各データから見るホワイト企業の多い業界。業界が違えば条件は全然違う!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

各データから見るホワイト企業の多い業界。業界が違えば条件は全然違う!

給料が高くて休みが多い、サービス残業はなく長時間労働もない。そんなホワイト企業で働きたいと考えるのは当然のこと。

ただ同業他社に転職することを考えても、中々良い企業は見つからないという人も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、待遇等は業界によって大きく異なり、同じ業界内ではどうしても似たりよったりになってしまう為です。

そこで今回は各種データからホワイト企業の多い業界を紹介していくことにします。

関連:他業種への転職を怖がるな!業界を変えてこそ得られるものが多い

関連:飲食業、小売業を辞めたい!他業種に転職することは可能?

ホワイト企業の多い業界の特徴

まずはホワイト企業の多い業界の特徴について紹介していきます。

平均年収が高い

平均年収は高いにこしたことありませんが、業界によって平均年収は大きく異なります。

単純にお金をたくさん貰えるというのも一つのメリットではありますが、平均年収が高いということはそれだけ利益をしっかり社員に還元しているということであり、労働者のことをしっかり考えてくれている企業であるということも伺いしれます。

年間休日数が多い

法律上義務付けられている休日数は週1回、もしくは4週に4日。1年間で考えると52日間になります。

ただ残業を除いた1週間あたりの所定労働時間は週40時間と定められている為、1日8時間勤務とした場合の最低年間休日数は105日となります。

ただ企業によってはこの最低限の日数では足りないと考え休日を増やしてくれている企業も多く、年間休日数が120日以上というのがホワイト企業かどうかの一つの指標になっていますね。

この年間休日数も業界によってかなり異なる部分。

業界自体の平均が120日以上となっている業界もあれば、100日程度しかない業界もあります。

有給休暇取得日数が多い

有給休暇は労働者の権利であり、会社は取得することを拒否することはできません。

ただ現実は中々取りにくく、せっかく休むことができる権利を持っているのに使わないまま消えていってしまっている人もたくさんいるでしょう。

有給休暇の付与日数は半年働いた時点で10日、そこから1年ごとに増えていき、6年半以上働いた場合には最低20日付与されます。

しかし取得日数の平均は8.8日、少ない業界だと5日程度しかありません。

離職率が低い

ホワイト企業かブラック企業かを判断に離職率は非常に有効な数値です。

休みや給料、残業の多さやサービス残業の有無など総合的に見て労働者にとって働きやすい会社ならその会社を辞める人は少なくなるので離職率は低くなるし、逆に労働者にとって働きにくい会社なら社員が次から次へと会社を辞めていくので離職率は高くなります。

新卒3年以内の平均離職率は大卒で3割程度となりますが、業界によってこの数字は大きく異なります。

福利厚生が充実している

社会保険等の法律で義務付けられた法定福利を除くと、企業にとってわざわざする必要はありませんが、従業員の生活や働きやすさを確保する為、わざわざお金をかけて実施しています。

当然福利厚生が充実している企業の方が社員のことを考えた会社である可能性が高いですね。

ただし中には住宅手当や家族手当等の福利厚生には不公平感があると考え、福利厚生を廃止してその分社員に給料として還元するという企業もあるので、充実していないからといって必ずしもホワイト企業ではないというわけではありません。

業界別の各種データ

ではここから各種データを業界別にみていきましょう。

平均年収

国税庁の「民間給与実態統計調査結果」によると、業種別の平均年収は以下の通りになっています。

  • 建設業:468万円
  • 製造業:490万円
  • 電気・ガス・水道業:715万円
  • 情報通信業:575万円
  • 運輸業:414万円
  • 卸売業、小売業:358万円
  • 金融業、保険業:639万円
  • 不動産業:424万円
  • 宿泊業、飲食サービス業:236万円
  • 生活関連サービス業、娯楽業:425万円
  • 教育、学習支援業:501万円
  • 医療、福祉:388万円

最も平均年収が高いのは電気・ガス・水道業。最下位の宿泊・飲食サービス業と比べると3倍以上になっています。

年間休日数

厚生労働省の就労条件総合調査結果によると、業界別の平均年間休日数は以下の通りになっています。

  • 建設業:111.9日
  • 製造業:117.7日
  • 電気・ガス・水道業:122.0日
  • 情報通信業:122.2日
  • 運輸業:103.2日
  • 卸売業、小売業:111.1日
  • 金融業、保険業:120.2日
  • 不動産業:114.1日
  • 宿泊業、飲食サービス業:101.9日
  • 生活関連サービス業、娯楽業:103.1日
  • 教育、学習支援業:114.6日
  • 医療、福祉:112.6日

業界によって20日間以上も開きがあることがわかります。

20日間となると月1~2日。これってだいぶ大きいですよね。

有給休暇取得日数

厚生労働省の就労条件総合調査結果によると、業界別の有給休暇取得日数は以下の通りになっています。

  • 建設業:6.8日
  • 製造業:10.4日
  • 電気・ガス・水道業:13.8日
  • 情報通信業:10.7日
  • 運輸業:8.5日
  • 卸売業、小売業:6.4日
  • 金融業、保険業:9.5日
  • 不動産業:7.1日
  • 宿泊業、飲食サービス業:5.2日
  • 生活関連サービス業、娯楽業:6.2日
  • 教育、学習支援業:7.6日
  • 医療、福祉:8.4日

毎年10日以上有給休暇を取ることができている企業もちらほらありますね。

離職率

厚生労働省の新規学卒社の離職状況によると、大卒新卒者の3年以内離職率は以下の通りになっています。

  • 建設業:30.4%
  • 製造業:18.7%
  • 電気・ガス・水道業:8.5%
  • 情報通信業:24.5%
  • 運輸業:26.0%
  • 卸売業:28.5%
  • 小売業:37.5%
  • 金融業、保険業:21.0%
  • 不動産業:35.9%
  • 宿泊業、飲食サービス業:50.5%
  • 生活関連サービス業、娯楽業:47.9%
  • 教育、学習支援業:47.3%
  • 医療、福祉:38.4%

業界によってかなり差があることが見受けられますね。

データから見るホワイト企業の多い業界

これらのデータから考えるとホワイト企業の多い業界として以下の4つが挙げられます。

  • 電気・ガス・水道業
  • 情報通信業
  • 金融業、保険業
  • 製造業

やっぱりインフラ系は強いですね。給料も高くて休みが多い。労働者にとっては働きやすい業界だと思います。

情報通信業は電話等の通信関係、テレビ局などの放送関係、インターネット事業等がこれに当たりますが、数値としてかなり他の業界よりも良いことがわかります。ただこの業界は会社によってかなり差が大きいかもしれません。

製造業は業界全体としてかなり働きやすい環境ではあるものの、どんな製品を扱っているかによってもその様相は変わります。

例えば自動車業界だと有給休暇はかなり取りやすい傾向にあったり、平均年収もそれぞれのメーカーによって差が大きいです。

業界によって大きな差がある理由

業界によって、平均年収は3倍以上、年間休日数では20日以上、有給休暇取得日数は8日以上とかなり大きな差があることがわかりました。

なぜ業界が違うことでここまで大きな差が生まれてしまうのでしょうか。

1人あたりの利益率

労働者1人当たりの利益率が高ければ、その分社員に還元することができるお金は増えます。

また会社としても余裕を持つことができる為、休日数を増やしたり、福利厚生を充実させたりといったことにもつながります。

逆に利益率が低いと、少しでも利益率を上げようと少ない給料でできるだけ働かせることにつながってしまい、ホワイト企業とはかけ離れていってしまいます。

参入障壁

莫大なお金がかかる、高い技術力が必要などの理由から参入障壁が高くなっている場合だと競合となる会社も少なくなる為、厳しい価格競争にならずに済みますし会社としての安定性も高くなります。

また技術力が必要となる会社では社員の代わりがいくらでもいるわけではないので、優秀な人材を確保する為、そして社員を定着させる為に年収や休日、福利厚生によって働きやすい環境を作っている場合が多くなります。

労働組合

労働組合は会社ごとだけではなく産業別にもあります。

その組合が強ければ、業界としての労働条件決定に大きな影響を及ぼすことになります。

ただ日本では一般的に企業別の労働組合の権限が大きい為、重要度はそちらの方が高いのです。

ホワイト企業で働きたいなら他業界に転職することも考えよう

もしあなたが今の待遇、働き方等に不満を感じているならば、ぜひ他業界への転職を検討してみてください。

視野を同業界の範囲に狭めてしまっていてはだめです。

業界が変われば大きく変わる可能性があります。

実際、全く未経験の職種に転職したにも関わらず業界を変えたことで年収は増え、休みも増えたという人だっています。

一度どういった業界が良いか、転職エージェントに相談してみるといいでしょう。全然違う業界でも、あなたの希望にあった業界を提案してくれるかもしれません。

ただ転職サイトをのぞいてみただけでも色々と発見があるかもしれません。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ