中堅企業とは?定義や転職するメリット、求人の探し方。

中堅企業とは?定義や転職するメリット、求人の探し方。

企業の規模を示す言葉として「大企業」や「中小企業」といった言葉がしばしば使われますが、それ以外にも「中堅企業」という言葉が使われる場合もあります。

ではどういった企業が中堅企業に該当するのでしょうか。

大企業ほど大きくはないけど、中小企業ほど小さくはないということはわかるものの、今いちよくわからないという人が多いという人がほとんどだと思います。

そこで今回は中堅企業の定義や、中堅企業へ転職するメリットなどを紹介していきたいと思います。

関連:優良中小企業に転職する大きなメリットや求人の探し方

関連:中小企業や零細企業に転職する場合の注意点、企業の選び方、リスク

中堅企業とは?

中堅企業とはいったいどういった企業のことをいうのか。まずはそこから紹介していきましょう。

中小企業法では明確な定めがない

大企業、中堅企業、中小企業、零細企業など企業規模を示す言葉としては色々なものがあります。

しかし中小企業法では、第二条において以下の企業に該当する企業のことを中小企業と呼ぶことだけが定められており、大企業や中堅企業といった言葉で明確に定義されてはいません。

  1. 資本の額(資本金)又は出資の総額が3億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人であつて、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種を除く)に属する事業を主たる事業として営むもの

  2. 資本の額又は出資の総額が1億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人であつて、卸売業に属する事業を主たる事業として営むもの

  3. 資本の額又は出資の総額が5000万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人であつて、サービス業に属する事業を主たる事業として営むもの

  4. 資本の額又は出資の総額が5000万円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人であつて、小売業に属する事業を主たる事業として営むもの

ただ一般的にはこの定義に該当しない企業が大企業とみなされるので、明確に区分されていると考えて良いでしょう。

参考;大企業と中小企業の定義や平均年収、企業数の違い

一般的な中堅企業の定義

中堅企業は、中小企業や大企業のように資本金や従業員数によって明確に定義されているわけではありません。

ただ大企業と中小企業というくくりだけでは区分けするには少し足りないですよね。例えば大企業と言っても資本金が数千億、従業員数は1万人以上という企業もあれば、ぎりぎり中小企業ではない会社もあって、あまりに幅が広すぎます。

そこでより企業を規模別に区別しようと用いられている言葉が「中堅企業」となるわけです。

中小企業の定義に入ってはいるもののそれなりに規模が大きい企業や、大企業の定義に入っているものの規模が小さい企業などを示すことになります。

ただその定義は様々。例えば以下の企業を中堅企業として扱う場合があります。

  • 資本金1億円以上、10億円未満
  • 年商10億円以上、1000億円未満(中小企業研究会)

また資本金や年商ではなく、その業界内での立ち位置によって中堅企業に該当するかということも変わってくる場合があり、業界内で中程度の規模である企業を総じて中堅企業なんて言う場合もありますね。

中堅企業は明確に区別する必要があまりない

大企業と中小企業という区別は、法人税の金額などが異なってくる為、明確に区別されている必要がありますから、当然法律でも定められています。

しかし中堅企業というのは単にその業界の立ち位置を示す為に用いられたり、統計区分する際に用いらあれる場合に使われる為、そこまで厳密な定義を決める必要がありません。

むしろ業界によって大きく違うのに資本金などで定義を決めてしまえば、より混乱を招いてしまう可能性も高くなってしまうでしょう。

中堅企業へ転職するメリット

就職、転職市場では知名度が高く規模の大きい大企業がとても人気がありますし、実際に目指している人は多いでしょう。

一方で会社としてはそれなりに大きいものの、そこまで知名度が高くはない中堅企業はそもそも選択肢として外してしまっている人が多いと思います。

ただ実は中堅企業というのは転職する場合に色々とメリットがあるんです。

ホワイト企業、優良企業も多い

中堅企業の中には、高い技術力などの強みを持っていたり、BtoBで安定して良い業績を残している企業も多数あり、いわゆるホワイト企業、優良企業といわれるような会社も多々あります。

下手な大手よりも年収が高かったり、有給休暇取得率が8割を超えているような企業もありますし、新卒3年以内の離職率を見てもたった数%しかない企業というのも少なくありません。

待遇が良く、労働環境が良いのは大企業。平均を見ればその考え方は間違いではありませんが、中堅企業であっても労働者にとって優しい企業はたくさんあるんです。

大企業ほど倍率が高くはない

超大手の企業は知名度も高く、採用試験の倍率はとにかく高くなっています。それこそ数百倍になる場合だってあります。

しかし中堅企業は知名度も低いので倍率はかなり低め。良い会社なのになかなか希望した人材が集まらずに苦労している企業も少なくありません。

実際就職市場では秋になってもまだ採用活動を継続している企業も多数あります。

中小企業から業界トップの大手に転職を成功させることはかなり困難。しかし中堅企業であれば十分可能であり、一度中堅企業に入社して経験を積むことによって、大手への足掛かりになるという可能性もあります。

中堅企業の探し方

知名度の高い企業であれば、名前から求人募集があるかを確認することが可能。

ただ知名度の低い中堅企業はそもそも名前を知らないし、求人を見てもスルーしてしまう可能性も大。良い企業を探すのにはかなり苦労することになるかもしれません。

ではどうすれば中堅企業の求人を探すことができるのでしょうか。

中堅企業版の就職四季報をチェック

中堅企業版の就職四季報は必ずチェックしましょう。

現時点では名前の知らない企業でも、実は日本一、世界一の製品を作っている企業など色々な企業を知ることが可能となります。

また平均年収や有給休暇取得率、新卒3年以内離職率といった情報を手に入れることも可能。従業員数の多い大手に比べて中々情報が少ない中堅企業では絶対に知っておきたい内容のものが色々と載っています。

ハローワークでは転職サイトや転職エージェント

転職活動で使うのはハローワークではなく転職サイトや転職エージェント。

ハローワークは地元の中小企業が中心となっているので中堅に位置する企業はあまり掲載されていません。

業界や職種を絞ったら転職サイトで求人をチェック。名前を知っているか知らないかは気にせず一つ一つその企業について企業HPや四季報などを確認していきましょう。

転職エージェントは中堅程度で良い企業がないか、あれば紹介してほしいと伝えればその希望に合わせて求人を紹介してくれます。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント 
  3. リクナビNEXT

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェント だけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント 

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビNEXT一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビNEXT

20代ならばハタラクティブもおすすめできます。第二新卒や社会人経験のない既卒者にも対応していて20代向けでは最大手の転職支援サービスです。

未経験業界への転職に関して強く、転職内定率は80%超えで様々な業種、職種に転職が可能です。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

最後に

転職活動ではつい知名度から会社を選びがち。しかしそれをやってしまうと実は大きなチャンスを逃してしまっている可能性があるのです。

もしこれから転職を検討している人がいれば、ぜひ選択肢の一つに加えてみてください。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ