ホワイト企業だけど辞めたい。退職しても大丈夫?

ホワイト企業だけど辞めたい。退職しても大丈夫?

残業は少なくて休みも多い。給料もそこそこ高くて成長もできる。福利厚生もいいし有給休暇もしっかり取得できる。

そんな会社に入れたらあなたならどうしますか?

普通の人ならば、辞めるなんてことを考えずに、会社自体に何かない限りは定年まで働き続けることを選ぶでしょう。

ただ、もしそんな会社に入れたにも関わらず、辞めたいと思ってしまった時、どうすればいいでしょうか。

関連:大企業からの退職、大企業からの転職、実は勇気のいること

関連:新卒社員の平均離職率はこんなに高い!そろそろ仕事辞めたい新入社員が転職する頃?

理想的なホワイト企業、それでも辞める人は存在する

どんなに理想的なホワイト企業でも、その会社を途中で辞める人はいて離職率はゼロではありません。

辞める理由としては、結婚や出産であったり、実家の仕事を継ぐといったことであったりと、会社や仕事に対する不満といったものではないことが多いと思います。

ただ、中には会社に対する不満、仕事に対する不満から会社を辞めるという選択をする人は少なからずいるものです。

周りからしてみれば、その会社をやめるなんてもったいない、そんな良い条件で不満を言うなんていうのは甘えだという人もいるでしょう。それ故に自分の中でその悩みを抱え込んでいるという人が多いと思いかもしれません。

ホワイト企業を退職することの是非

せっかく入ったホワイト企業。辞めることに対して、どんな会社でも不満があるなら辞めたっていいという意見もあれば、辞めないほうがいいという意見もあります。

それは他人から言われることだけではなく、自分自身の中でも葛藤があるでしょう。

ホワイト企業だからと言って皆が幸せなわけではない

ホワイト企業に入社できれば幸せだ。決してそんなことはありません。

どんな会社であっても、辛い気持ちを持ちながら、しんどい思いをしながら働いているという人は確実に存在しています。

希望通りの部署に配属されずにやりたい仕事ができない人、職場の人間関係が上手くいっていない人、仕事を与えられずに悶々としている人、周囲の仕事のスピードについていけない人。

そういった悩みがどんどん大きくなっていくと、給料が良いことや休日が多いことなんていうことがそこまで重要だと感じなくなり、辞めたいという気持ちはどんどん大きくなっていくとはむしろ当然のことです。

ですから、ホワイト企業ならば絶対に辞めたいほうがいいなんてことは決してないのです。

ただ、それは周囲に理解してもらうことを期待してはだめです。

周囲はわかりやすい部分だけで判断します。給料であったり、休日の多さであったり、残業の量であったり。

仕事をする中でどういった悩みがあるのか、それがどれほどの大きさなのかということは気にしません。さらにそういった問題については頑張ればなんとかなる、今を過ぎれば大丈夫になるということを考えるのです。

単なる甘えという場合もないわけではない

もちろん場合によっては甘えであるという場合もあるでしょう。

一つの会社に居続けてしまうと、今の会社がどれだけ恵まれているのかがわからなくなってきます。

定時で帰ることができること、給料が恵まれていること、土日にしっかり休むことができること、残業代がしっかりでること。

そういった喜びの部分はもう当然のことであると思い込み、とにかく不満ばかりに注目してしまうようになってしまうのです。

辞めたことを後悔する可能性

ホワイト企業を辞めて転職した場合、会社を辞めたことに対して後悔する可能性は他の会社から転職する場合に比べて後悔する可能性は高いと言えます。

給料が下がっても大丈夫だと思っていたけど厳しかった。休日が少し減ってもいいと思っていたらきつかった。残業が多いのは想像以上にきつかった。なんてことを感じてしまうかもしれません。

頭の中にはあのまま働いていればなんてことを考えることも多いと思います。

全てにおいて条件が向上するのならばいいかもしれませんが、現在働いているところの条件が良ければ良いほどにそれは難しくなるでしょう。

ホワイト企業を辞めるというのはそういうことなんです。

最後には覚悟と勇気が必要

確かに後悔する可能性は高いかもしれません。おそらくそのことは辞めたいと考えている人自身も重々承知でしょう。

そしてそのことが原因で辞めるに辞められていないんだと思います。

ただ、現在の不満のある状態から抜け出したいと考えているならばいずれは辞めるという選択をしなくてはなりません。

あらためて考えてみましょう。

辞めたいと思っている理由が本当に甘えではないのか、転職すれば解決できるのか、現在当然のようにあることを失っても問題はないのか。

その上で本当に辞めるのか、それとも辞めないのか決めてみてください。

もし辞めると決まったら、後は必要なのは覚悟と勇気です。転職が100%成功するとは限らない以上、必ず必要です。

転職成功に向けて

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見ると価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。成功実績はNo.1ですから安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントで結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動では最初はまず大手。あえて大手を外す意味はないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、転職サイトとして登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの転職サイトであり、DODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職サイトなら国内No1であるリクナビNEXTもおすすめ。

求人量、スカウト機能、診断テストなどが他に比べて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うことで幅広く求人をチェックできます。

転職希望者の8割の人が登録するという実績もあり、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えとかなり高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にもtype転職エージェントJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

関連:会社を退職して後悔する人の特徴。退職してよかったと思うには?

関連:大企業から中小企業への転職の成功事例、失敗事例。



このページの先頭へ