請負社員と正社員や派遣社員との違いや請負社員は早めに正社員に転職した方が良い理由

請負社員と正社員や派遣社員との違いや請負社員は早めに正社員に転職した方が良い理由

正社員や派遣社員、契約社員など会社で働く上での雇用形態は様々ですが、そのうちの一つに請負社員という形があります。

そしてこの形態はメリットがないわけではありませんが、悪用される場合も多い為、もし請負社員として働くことになっているならばかなり気を付けなくてはなりません。

関連:派遣社員から正社員に。直接雇用と転職のどちらがいいのか。

関連:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

請負社員とは?

請負社員とは、実際に働く会社と雇用契約を結ぶのではなく、請負契約を結んだ人のことを言います。

請負契約では仕事の結果、成果に対して対価としてお金を支払うという形になり、実際にその仕事にどれだけの時間を費やしたかなどは関係ありません。

請負では会社と個人間ではなく、発注する会社と請負業者間で契約が結ばれ、請負業者の社員が発注のあった会社で仕事をする形態もあります。

ただその場合は請負業者での正社員もしくは契約社員となる為、今回は会社と個人間で請負契約が結ばれている人のことについて紹介していきます。

請負社員と正社員や派遣社員との違い

では具体的に請負社員と正社員や派遣社員との違いについて細かく解説していきましょう。

雇用先と勤務先

正社員の場合は勤務先の会社に直接雇用される形になり、派遣社員の場合は派遣会社に雇用された後に実際に働く勤務先の会社に派遣される形になります。

一方請負社員の場合は会社に雇用されるわけではなく、勤務先会社と個人間で請負契約を結ぶ形になります。

自分自身が個人事業主となって仕事を行うことになるわけです。

勤務する場所も勤務先で行う必要がなければわざわざ出社する必要はありません。

契約期間

正社員は無期雇用となり契約期間は特に定められていませんが、派遣社員の場合は3ヶ月等の一定期間に定められており、更新すれば最大3年まで契約期間の延長が可能となります。

一方請負社員の場合はそもそも雇用関係にはない為、期間は仕事を発注されてから完成するまで。

仕事が終わり、また次の仕事を貰うことができれば働くことはできますが、仕事を貰えなければそれまでです。

給料

正社員の場合は毎月決まった給料が支給され、多くの場合年に2回ほどのボーナスを貰うこともできます。

一方で派遣社員の場合は多くが時給制。給料は働いた時間分だけなので休みが多い月だと給料は少なくなってしまいます。

そして請負社員ですが、こちらは予め決められた仕事に対する成果を仕事が完了次第支払われるという形になります。

例えば約1ヶ月かかるという見込みで50万円という仕事であった場合、たとえ半月で終わったとしても少なくなることはないし、逆に2ヶ月かかっても時間がかかったという理由っでは増えません。

労働時間、残業

正社員にしろ派遣社員にしろ雇用契約を結んで労働者として働く以上は1日8時間、1週間40時間が上限となり、それ以上働くことになればその時間分だけ割増賃金を支払われることになります。

一方で請負社員として会社と請負契約をしている場合は労働者の扱いとはならない為、労働時間の制約はなく、1日8時間以上働いたとしても残業代はつきません。

ただ正社員などが1日8時間と決められていたらその時間は働かなくてはならない一方、請負社員の場合は勤務時間の制約がないので遅く来て早く帰ってもいいし、休みにしたって問題はありません。

社会保険

正社員は勤務先の会社で、派遣社員は派遣会社で社会保険に加入することになります。

一方会社と個人間で請負契約を結ぶ請負社員の場合は個人事業主となる為、国民健康保険や国民年金に自ら加入して保険料を支払っていくことになります。

福利厚生

福利厚生はその会社と雇用契約を結んでいる人が対象となる為、請負社員は同じ勤務先で働いていたとしてもその恩恵に授かることはできません。

また退職金等もありません。

偽装請負問題

請負社員として働く場合に一つ認識しておかなくてはならないのが偽装請負です。

請負契約の場合、契約時に決められていなければ出社時間や勤務時間を強制したり、仕事で細かい指示をすることはできませんし、契約している仕事以外の仕事をさせることも不可能です。

請負契約にありながらも仕事を細かい指示をだしながら行わせ、出勤時間も拘束する場合があると実態は雇用契約がある状態となり、偽装請負になります。

請負社員はデメリットが大きい、早めに正社員に転職するべき

もしあなた自身が個人事業主になって様々な会社と対等な立場で仕事をしていくつもりならば請負社員として請負契約を結ぶのも良いでしょう。

しかし一つの会社と仕事をする上でそのような契約になったり、それまでは雇用契約だったのが請負契約に変えられるような場合は圧倒的にデメリットが多いので絶対におすすめしません。

残業代はでなくなり、労働時間は増え、さらに退職金もなく社会保険への加入もできない。

また正社員なら簡単にクビは切られないけれど請負契約となると一つの仕事が終わった時点で次の仕事を貰えなければそれでおしまい。

条件面でははっきり言って悪い場合がほとんどです。

ですからできるだけ早めに正社員に転職するようにしてください。今はとりあえず仕事はあるからと油断していると、今後きっと後悔することになるでしょう。

今は無料で利用できる転職支援サービスが充実しており、働きながらでも転職活動を行うことが十分可能となっています。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ