転職するなら若いうちが有利であるという意味の正しさと間違い

転職するなら若いうちが有利であるという意味の正しさと間違い

転職するなら若いうちにすべきだ、若い方が有利だ。そんなことを聞いたことがある人は多いと思います。

ただこれに関しては正しい部分がある一方で、実はそうではない部分もあるので勘違いしてはいけません。

そこで今回は若いうちに転職することの有利なこととそうではないこと、そして絶対に間違ってはいけない考え方を紹介します。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:仕事を辞めたい新卒者が知っておきたい仕事のことと将来の為の転職準備行動。

若いうちに転職することの有利なこととそうではないこと

転職において年齢は間違いなく大きな影響を及ぼすものです。

経験、実績、スキルなど中途採用では重要だとされているものが色々とありますが、それよりもずっと重要になる場合だって多々あります。

ただどんな場合においても若ければ良いというわけではありません。

若いうちに転職することにはもちろん良いことが多いのですが、そうではないこともあるのです。

求人数が多く、転職がしやすい

若いうちに転職する一つ目の有利な点は、求人数が多く転職がしやすい点にあります。

未経験者採用だと30歳前後で年齢層をかしている場合も多いですし、経験者採用であってもターゲット層は若いことが多いです。

スキルが高くて年齢が高い人材と、スキルが低くて年齢が低い人材ではそもそも同じ場で採用枠を争うなんてことはあまりありません。

たいていはあらかじめどういった人材を採用するかは決めていて、どちらが多いかというともちろん後者。

転職市場で需要が高いのは圧倒的に若い人材なのです。

20代、30代、40代と年齢が高くなるにつれて求人数は明らかに少なくなり、選択肢の幅は減り、転職もしにくくなります。

それは数字上でも明らか。20代の平均応募社数は15社で9割が3ヶ月以内に転職先が決まっているのに対し、30代は18社で3ヶ月以内に転職先が決まっているのは8割、40代になると23社で3ヶ月以内に転職先が決まっているのは6割程度になっているのです。

失敗してもやり直しがきく

若いうちに転職する有利な点のもう一つが、万が一転職に失敗してもやり直しがきくチャンスがあるということ。

転職後すぐに退職してしまうとその職歴が転職活動では不利になてしまう要因になりますが、数年勤めれば再度の転職も十分可能。

転職はそれなりに成功率が高いものとは言え、失敗するリスクをゼロにはできないもの。

だからこそ失敗してもやり直しがきくというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

転職後の苦労が少ない

転職後の苦労が少ないというのも若いうちに転職する良い点です。

新しい仕事を覚えるのだって、新しい人間関係を築くのだって、やっぱり若いうちの方がスムーズです。

また周りも若い人にほど優しく、年齢が高くなるにつれて厳しくなるものですね。

高スキルを求められる仕事には転職できない

では次に若いうちに転職することのむしろ良くない点。

その一つ目が高スキルを求められる仕事には転職することができないという点です。

いくら優秀でもスキル面、実績面では劣ってしまう為、そういった層をターゲットとしている転職はできません。

高いスキルを持っている人はヘッドハンティングされて転職する場合もありますが、ヘッドハンティングされる年齢としても多いのは40代から50代、30代だと少なくなり20代だとかなり少ないです。

こういった転職は年収が大幅アップする場合も多く、年収が500万円以上アップするような人もいますが、若いうちだと上がってもせいぜい100万円程度にとどまってしまいます。

安易な転職に走りやすい

若いうちは非現実的な夢を抱いてしまったり、転職がしやすいので安易な転職に走りやすいという点が良くない点の一つとして挙げられます。

もちろん全員がというわけではありません。しっかり考えた末に転職を決断している人もたくさんいます。

ただ傾向として若いということによって勘違いしてしまうことも多いので注意しなくてはなりません。

若いうちだからとなんでも許されるわけではないので注意

若いうちは転職がしやすいというのは確かなこと。

ただ若いからという理由で勘違いしてはいけないことがいくつかあります。

転職を繰り返してしまうのは大きなデメリットになる

若いうちには何でも経験するべきだ、失敗してもやり直せるからと転職を繰り返してしまうことは避けなくてはいけないことです。

いくら若いと言えども短期間で転職を繰り返していると、その職歴が今後あなたにとって悪影響を及ぼすことになります。

20代ならば転職は2回まで、30代なら転職は3回までを一つの目安として、転職するならこの会社で長く働くのだという覚悟を持って行わなくてはなりません。

とりあえずこの会社でいいだろう、この仕事でいいだろうという安易な考え方は決して持たないようにしてください。

会社に勤める以上は貢献しなくてはならない

若いうちならば仕事をできないのも仕方がない、できなくても周りが助けてくれるなんて考え方は持ってはいけないし、仕事に理想を抱きすぎることも避けた方が良いです。

会社に勤めて給料を貰う以上はそれなりに貢献しなくてはいけません。若いからと言ってできなくても仕方がないなんてことはないのです。

そしてそれなりに貢献しようと思えば苦労することだってあるし、嫌なことをしなくてはいけないことだってあります。

未経験だから仕方がないと思うのではなく、未経験者なりに最大限できることをしながら極力早く仕事を覚えるように努力をする。そうしなければ何度転職しても良い転職にはならないでしょう。

自分の価値を勘違いしてはいけない

自分は価値を勘違いして、必要以上に高く考えてしまうのは避けましょう。

若いことは転職では武器になりますが、決して価値が高いというわけではなく、これから先自分の価値を高めていくような努力をしなければ若い時の行動に後悔することになってしまうでしょう。

若いうちに転職する場合もよく考えた上で行うことが大切

若いうちの転職は確かに有利な部分が多く、特に職種を変える場合なら若いうちに転職しておくべきです。

しかし転職する際にはしっかり考えて行い、決して間違った判断をしないよう慎重に進めていきましょう。

そうすればきっと将来、若いうちに転職しておいて良かったと思えることができるはずです。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ