転職するなら今!躊躇して先延ばししている場合ではない

転職するなら今!躊躇して先延ばししている場合ではない

中々転職への踏ん切りがつかなかったり、転職活動をやろうやろうと思っていても面倒くささから後回しにしてしまったり。

転職したいと思いながらも、何かと理由をつけて先延ばししている人は少なくないと思います。

ただそんな人に伝えたいのが、転職するなら今がいいということ。

現在の状況を鑑みると、ぐずぐず転職を先延ばししてしまうことは得策ではありません。

関連記事

 

いつか転職するつもりなら今やらなきゃだめ!

私の周りにだいぶ前から「転職したい」「そのうち転職するつもりだ」と言っている人がいます。

ただ何か月たっても、何年たっても、結局転職しないまま。

今の会社で働き続ける決意を固めたのであればいいんですがそんなこともなく、相変わらず転職したいとぼやいています。

そんな人って実は少なくないと思うんですよね。

転職するって決断するのって中々勇気がいることだし、転職すべきか、転職するメリットがあるのかと考えても、どうなるかがわからないので答えはでないまま。

転職活動を始めようと思っていても時間がなかったり、仕事に疲れてやる気が起きなかったりで全く進まない。

結局転職しようと思いながらも気が付けば数年たっていたというのは、決して珍しいことではないと思います。

ただそんな風に過ごすのもそろそろ終わりにしましょう。

もしあなたが本当に転職したいと思っているならば、今やらなくてはいけません。

転職したいという気持ちが、あの時に転職しておけば良かったと思ってしまう前に、転職しやすい今だからこそ行動を起こさなくてはいけません。

転職するなら今がいい理由

転職するなら今がいいというのは、それなりに理由があってのこと。

その理由というものが以下の通りです。

転職市場は売り手市場。転職がかなりしやすくなっている。

まず一つ目が転職市場がかなり売り手市場となっている点。

好景気や少子化による人手不足なども影響し、社会人3年目までの第二新卒者採用から40代以降のミドル層転職まで、転職はかなりしやすくなっています。

売り手市場のメリットは転職先を見つけやすいというだけではありません。

なんとか人を集ようと、買い手市場の時に比べて好条件を提示する傾向が増えている為、転職による年収アップがかなりしやすくなっています。

そうしないといつまでたっても人が集まらず、人手不足の状況が続いてしまいますからね。

来年、再来年はどうなっているか未知数

ただこの売り手市場がいつまで続くかはわかりません。来年には今の状況が一転する可能性だってありえます。

景気が悪化すれば採用を控える企業が増えるので、一気に転職しにくくなってしまう為、いつか転職したいと思っているならやっぱり今がいいんです。

そもそも転職を待つ理由がない

そもそもあなたに転職を待つ正当な理由はあるのでしょうか。

おそらくほどんどの人はないはず。だったらさっさとやるべきです。

結局いつかはやる転職活動。かける労力は一緒。

ただもし先延ばしするなら、今の不満がある会社で耐え続けるという労力が増えます。

1年後やるなら1年間耐えなくてはいけません。

5年後やるなら5年間耐えなくてはいけません。

無駄にしんどい思いするだけですよね。

年齢が高くなるほど転職でのハードルは上がるし選択肢も少なくなる

年齢が高くなったからとって転職ができなくなるわけではありません。

30代からキャリアアップ、40代からキャリアアップすることももちろん可能です。

ただ年齢が高くなるほど、中途採用時に企業から求められるスキル、経験はどんどん厳しくなっていきます。

20代ならポテンシャル部分も考慮にいれてくれていたものが、年齢を重ねるごとにそれはなくなり、如何に即戦力になりうるかということを求められます。

結果的に、相対的に見てやっぱり転職でのハードルは上がってしまう為、転職は厳しいものとなるでしょう。

また選択肢としても年齢が高くなるにつれて選択肢が少なくなってきます。

未経験者採用の場合はもちろん、経験者採用の人でも20代ならそこまで狭い領域での経験を求められませんが、30代、40代と年齢が高くなるにつれて、求められるものが特定されていってしまいます。

年齢が高いからといって転職を諦める必要はありません。

ただ転職するなら若いうちにしておいた方が絶対にいいのです。

こんな人はちょっと例外

ただこんな人はちょっと例外で、今すぐに無理に転職しないほうがいいかもしれません。

今の会社での在籍期間が短い、転職の目的がはっきりしていない

たとえば今の会社で働きだしてまだ1年未満の人だと、短期間で転職を繰り返すことになってしまいます。

こういった人は企業から敬遠される傾向がある為、すぐに転職しなくてはいけない理由(ブラック企業など)がないのであれば、もう少し働き続けてから転職に踏み切った方が成功できる可能性は上がります。

また転職の目的がはっきりしていない人もあまりおすすめできません。

ただ転職しやすい状況だからと言って、何がやりたいか、何を実現したいかも定まらないまま転職したところで、メリットはありません。

転職するとこれまで築き上げた人間関係など失うものもあります。

その失うものを上回るくらいのものを得たいと思えるものがないなら、転職したところで後悔するだけです。

ただやるだけやってみるのはあり

ただ上述した人も、とりあえず転職活動だけはやってみるというのはありだと思います。

たとえ在籍期間が短くても、実際に転職活動をやってみると希望していた会社から内定を貰えることはありえます。

他の人に比べて成功率が低いとしても、決してゼロではありません。

転職の目的がはっきりしていない人も、転職活動をやっている中でその目的ができるなんて場合もあります。

他の企業について知る機会、自分と向き合う機会がある転職活動は、ただやるだけになったとしても無駄にはならないでしょう。

転職しなかったことに後悔しない為に

転職したい、転職したいと思っていたのに、気が付くと転職できなくなり転職しなかったことに後悔することになる。

これだけは避けなくてはいけません。

先ほども述べているように、今は転職のチャンス。

ぜひこの機会を逃さず、思い切って転職活動を始めてみてください。

転職活動するなら転職エージェントがおすすめ

これから転職活動を始めようと思っているなら、ぜひ転職エージェントは活用するようにしてください。

利用するメリットはかなり大きいです。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ