うざい上司の特徴や対処法、もう辞めたい、転職したいと思ったら要チェック

チェック!

転職を少しでも考えたらチェック、転職者の8割が利用する転職サイト

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」と思ったらオファーを待つだけでも良し。

※1:利用可能サービス
 求人検索・応募、スカウト機能、強み・市場価値診断、転職ノウハウ等
※2:利用対象者
 職種・正社員経験有無、年齢制限なし。誰でも利用可。

 

うざい上司の特徴や対処法、もう辞めたい、転職したいと思ったら要チェック

あなたの職場にうざい上司っていませんか?それが直属の上司だと、会社に行くのが苦痛で仕方ありませんよね。

ただ、上司がうざいからと言って上司を変えてもらうことができるなんてことはほぼできません。

その為、中には上司のあまりのうざさにもう会社を辞めたい、転職したいと思っている人もいるかもしれません。

では、もしうざい上司が身近にいる場合、会社を辞める以外にどういった対処法があるでしょうか。

関連:職場ですぐ怒る人の特徴。怒りっぽい上司への対処法とは?

関連:会社で上司に怒られやすい人の性格や特徴

関連:上司が嫌いで仕方ない、もう辞めたいと思った時の対処法

うざい上司の特徴

まずは、職場によくいるうざい上司の特徴を紹介してみます。あなたの身近にこんな上司はいませんか?

やたら細かい

仕事のやり方、服装、態度などについてやたら細かい上司ってうざいですよね。

実際に仕事をしている立場からすればたいして影響もないことなのに、全てを自分が思った通りに進めたいが為に小さなことまでやたら細かく指示してくる上司がいます。

そのせいで仕事量が増えてしまっているという人も多いのではないでしょうか。

もちろん、そのせいで仕事が増えても他の仕事を減らしてくれるわけではありませんよね。

機嫌が態度にでる

機嫌が良い時はいいんだけど、機嫌が悪い時にあからさまに態度にだす上司もかなりうざいですよね。

誰だって、調子の良い時もあれば悪い時だってあります。眠たい時だってあれば、イライラしている時だってあります。

けど、みんなそれを我慢して働いているんです。

それが、ちょっと上の立場にたったからといっていつの間にか我慢することをしなくなり、うざい人に変わってしまう人もいます。

ほんと、仕事を進める中でも迷惑なだけですよね。

ボディタッチが多い

コミュニケーションの一つなのかなんなのか、やたらボディタッチをしてくる上司いますよね。

特に女性はうざいと思うかもしれません。ひどい場合はセクハラだと感じてしまう人もいるでしょう。

ただ、上司自身は悪意なくやっている場合も少なくありません。

その為、うざがられているなんて全く思っていないことも多いのです。

自慢話が多い

上司から過去の武勇伝を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

これもはっきりいってうざいですよね。

1、2回程度ならまだしも、事あるごとにやたら話してくる上司は目もあてられません。

残業は何時間やったことがあるだの、新入社員でも一人で何とかしただの、そんなこと聞いてもはっきり言って尊敬なんてするわけありませんよね。

仕事に関係ないことでもやたら絡んでくる

仕事のことならまだしも、仕事に関係ないことにもやたら絡んできたり、飲みに誘ってきたりする上司も正直うざいですね。

上司としては、部下とできるだけ仲良くしようと思っているのかもしれませんが、下の立場からしてみれば一緒にいる限り気を使わなくてはならないし、疲れるだけのこと。

良かれとやっているかもしれませんが、もう少し下の立場の人の気持ちも考えてもらいたいものです。

過剰に厳しい

やたら厳しい上司もできることなら絡みたくない存在。

ちょっとしたミスでも厳しく突っついてきたり、簡単に怒鳴ってきたり。

厳しさが度を越して、パワハラになってしまっている場合も多々あり、大きなストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

しつこい

一度のミスに対して嫌味を何度も言ってきたり、同じ話を何度もしてきたりと、一つのことを一回で終わらせずにしつこく言ってくる上司もかなりうざいです。

上司に限らず、しつこい人間というのは嫌われるもの。ずるずる引きずるの辞めてもらいたいものです。

何でも決めつける

やってもいないうちから、どうせ失敗するからなんていう風に決めつける上司がいます。

確かに、これまでの経験から色々考えてそんな風に思っているのかもしれません。

ただ、少なくとも言い方は気を付けて欲しいものです。

うざい上司の対処法

さて、問題は上司がうざかったらどうすればいいかということ。

いくつか対処法を紹介していきましょう。

話しは軽く聞き流す

うざい上司の話は、適当に聞き流しましょう。

一つ一つ聞いていても、ストレスがたまるだけだし、何でもかんでも対応していては時間がいくらあっても足りません。

そういう性格の人なんだと割り切って、話は軽く聞き流し、自分のやるべきことを自分で判断し集中するようにしてみましょう。

あえて仲良くする

上司がうざくて仕方なくても、あえて仲良くしてみるというのも一つの方法。

そうすることで、面倒なことを言ってこなくなる場合もありますし、上司がそんな風に言ってくる真意に気づくことができたりもします。

意外なことに、ちゃんと話してみると良い上司だったなんて場合もあるのです。

それとなく気づかせる

うざい上司であっても、上司自身は自分のやっていることがうざいと思われているなんて全く思わず、むしろ自分は良い上司だなんていう風に思っている場合もあります。

もちろん、上司ですから面とむかってうざいと言ったり、無視したりなんてことはできません。

ただ、うざがられているのではないかとほんの少しだけ思わせるようなきっかけを作ると、それだけでうざい行動が少なくなることがあります。

とりあえず謝っておく

やたら厳しかったり、しつこかったりする上司に対しては、もし不満があってもとりあえず謝っておくのが話を早く終わらせる一つの方法です。

そういう上司は、反抗したら余計にひどくなるし、謝らないと納得しない場合がほとんどです。

限界まで我慢し続けてはいけない

上司がうざいと、それだけで本当に大きなストレスです。

いつまでも同じ上司であることは少ないということや、たった一人の上司が原因で仕事を辞めることは馬鹿らしいと思うことで、仕事を辞めるのではなく、ただ我慢することを選ぶ人も少なくありません。

もちろん、上司がうざいと思う度に会社を辞めていると、仕事を長く続けることなんてできません。

とは言え、あまりにもひどい上司にあたり、限界になるまで我慢することは間違っています。

場合によってはどうしようもない場合もあるのです。

もし、もう無理だ、限界だと感じたら時には仕事を変えることも考えてみましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:ブラック上司の実態、会社がホワイトでも上司がブラックだと意味なし

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:職場のモラハラにはどう対策すればいい?モラハラの問題点と対策方法



このページの先頭へ