退職理由で嘘をついた時、万が一ばれたらどうなる?実際にばれた人の体験談

退職理由で嘘をついた時、万が一ばれたらどうなる?実際にばれた人の体験談

いざ退職しようと心に決めても、実際に上司に退職することを伝えるのはかなり勇気のいること。できるだけスムーズに、トラブルなく円満に終わらせたいですよね。

その為に一番重要となるのが退職理由です。

仕事がつまらない、上司や先輩と上手くいかずにしんどい、給料が少なすぎる。そんな本当の退職理由なんてまさか言えるはずもなく、とりあえず嘘でもいいからそれらしい退職理由を考える必要があります。

ただ、あまりに盛大な嘘をついてしまうと、本心を言ったときよりももっと面倒なことに巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

関連:ブラック企業を辞めたい人が知っておくべき辞め方やその後の転職について

関連:一身上の都合により退職、この退職理由はどんな時に使っていい?

法律上はそもそも退職理由を述べる必要はない

まず法律的なことを言うと、退職理由をわざわざ言う必要なんてありません。

退職届に書くのは「一身上の理由」で十分だし、上司に聞かれても言いたくなければ言わなければいいだけ。

労働基準法上、正社員などの無期雇用者の場合は退職の2週間以上前に退職することを伝える必要があることを定められているだけで、退職理由に関しては問われていません。

ただ、これは建前であって言わなくてもいいかと言うとそういうわけにはいかないというのが実際のところ。

上司に退職することを伝えたらやっぱり理由は聞かれるし、そこで言いたくないなんて言ってしまえば無駄に相手の気持ちを害してしまうだけであり、やっぱり何か理由を言わなくてはいけなくなるのが普通です。

万が一嘘がばれたらどうなる?

万が一嘘をつてそれがばれたとしても、退職できなくなることもなければ嘘をついたことに損害賠償を請求されるなんてこともありません。

ですからそこまで深刻に考える必要はないんですが、万が一嘘がばれた時のことは気を付けておかなくてはなりません。

退職までは最低でも2週間、長ければ1ヶ月から2ヶ月程度あります。途中でばれてしまうとその期間を過ごすことが苦痛で仕方なくなりますからね。

今回は、実際に退職理由の嘘がばれてしまった人に体験談を紹介していきます。

辞める前にバレて嫌がらせをうけた

こっそり転職活動をして内定先が決まった私は、上司に退職を告げる際にまさか転職するからとは言えずに、退職理由は旦那の転勤ということにしました。まあ退職後にどこかでばったり会ってもその場しのぎでなんとかなるだろうと思ってました。

しかし、思わぬところで同僚に転職がばれてしまい、本当の退職理由が転職であることが上司に伝わったんです。

思わぬところというのは居酒屋。近くに同僚がいたことに気が付かなかった私が友人に転職する話をしていたことを聞かれてしまったんです。

その後わざわざ呼び出されたといったことはなかったのですが、1週間後にあった職場の送別会で、上司に「本当は転職するんでしょ?」と聞かれてしどろもどろになるしかない始末。

その後の残りの会社生活は中々厳しいもので、上司に嫌味を言われたり、面倒な仕事を押し付けられたりもしてかなり辛かったですね。

お祝い金を貰ってしまった

結婚するので退職します。そんな嘘をついてしまった私は退職理由をそんな理由にしてしまったことに大後悔しました。

別に仲良い同僚も、プライベートでつながっている同僚もいなかったので単なる寿退社だと割とスムーズにいくかなと思っていたんです。

ただ、この理由は絶対に辞めたほうがいいですよ。

辞めるまでに色々な人からおめでとうと言われてなんかみじめになってくるし、一番大変だったのが最終出社日に上司や同僚から結婚祝いを貰ってしまったこと。

結局その後になんとかお祝い金はお返しさせてもらって、ことなきを得ましたが退職理由はその場で終わるような利用にしておくことをおすすめします。

ばれなかったけど、嘘をつき続けることが辛すぎた

会社に隠してこっそり副業を行っていた私は、それが順調になってきたので一大決心して独立することに。

副業禁止の中でやっていたこともあったし、正直に言って退職金が貰えなくなっても嫌だったので。退職理由としてそんなこと言えずに、退職理由はとりあえず親の会社を継ぐからってことにしました。ちょうど親も会社経営していたのでちょうど良かったんです。

すると、色々な人から「親の会社は何やってるの?」なんて言う風に聞かれるんですよ。とりあえず適当に答えてはいたんですが、さすがにたくさんの人に嘘をつきすぎてしんどすぎました。

最終的には退職後に割と仲良かった人たちには正直に話をしましたね。最終的には笑ってくれたのでよかったですが、もう少しありきたりで特に質問されないような理由にしておけばよかったなあと後悔です。

ばれない嘘にしておくことが重要

退職理由で正直に伝えてしまうと、上司の気分を害して残りの会社生活が面倒なことになる可能性もあるし、強い引き止めにあう可能性もあるので、嘘をつくことは全く問題ありません。

ただ、今後の影響も考えてあまりにばれやすかったり、色々と言われる可能性のある嘘は辞めておいたほうが無難ですね。

また、嘘をついたらついたで、ばれないように気をつけておくことも必要です。

同僚につい話したり、誰かに聞かれているかもしれない場所で気を抜いてしまうと、どんなばれない理由にしたところで結局はばれてしまって退職までの日々が辛いものになる可能性もありますから注意しましょう。

それだけ気を付ければ退職なんて恐れるものではありません。

思い切って退職してもっと自分の希望が叶えることができる会社でより良い会社生活を送りましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他の転職サイト、転職エージェントとしては同様の規模であるDODA、業界3位のJAC Recruitment 、第二新卒向けの第二新卒エージェントNEOといった所もあるので、併せて使ってみるといいかもしれません。

関連:仕事を辞めることを上司にメールで伝えても大丈夫?そのメリット、デメリットとは

関連:退職理由の具体例。転職面接時と自分の会社に伝える時。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ