中高年の転職、再就職が難しいと言われている理由。簡単にできる人との差はなんなのか

中高年の転職、再就職が難しいと言われている理由。簡単にできる人との差はなんなのか

会社での不遇な待遇や厳しい労働条件から転職を考えたり、早期退職制度を利用して定年前に退職し再就職することに決めたりと、中高年であっても違う会社に移ることを希望する人は多いかと思います。

ただ転職、再就職において年齢はかなり大きな影響があり、年齢が高くなるにつれて厳しくなっていくということはよく言われていることです。

関連:ヘッドハンティングで転職、どうすればスカウトされる?

関連:40代以降の中高年が転職が失敗してしまう理由。むしろ年齢以外の原因が多い。

中高年の転職は本当に難しいのか

転職では、20代のほうがしやすく、40代、50代となると難しくなってくると言われていますがそれは事実なんでしょうか。

それがわかるデータとして転職活動時の応募社数や転職活動にかかった期間を見ていきましょう。

まず応募社数ですが、全年齢の平均は18.27社。

これを年齢別に見たとき、20代男性で14.98社、20代女性で14.04社なんですが、40歳以上の男性だと23.65社、40歳以上の女性だと31.60社となっており、かなり差がひらいていることがわかります。

次に転職活動にかかった期間。

20代だと3ヶ月以内に転職活動が終わった人が90.5%もいるのですが、40代だと58.8%、50代だと30.6%となり、年齢が高くなるにつれて転職活動をする期間が延びていくことがわかります。

まとめると、中高年者が転職活動をした場合は若い世代に比べてたくさんの会社を受けなくてはならないし、時間もかかるということで、やっぱり難しいということは言えるでしょう。

ただ、それでも40代以降の人の半数は3ヶ月以内に転職することができていますし、半数の人は応募社数が10社以内で転職を成功させており、めちゃくちゃ困難であるというわけではなさそうです。

時に近年は中高年層の転職も活発になっており、転職成功者のうち40歳以上の人の割合は2007年でたった2.5%だったのに今は15.1%にもなっています。

中高年の転職、再就職が難しい理由

昔に比べて転職、再就職しやすくなった中高年層ですが、20代に比べると転職が難しいということには変わりません。

そこには以下の理由が挙げられます。

厳しいマッチング、年齢相応のスキルを求められる

中高年の転職、再就職ではポテンシャルの高さは評価されずに、現時点で持っている年齢相応のスキル、そしてマッチングが重要視されます。

20代、30代にはない長い会社生活で培った汎用性、希少性の高い専門スキルを持っている上で、その能力を求められる会社に応募しなくてはなかなか受からない為、自然と難しくなってしまうのです。

普通に会社生活を送っていると、30代である程度無難に仕事をこなせるようになる為、成長が鈍化してしまっているという人も多数いて、企業が40代に求めている能力を持てていないという人が多いようです。

プライドの高さ

40代、50代ともなるとプライドも高くなってしまって、それが転職、再就職を阻害する要因となってしまっています。

大企業がいい、上場企業がいい、管理職がいい、年下にはへこへこしたくない。そんな高望みや甘えによって自らのクビを絞めてしまっているのです。

そんな考えを持っていては、20代だろうと30代だろうと転職は難しいものとなるでしょう。

現状をよく理解し、受け入れるということはしなくてはいけないことです。

プレイヤーから離れている

中高年の場合、管理職になってから長いという人も多いかもしれません。

管理職へ転職では評価されるのですが、プレイヤーとして募集している企業にとっては、そのことが不利に働いてしまう可能性もあるのです。

管理職としての経験が長ければ長いほど、管理する側になってしまい現場での仕事の仕方を忘れてしまっていませんか?

適応力が低い

年齢が高くなるにつれて適応力が低くなってしまうとも企業が中高年層を嫌がる理由。

新たな会社で働くということは、当然仕事を覚えて、システムを覚えて、環境に慣れて、新たな人間関係を築かなくてはなりません。

年齢が高くても何の問題もないという人ももちろんいるのですが、平均的にみると若い世代に比べて時間がかかる傾向にあります。

給料が高い

中高年になると、給与も高くなってしまいがちになるのも採用を敬遠する理由。

たとえそこまでの給与をだす価値がなくても、会社の都合上、給与規定に従って年齢相応の給与をださなくてはならないという会社も多く、中高年を採用する際の採用基準がかなり高くなってしまっている場合も多いです。

もう一つのパターンとして、求職者側が提示する給与が高すぎるという場合もあります。

自分の実力を客観的に見ず、以前の会社並みの給与を望んで企業側と条件が合わないという場合が非常に多いです。

自分を知り、企業をよく知ることが転職で成功する為に大切

中高年者が転職する場合、大事なのは自分にことを客観的に知ること、そして現在の社会事情や企業の都合、要望をよく知ることが大切になります。

20代の頃のような、「入社してから頑張ります」は通用しません。

冒頭でも述べているように転職できる可能性はむしろ高いのですが、気を付けるべき点を気を付けてチャレンジしていきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

ちなみに、実際に私の使った転職サイト、転職エージェントは以下の通りです。

最大手の転職サイトであるリクナビNEXT は、転職者の8割が使っている、そして実際に使った人の評判が最も良いという不動のサイトです。

多くの人はリクナビNEXT を使いながら他の転職サイトで補うという形で利用しています。また、ある程度の方向性が決まったタイミングで下記で紹介しているエージェントを使う人も多いです。

求人掲載数が非常に多くスカウトメールが来る量は、リクナビNEXT が転職サイトの中で最大です。

さらに、自分の強み市場価値を調べることができるなど、様々な機能が充実してるのも特徴です。

転職を考えている人はもちろんのこと、適正年収や市場価値などを知りたい人、情報を多く仕入れたい人は使うことをおすすめします。

■公式サイト:リクナビNEXT

転職活動を短期間で終わらせたいなら、リクルートエージェント か、マイナビエージェント を使うことをお勧めします。

登録すると、専任のエージェントが転職サイトでは見ることができない非公開求人を紹介してくれます。さらに、無料でキャリアの相談、転職に関する相談、履歴書などの添削、面接の練習や、面接日程調整、年収交渉、入社日交渉など転職全般に関するサポートを行ってくれます。

どちらも、転職エージェントとしては大手であり、実績、求人量は申し分ありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:マイナビエージェント

関連:リストラされて再就職しなくてはいけなくなった時にすべきこと

関連:45歳にもなると正社員への転職は不可能?転職事情や転職に向けてやるべきこと


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ