環境にする為、+αで様々なメリットを与えます。

年間休日も105日だけではなく、祝日や連休も休みにして年間休日が120日以上としていたり、残業代の割増賃金も法律では1.25倍としているところを1.3倍と設定していたりと、義務付けられているからという仕方なくではなく、働きやすさを考えて自らの意思で条件等を決めています。

法律が守る気がない、法律があるから仕方なく守る、法律以上のことを与えるというそれぞれの違いは労働者にとってはかなり大きな違いであり、働きやすさに大きな影響を与えます。

ホワイト企業は割と多い

実際のところ、法律で義務付けられていること以上に社員にメリットを与える会社なんてそうないのではなんて考えてしまいますよね。

それどころか、労働基準法の罰則も厳しくない為、社会的制裁が大きくならない中小企業はブラック企業も多いということが考えられます。

しかし、実際はそんな風に考えている企業ばかりではありません。

法律の最低限を守ることよりも、+αを与えることによて得られるメリットが大きいと考え、働きやすい環境を作り上げている会社はたくさんあります。

会社側のメリットとして挙げられるのが、優秀な人材が集まりやすい、社員のモチベーションがアップしむしろ業績があがるといった点が挙げられます。

もちろん、大企業のほうが経営としては安定しているし、トップクラスの優秀な人材を確保する為に条件面でよい場合が多いです。ただ、中堅企業や中小企業であっても、ホワイト企業はたくさんあります。

それは親会社である大企業に順じていることが多かったり、上述したメリットがあることから働きやすい環境が整えている会社が山ほどある為です。

大企業であれば確かに倍率も高く、転職する難易度はかなり高いです。しかし、大企業の子会社の中堅企業であったり、従業員数が多くはない中小企業だと難易度はがかなり下がり、転職することも十分可能です。

ホワイト企業に転職したいならこれをチェック

ホワイト企業で働くことを実現する為に最も難しいのが、会社選びです。

大企業であれば、割と簡単にその企業の評判を知ることができる為、ブラック企業なのかホワイト企業なのかをおおよそ知ることはできますが、企業規模が小さくなればなるほど、難しくなります。

そこで、ホワイト企業を見極める為に会社選びの際に注意しておきたいことを紹介します。

何を重視するか決めておく

単にホワイト企業といっても、会社によってどういった点で労働者の働きやすい点を向上させているかは変わります。

給料、労働時間、休日など、働きやすさに関わることは色々とありますが、自分はどういった点を重視するのかを考え、それにあった会社を選ばないと、ホワイト企業でも自分には合わないなんてことになりかねません。

会社選びの際はできるだけ視野を広げる

転職活動に会社を選ぶ際、できるだけ視野を広げるようにしましょう。

ネームバリュー、企業規模で選ばない

ついやってしまうのがネームバリュー、企業規模で選んでしまうという点。確かに大企業のほうが好条件であることは多いですが、全ての企業がそういうわけではなく、大企業であってもブラック企業であることも多々あります。

大企業で悪条件の会社と、中小企業で好条件の会社であれば絶対に後者のほうが良いはずです。

ただ、多くの人は会社を選ぶ際にネームバリューや企業規模を気にして、中小企業だとそもそも条件すら確認しないという場合が多々あります。

しかし、それは選択肢を狭めることになるだけです。

業界の垣根を超える

転職時にこれまでも経験のある同じ業界の中で転職しようと考える人も多いでしょう。もちろんその業界内でする仕事にこだわりを持っているならいいのですが、そうでなければ業界を変えることも考えてみてください。

同職種であれば他業界であっても転職することは難しくありませんし、業界を絞らないことで選択肢がかなり増えます。

とにかく多くの求人を調べる

後はもうとにかくたくさんの求人を探して調べることが大切です。

求人探しは正直言って面倒くさいです。求人票を見るだけではあまりわからないこともある為、企業のHPを見てみたり、評判を見てみたりする必要がでてきます。

それが面倒でたいして調べもせずに名前だけで決めてしまったり、良い企業がないなんて思っている人が非常にたくさんいます。

条件面は徹底的に確認する

条件面は必ずチェックするようにしましょう。とにかく徹底的に確認しなくてはなりません。

給料、休日数などは当然ですが、福利厚生面も特に注目すべき点です。

福利厚生は、社会保険料の半額負担など法的に義務付けられているもの以外はそれぞれの会社が独自に決めるものです。

わざわざ充実させる必要はありませんが、社員の働き方を良くする為に色々と行っている会社もたくさんあります。

福利厚生は住宅手当など給料に直接反映されるものもありますし、会社の考え方が色濃くでる部分である為、徹底的に調べる必要があります。

ただたいしたことないのにやたらアピールしてくる企業は逆に危ないので注意です。

休日は120日以上が目安

休日数はできることなら120日以上を目安としてください。

土日祝と年末年始が休みの場合は年間休日が120日を超えます。逆に120日未満の会社は祝日が休みではないということです。

価格競争が厳しくない

その会社で扱っている主力商品が、激しい価格競争をしていると、とにかく人の力でなんとかするしかなくなっている場合が多いです。

価格を下げる為に人件費を下げる。人件費を下げる為に1人あたりの仕事の負担を増やす、給料を低く抑える、休日を少なくするなんてことはよくあることです。

逆に上手く差別化できて価格面以外でアピールポイントがあるような企業にはホワイト企業が多いです。

採用のをチェックする

実際の採用活動のやり方でもホワイト企業かどうかということのヒントは隠されています。

特に面接は見抜く良いチャンスです。

面接官がやたら偉そうだったり、本気で人を選ぶ気がなさそうだったり、発言がおかしかったりなんてことがあれば、その会社は辞めておいた法が身のためです。

逆にそれぞれの選考で人を選ぶ意思がしっかり感じられたり、応募者に対してもしっかり敬意が払われていることが感じれれば、まともな会社であることが多いです。

転職して良かったという人は意外に多い

転職ってどうなるかわからない分怖いし、勇気がいることです。悪化するくらいなら、今の会社で働き続けたほうがいいなんてことを思っている人も多いでしょう。

ただ、実際に転職した人にアンケートをしてみると、転職して良かったと感じている人はなんと8割もいるのです。

ですから、勇気をだして転職すれば、ホワイト企業に入社し充実した会社生活を送ることができるはずです。

転職活動では、転職サイト、転職エージェントをうまいこと活用していくようにしましょう。

転職活動はプロの力に頼ることで、成功率を上げることができます。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職の成功率ってどれくらい?転職によって不満が解消された人、されなかった人。

関連:離職率が低い業界やその特徴。中にはブラック企業もあるかもしれないので要注意



このページの先頭へ