退職理由で嘘をついた時、万が一ばれたらどうなる?実際にばれた人の体験談

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

退職理由で嘘をついた時、万が一ばれたらどうなる?実際にばれた人の体験談

いざ退職しようと心に決めても、実際に上司に退職することを伝えるのはかなり勇気のいること。できるだけスムーズに、トラブルなく円満に終わらせたいですよね。

その為に一番重要となるのが退職理由です。

仕事がつまらない、上司や先輩と上手くいかずにしんどい、給料が少なすぎる。そんな本当の退職理由なんてまさか言えるはずもなく、とりあえず嘘でもいいからそれらしい退職理由を考える必要があります。

ただ、あまりに盛大な嘘をついてしまうと、本心を言ったときよりももっと面倒なことに巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

関連:ブラック企業を辞めたい人が知っておくべき辞め方やその後の転職について

関連:一身上の都合により退職、この退職理由はどんな時に使っていい?

法律上はそもそも退職理由を述べる必要はない

まず法律的なことを言うと、退職理由をわざわざ言う必要なんてありません。

退職届に書くのは「一身上の理由」で十分だし、上司に聞かれても言いたくなければ言わなければいいだけ。

労働基準法上、正社員などの無期雇用者の場合は退職の2週間以上前に退職することを伝える必要があることを定められているだけで、退職理由に関しては問われていません。

ただ、これは建前であって言わなくてもいいかと言うとそういうわけにはいかないというのが実際のところ。

上司に退職することを伝えたらやっぱり理由は聞かれるし、そこで言いたくないなんて言ってしまえば無駄に相手の気持ちを害してしまうだけであり、やっぱり何か理由を言わなくてはいけなくなるのが普通です。

万が一嘘がばれたらどうなる?

万が一嘘をつてそれがばれたとしても、退職できなくなることもなければ嘘をついたことに損害賠償を請求されるなんてこともありません。

ですからそこまで深刻に考える必要はないんですが、万が一嘘がばれた時のことは気を付けておかなくてはなりません。

退職までは最低でも2週間、長ければ1ヶ月から2ヶ月程度あります。途中でばれてしまうとその期間を過ごすことが苦痛で仕方なくなりますからね。

今回は、実際に退職理由の嘘がばれてしまった人に体験談を紹介していきます。

辞める前にバレて嫌がらせをうけた

こっそり転職活動をして内定先が決まった私は、上司に退職を告げる際にまさか転職するからとは言えずに、退職理由は旦那の転勤ということにしました。まあ退職後にどこかでばったり会ってもその場しのぎでなんとかなるだろうと思ってました。

しかし、思わぬところで同僚に転職がばれてしまい、本当の退職理由が転職であることが上司に伝わったんです。

思わぬところというのは居酒屋。近くに同僚がいたことに気が付かなかった私が友人に転職する話をしていたことを聞かれてしまったんです。

その後わざわざ呼び出されたといったことはなかったのですが、1週間後にあった職場の送別会で、上司に「本当は転職するんでしょ?」と聞かれてしどろもどろになるしかない始末。

その後の残りの会社生活は中々厳しいもので、上司に嫌味を言われたり、面倒な仕事を押し付けられたりもしてかなり辛かったですね。

お祝い金を貰ってしまった

結婚するので退職します。そんな嘘をついてしまった私は退職理由をそんな理由にしてしまったことに大後悔しました。

別に仲良い同僚も、プライベートでつながっている同僚もいなかったので単なる寿退社だと割とスムーズにいくかなと思っていたんです。

ただ、この理由は絶対に辞めたほうがいいですよ。

辞めるまでに色々な人からおめでとうと言われてなんかみじめになってくるし、一番大変だったのが最終出社日に上司や同僚から結婚祝いを貰ってしまったこと。

結局その後になんとかお祝い金はお返しさせてもらって、ことなきを得ましたが退職理由はその場で終わるような利用にしておくことをおすすめします。

ばれなかったけど、嘘をつき続けることが辛すぎた

会社に隠してこっそり副業を行っていた私は、それが順調になってきたので一大決心して独立することに。

副業禁止の中でやっていたこともあったし、正直に言って退職金が貰えなくなっても嫌だったので。退職理由としてそんなこと言えずに、退職理由はとりあえず親の会社を継ぐからってことにしました。ちょうど親も会社経営していたのでちょうど良かったんです。

すると、色々な人から「親の会社は何やってるの?」なんて言う風に聞かれるんですよ。とりあえず適当に答えてはいたんですが、さすがにたくさんの人に嘘をつきすぎてしんどすぎました。

最終的には退職後に割と仲良かった人たちには正直に話をしましたね。最終的には笑ってくれたのでよかったですが、もう少しありきたりで特に質問されないような理由にしておけばよかったなあと後悔です。

ばれない嘘にしておくことが重要

退職理由で正直に伝えてしまうと、上司の気分を害して残りの会社生活が面倒なことになる可能性もあるし、強い引き止めにあう可能性もあるので、嘘をつくことは全く問題ありません。

ただ、今後の影響も考えてあまりにばれやすかったり、色々と言われる可能性のある嘘は辞めておいたほうが無難ですね。

また、嘘をついたらついたで、ばれないように気をつけておくことも必要です。

同僚につい話したり、誰かに聞かれているかもしれない場所で気を抜いてしまうと、どんなばれない理由にしたところで結局はばれてしまって退職までの日々が辛いものになる可能性もありますから注意しましょう。

それだけ気を付ければ退職なんて恐れるものではありません。

思い切って退職してもっと自分の希望が叶えることができる会社でより良い会社生活を送りましょう。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:仕事を辞めることを上司にメールで伝えても大丈夫?そのメリット、デメリットとは

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。



このページの先頭へ