転職するなら若いうちが有利であるという意味の正しさと間違い

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

転職するなら若いうちが有利であるという意味の正しさと間違い

転職するなら若いうちにすべきだ、若い方が有利だ。そんなことを聞いたことがある人は多いと思います。

ただこれに関しては正しい部分がある一方で、実はそうではない部分もあるので勘違いしてはいけません。

そこで今回は若いうちに転職することの有利なこととそうではないこと、そして絶対に間違ってはいけない考え方を紹介します。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:仕事を辞めたい新卒者が知っておきたい仕事のことと将来の為の転職準備行動。

若いうちに転職することの有利なこととそうではないこと

転職において年齢は間違いなく大きな影響を及ぼすものです。

経験、実績、スキルなど中途採用では重要だとされているものが色々とありますが、それよりもずっと重要になる場合だって多々あります。

ただどんな場合においても若ければ良いというわけではありません。

若いうちに転職することにはもちろん良いことが多いのですが、そうではないこともあるのです。

求人数が多く、転職がしやすい

若いうちに転職する一つ目の有利な点は、求人数が多く転職がしやすい点にあります。

未経験者採用だと30歳前後で年齢層をかしている場合も多いですし、経験者採用であってもターゲット層は若いことが多いです。

スキルが高くて年齢が高い人材と、スキルが低くて年齢が低い人材ではそもそも同じ場で採用枠を争うなんてことはあまりありません。

たいていはあらかじめどういった人材を採用するかは決めていて、どちらが多いかというともちろん後者。

転職市場で需要が高いのは圧倒的に若い人材なのです。

20代、30代、40代と年齢が高くなるにつれて求人数は明らかに少なくなり、選択肢の幅は減り、転職もしにくくなります。

それは数字上でも明らか。20代の平均応募社数は15社で9割が3ヶ月以内に転職先が決まっているのに対し、30代は18社で3ヶ月以内に転職先が決まっているのは8割、40代になると23社で3ヶ月以内に転職先が決まっているのは6割程度になっているのです。

失敗してもやり直しがきく

若いうちに転職する有利な点のもう一つが、万が一転職に失敗してもやり直しがきくチャンスがあるということ。

転職後すぐに退職してしまうとその職歴が転職活動では不利になてしまう要因になりますが、数年勤めれば再度の転職も十分可能。

転職はそれなりに成功率が高いものとは言え、失敗するリスクをゼロにはできないもの。

だからこそ失敗してもやり直しがきくというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

転職後の苦労が少ない

転職後の苦労が少ないというのも若いうちに転職する良い点です。

新しい仕事を覚えるのだって、新しい人間関係を築くのだって、やっぱり若いうちの方がスムーズです。

また周りも若い人にほど優しく、年齢が高くなるにつれて厳しくなるものですね。

高スキルを求められる仕事には転職できない

では次に若いうちに転職することのむしろ良くない点。

その一つ目が高スキルを求められる仕事には転職することができないという点です。

いくら優秀でもスキル面、実績面では劣ってしまう為、そういった層をターゲットとしている転職はできません。

高いスキルを持っている人はヘッドハンティングされて転職する場合もありますが、ヘッドハンティングされる年齢としても多いのは40代から50代、30代だと少なくなり20代だとかなり少ないです。

こういった転職は年収が大幅アップする場合も多く、年収が500万円以上アップするような人もいますが、若いうちだと上がってもせいぜい100万円程度にとどまってしまいます。

安易な転職に走りやすい

若いうちは非現実的な夢を抱いてしまったり、転職がしやすいので安易な転職に走りやすいという点が良くない点の一つとして挙げられます。

もちろん全員がというわけではありません。しっかり考えた末に転職を決断している人もたくさんいます。

ただ傾向として若いということによって勘違いしてしまうことも多いので注意しなくてはなりません。

若いうちだからとなんでも許されるわけではないので注意

若いうちは転職がしやすいというのは確かなこと。

ただ若いからという理由で勘違いしてはいけないことがいくつかあります。

転職を繰り返してしまうのは大きなデメリットになる

若いうちには何でも経験するべきだ、失敗してもやり直せるからと転職を繰り返してしまうことは避けなくてはいけないことです。

いくら若いと言えども短期間で転職を繰り返していると、その職歴が今後あなたにとって悪影響を及ぼすことになります。

20代ならば転職は2回まで、30代なら転職は3回までを一つの目安として、転職するならこの会社で長く働くのだという覚悟を持って行わなくてはなりません。

とりあえずこの会社でいいだろう、この仕事でいいだろうという安易な考え方は決して持たないようにしてください。

会社に勤める以上は貢献しなくてはならない

若いうちならば仕事をできないのも仕方がない、できなくても周りが助けてくれるなんて考え方は持ってはいけないし、仕事に理想を抱きすぎることも避けた方が良いです。

会社に勤めて給料を貰う以上はそれなりに貢献しなくてはいけません。若いからと言ってできなくても仕方がないなんてことはないのです。

そしてそれなりに貢献しようと思えば苦労することだってあるし、嫌なことをしなくてはいけないことだってあります。

未経験だから仕方がないと思うのではなく、未経験者なりに最大限できることをしながら極力早く仕事を覚えるように努力をする。そうしなければ何度転職しても良い転職にはならないでしょう。

自分の価値を勘違いしてはいけない

自分は価値を勘違いして、必要以上に高く考えてしまうのは避けましょう。

若いことは転職では武器になりますが、決して価値が高いというわけではなく、これから先自分の価値を高めていくような努力をしなければ若い時の行動に後悔することになってしまうでしょう。

若いうちに転職する場合もよく考えた上で行うことが大切

若いうちの転職は確かに有利な部分が多く、特に職種を変える場合なら若いうちに転職しておくべきです。

しかし転職する際にはしっかり考えて行い、決して間違った判断をしないよう慎重に進めていきましょう。

そうすればきっと将来、若いうちに転職しておいて良かったと思えることができるはずです。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ



このページの先頭へ