転職で年収アップさせる為の7つの方法。給料を増やしたい人は要確認。

人のためになる仕事、世の中のためになる仕事に転職したいと思った時の仕事の見つけ方

もっと給料を貰いたい!年収アップしたい!そう思うのは当然のこと。

しかし、ほとんどの会社ではいくら成果をあげてもそこまで昇給することはなく、唯一年収アップを期待できる出世も時間が掛かってしまったり、それどころか出世できたとしてもたいして給料が増えないことも多々あります。

その為、年収アップをしようと思った時に転職するしかないという場合が多いです。

実際、仕事を辞め転職したという人の多くが年収アップを理由として挙げています。

関連:年収800万円は高年収?手取りや割合、人数

関連:高年収はいくらから?あなたはどのくらいを目指す?

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

転職で年収アップは十分可能!

転職しても年収は上がらない。それどころか年収ダウンすることがほとんどだというイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、それは大きな勘違い。

もちろん、年収ダウンした人もいます。ただ、年収アップした人のほうが割合は高いのです。

純粋に年収アップする確率の方が高いのです。

また、転職する理由が年収アップではなく、年収が低くても良いから残業が少ない会社に行きたいだとか、自分のやりたい仕事に就きたいからなどを理由にしている人もいるわけです。

ですから、もし年収アップを目的とした場合に転職を成功させる確率はもっと高くなることが想定されます。

年収アップの相場はだいたい100万円弱。中には200万円、300万円アップできたという人もいます。

300万円って月に直すと25万円。ちょっと想像つかないですよね。でも実際にいるのです。

転職で年収アップする方法

では、もし転職で年収アップしたいという場合、どのようにすれば実現することができるでしょうか。

その方法を紹介します。

会社を続けたまま転職活動を行う

転職活動は会社を辞めずに働きながら行うのがベスト。

焦って転職活動することがなく、満足できる転職先が見つかるまで転職活動を行うことができます。

また、もう一つ大きな理由が転職しないという選択肢を持つことができること。

企業にとって、転職者側が会社をすでに辞めている場合と辞めていない場合では大きく違います。

すでに辞めている人であれば、多少条件が低くても入社してくれる可能性は高いですが、辞めていない場合は現在の会社よりも低い条件だと中々入社してくれません。

その為、入社して貰う為に好条件を提示してくれる可能性が高くなりますし、年収交渉時にも利用することができるのです。

自分の適正年収を知る

年収は本人の能力よりも会社に依存していることがほとんど。

相場よりも年収が低い人もいれば、逆に相場よりも多く貰っている人もいます。

当然、後者のほうが年収アップの可能性は高くなりますが、逆に前者は転職によって年収ダウンしてしまう可能性が高くなります。

ですから、まずは自分の適性年収を把握してみましょう。

参考:転職の市場価値診断、テストの種類や知っておく必要性

非公開求人を利用

求人を探す場合、ハローワークや転職サイトの公開求人から探すのではなく、転職サイトのスカウト機能を利用したオファー、転職エージェントに紹介してもらう非公開求人を利用したほうが年収アップを実現できる可能性は高いです。

非公開求人にする目的は好条件であることが多いのです。

また、転職エージェントを利用すれば、年収アップという希望に沿った仕事を紹介してくれます。

参考:転職サイトの非公開求人とは?どうすれば見ることができる?

企業についてよく調べる

応募する企業については、よく調べるようにしましょう。

それぞれの企業によって、年齢に応じて給与体系が決まっていることが多く、そこから大きく逸脱した年収を貰うことはできません。

また、ボーナスが業績に応じて大きく変動し、年収が毎年大きく変わる場合もあります。

求人票には年収300万円から700万円というように、幅を持たせている場合がほとんど。これはたいてい年齢によるもので、どれだけ能力が高くても上限の給料を貰うことができるわけではありません。

また、求人票に給与モデル25歳:月給○○万円、30歳:月給○○万円、35歳:月給○○万円なんていう風に書いていることもありますが、これもあまり信じてはだめ。

企業はなんとか人を集めようと、その年齢で最も貰っている人を書いている場合も多数あります。

最も貰っているのは、非常に優秀で最速で出世している人、残業を非常に多くしている人なんかです。

必ずしも自分がその額を貰うことができるわけではないということを知っておいてください。

妥協点を持つ

転職しようと考えた時、色々な希望があると思います。

年収アップしたい、残業は少ないほうが良い、楽な仕事が良いなど、理想を上げればきりがないかもしれません。

ただ、全てを理想通りにするなんてことはできません。

年収アップしようと思ったら、それなりに犠牲しなくてはいけないことがでてくることも覚悟しなくてはなりません。

年収アップの根拠を持ち、年収交渉を行う

企業はできるだけ従業員の年収を低く抑えたいもの。

その人を採用する場合の上限を○○円とした場合でも、最初からその年収を提示するわけではありません。

給与体系が決まっていても、ボーナスに大きく差がつくということもあり得ます。

だからこそ、年収交渉して年収をアップさせるようにする必要があります。

転職エージェントを利用している場合であれば、転職エージェントとしてもできるだけ高い年収で入社してくれたほうが利益は増える為、年収交渉に協力してくれます。

ただ、何の根拠もない年収交渉は実現不可能。なぜその年収が妥当だと考えるのか根拠を持って示すことが大切です。

高い年収を出しても良いと思われる実績をつくる

年収交渉時の根拠となるものは、これまでの経験と実績です。

企業に高い年収を出してもこの人材が欲しいと思わせることが必要であり、その為には実績があり会社に利益をもたらせてくれると思わせなければないません。

だからこそ、アピールできる実績を持っていること、そしてそれをアピールすることが大切です。

会社に期待してはダメ、自分から変えていくことが大切

給料が低いと嘆いていても、結局自分から行動しなければ何も変わらないままです。

もしその不満を解消したいと考えているならば自分から変えていかなければなりません。

もちろん、働く上で必要なことは年収面だけではありません。ただ、生活する上でお金はやっぱり重要なものです。

だからこそ、一度自分の仕事について考えてみましょう。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:年収700万円の割合、手取りや生活の実態。700万円あれば贅沢できる?

関連:転職におけるキャリアアップの考え方。具体性、一貫性が大切

関連:エンジニアの転職、未経験でも可能?年収アップは可能?


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ