Uターン転職、Iターン転職を成功させる為に注意すべき点

転職活動を始めるなら転職者の8割が利用しているこのサイトから

 ◆公式HP:リクナビNEXT

「良い求人があれば」という人はとりあえず登録してオファーを待つだけもあり。

※1:利用可能サービス
 求人検索、求人応募、スカウトメール、強み診断、市場価値診断、転職ノウハウ等

※2:利用対象者
 職種経験有無、正社員経験有無、年齢制限は特になし。社会人は誰でも利用可。

Uターン転職、Iターン転職を成功させる為に注意すべき点

転職の中で、Uターン転職や、Iターン転職という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんし、

いっさいにその転職をすることを考えている人もいるでしょう。

そこで、今回はUターン転職やIターン転職について、成功させる為の注意点を紹介します。

関連:仕事から逃げることは悪いことではない、時には必要なこと

関連:隠れ優良企業はどう見つければいい?転職を成功させるには企業選びが最重要

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

スポンサーリンク

Uターン転職、Iターン転職とは

では、まずはUターン転職やIターン転職について、それぞれの言葉の意味や、転職の魅力について紹介していきましょう。

Uターン転職とは

Uターン転職とは、自分が生まれ育った地元以外で一度就職した後、再び自分の地元に転職することを言います。

Uターンという言葉は「車をUターンさせる」といったように、日常でもよく使われます。

行って帰ってくる軌跡がUの字になることから、このように名づけられています。

例えば、北海道で生まれ育ったが、就職して東京にでてきた。しかし、その会社を辞め北海道の会社に転職した場合なんかがUターン転職です。

Iターン転職とは

Iターン転職とは、自分の生まれ育った場所でそのまま就職した後、それ以外の地域の会社に転職することを指します。

Uターンと違い、育って働いている地域から、転職先まで軌跡が1直線になり、Iの字となる為、Iターン転職と言われています。

Iターン転職で多い例が、都会に生まれ育った人が地方に魅力を感じて転職するというパターンです。

Uターン転職やIターン転職の魅力

Uターン転職やIターン転職には、様々な魅力があります。

Uターン転職の魅力

まずはUターン転職の魅力について紹介していきます。

地元に帰るUターン転職は、家族や昔からの友人といった知人が多いということが魅力の一つとして挙げられます。

子育てをする場合においても、両親が近くにいると助かる部分も多いですし、親孝行の面でもやはりそばで暮らしたほうが良いです。。

また、慣れ親しんだ土地であるということから、なんとなく落ち着くと感じる人も少なくありません。

Iターン転職の魅力

あえて地元から離れるIターン転職にも多くの魅力があります。

都会から離れることで、通勤ラッシュで消耗することもなくなったり、家賃が安く、生活費を抑えることができます。

何より、ごみごみした都会から離れることで、精神的ストレスの軽減につながる人も多いです。

スポンサーリンク

 

Uターン転職、Iターン転職が難しい点

Uターン転職、Iターン転職には魅力もありますが、一方で難しいこともあります。

転職活動では、今住んでいる場所から遠く離れた会社を受けることになります。

そうなると、情報収集の面でも大変ですし、いざ面接を受けに行こうとしても、日程の確保や、交通費の工面が大変になります。

1社受ける為に、毎回行くわけには行きませんから、ある程度計画的に、複数の会社を同時に面接できるように計画sる必要があります。

内定後も、大変なことはあります。

まず、住居探しにもその土地に行く必要がありますし、引っ越し費用にも多大なお金がかかることになります。

また、地方によっては交通の便が不便で、自動車が必要になってしまう場合もありますので、注意が必要です。

Uターン転職やIターン転職を成功させる為には

では、どうすればUターン転職やIターン転職を成功させることができるでしょうか。

転職費用の確保は必要

まず必要なのが、転職費用の確保です。

先ほども述べたように、今住んでいる場所の近くで転職先を決める場合とは、かかるお金が全然違います。

面接の交通費、内定後の交通費、引っ越し代、転居後の準備費など多くのお金がかかります。

まず、どのくらいお金がかかるのかを算出し、それをだす余裕があるのかを確認しましょう。

退職する場合、退職金が入る場合もあります。

支出がどの程度あって、収入がどの程度あるのかをしっかり確認しておきましょう。

関連:転職の費用はどれくらい?面接の交通費、引っ越し、社会保険料など

転職の計画を練る

遠くの企業を受けるのですから、思い付きでとりあえず受けて、書類選考に通ったら面接に行くなんてことはできません。

あらかじめ、複数社に応募し、面接もまとめていくような調整が必要です。

面接の日程は、企業も柔軟に対応してくれる為、ある程度調整することは可能です。

年収ダウンの可能性も高い

Uターン転職、Iターン転職の場合は、年収が下がってしまうことが多々あります。

平均年収はやはり都会のほうが高く、地方は低くなっています。

ですから、転職後の生活費をしっかり考えておくことが必要となります。

出費が増えることも

家賃が低くなるなど、支出面を低く抑えることができる可能性は高いですが、逆に高くなってしまう場合もあることを忘れてはいけません。

特に、自動車が例にあげられます。

都会であれば、交通の便が充実していて、自動車なんか持たなくても生活できるかもしれませんが、

地方に行くと、自動車無しで生活することが非常に大変であることも多いです。

もし転職してあらたに自動車を持とうとすると、購入費はもちろん、毎月の保険料やガソリン代、毎年の税金、2年に1回の車検と、かなりお金がかかることになります。

職種、業種の幅を広げることも必要

地方だと、都会に比べれば企業数も少なく、希望している職種や業種の仕事に就くことが困難であることも多いです。

企業を選ぶ際には、年収や労働環境といったものも非常に重要な選択基準となりますが、あまり職種や業種を限定してしまうと、選べなくなってしまう可能性が高いです。

ですから、Uターン転職、Iターン転職を考える場合には、あまり職種や業種を限定させないことも必要となります。

一度は必ず直接見に行く

転職することを決める前に、必ずその土地に行ってみましょう。

イメージだけで決めてしまうと、痛い目にあいます。

Uターン転職であれば、地元なのでいいですが、Iターン転職の時は特に注意しましょう。

こんなはずじゃなかったと思う前にしっかり判断しておくべきです。

スポンサーリンク

距離の遠さを言い訳にしない転職活動を

Uターン転職やIターン転職は、受ける企業の距離が遠かったり、そもそも会社名も知らないことが多いです。

今住んでいる場所に近い会社を受ける場合に比べたら、大変であることは間違いありません。

だからといって、転職活動に手を抜いたり、適当に行ったりすれば、転職したことを後悔してしまうことになります。

遠いなら遠いなりに、自分にできることを全て行っていく覚悟を持つことは必要です。

何にせよ、とにかく情報収集は大切です。今は転職サイトも充実していますし、SNSからも情報収集することはできます。

まずは転職サイトを使い、とにかく情報収集を始めてみてください。

そこで気づく点も多いかと思います。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、たくさんの人が年収アップを実現しています。

さらに今はかなりの売り手市場、以前に比べると転職によって条件アップできる可能性はさらに高くなっています。

だからこそ、ぜひこのタイミングで転職活動を始めてみて下さい。

そして転職活動を始めるにあたり、まず行わなくてはならないのが転職サイトや転職エージェントへの登録です。

転職サイト等でおすすめなのが以下の3つ。

登録は無料でしかも簡単。数分で終わるので、ぜひ活用して下さい。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

リクナビNEXTは最大手の転職サイトですから知っている人も多いでしょう。

業種、職種、年代、地域、経験有無に制限はなく、誰でも利用可能。

積極的に求人を探すのも良いですが、「良い求人があれば」と思っている場合もとりあえず登録してオファーを待ってみると良いでしょう。思わぬ企業からオファーを貰えるかもしれません。

ちなみに扱っている求人の8割以上は他では扱っていない求人であり、転職を成成功者の8割以上が利用し、5割がこのサイト経由で転職先を決めているという圧倒的なシェアを持っています。

リクナビNEXTが優れている点は求人量、非公開求人のオファー量が他に比べて多い、強み診断、市場価値診断ができるといった点。

また転職フェアやセミナーも全国で実施しており、登録すれば参加することもできます。

実際私も利用しましたが、情報量、使いやすさ、サービスの質は十分満足できるものでした。

特に非公開求人のオファーは普通の求人より好条件なものが多いので、いずれは利用することをおすすめします。

登録には公式HPの登録画面でメールアドレスを入力し「会員登録」をクリックすれば、メールが送られてくるので、後は必須となっている希望のパスワード名前生年月日性別4点のみ入力すればOK

ちなみにこれらの情報は登録後に修正することも可能です。

■公式サイト:リクナビNEXT

次にDODAは業界No.2の転職支援サービスです。

転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストはもちろんでき、さらに転職エージェントに担当について貰って非公開求人の紹介等を行って貰うことも可能です。

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

ちなみに転職エージェントは非公開求人の紹介キャリア相談履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接日の調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができるので、いずれは転職サイトと合わせて使うのが良いでしょう。

使うか使わないかでは転職活動にかかる負担が全然違います。

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

転職エージェントならリクナビNEXTと連携が取れるリクルートエージェントもおすすめ。

転職エージェントとして国内最大手で求人数や実績はNo.1です。

求人は全国対応しており、業種、職種、年齢、経験有無での条件はありません。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

■公式サイト:リクルートエージェント

ちなみに他にもう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここはオファーを待つタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAと同じくパーソルキャリアが運営してます。

とりあえず最初に登録しておけば後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

またハタラクティブも20代にはおすすめです。

第二新卒や社会人経験のない既卒者、フリーターなど若年層に特化した転職サービスとしては最大手。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っています。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:転職すべきか、転職しないほうがいいか迷った時に確認しておきたいこと

関連:ハローワーク(職安)の求人を転職で使う際の注意点、メリット、デメリットは?

関連:転職サイトの選び方、何を重視すべき?



このページの先頭へ