転職の面接でよく聞かれる長所や短所、どう答えるのがベスト?

転職の面接でよく聞かれる長所や短所、どう答えるのがベスト?

転職の面接において、しばしば「あなたの長所はなんですか?」という質問や、「あなたの短所はなんですか?」という質問があります。

この質問はかなり高い確率でされるので、どう答えるか前もって準備しておかなくてあなりません。

関連:転職する自信がない、自分に自信を持てない時に考えるべきこと

関連:大手企業の求人は隠れている!転職したい会社がないと思う前に要チェック!

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

面接で長所や短所を聞く理由

そもそも、なぜ転職時の面接では長所や短所を聞かれるのでしょうか。

それは、以下のことを知る為です。

応募者本人についてよく知る為

採用の合否を決める上で、応募者がどういった人なのかということは、非常に大切な要素です。

どんな性格なのか、どんな考え方を持っているのかなどは、一緒に働きたい人物か、一緒には働きたくない人物なのかを判断する上で必要なことです。

長所や短所を質問する一つ目の意図、面接でできるだけその人の性格や特徴を知ることにあります。

自己分析がどれくらいできているか知る為

長所や短所を聞くもう一つの意図が、自己分析がどれくらいできており、自分についてどれくらい理解できているかということです。

業務を行う上で、自分について理解しているかというのは非常に大切なことです。

例えば長所をよく理解できていれば、その点を活かしながら仕事をしようと考えるし、短所をよく理解できていれば、改善しようと努力することができます。

また、自己分析ができている人ほど、入社後のミスマッチも少なくなるという利点もあります。

業務に向いていない人材か見極める為

長所や短所を聞く、最大の意図は、業務に向いているかどうかを判断する為です。

仕事には適材適所というものがあります。

その人の長所が仕事に活きることもあれば、その人の短所が仕事をこなす上で致命的な問題になることもあります。

例えば、営業の人を採用にするに当たって、人間関係が苦手な人は採用したくありません。

新卒時であれば、採用後におの人の長所や短所などの性格から配属先を決めることができますが、転職の場合には特定の職種で採用を行います。

ですから、できるだけその職種に向いている人材を採用したいと企業は考えます。

面接での答える時のポイント

では、具体的に面接で長所や短所を答える時のポイントを紹介します

全くの嘘はつかない

まず、長所や短所を答える際に、全くの嘘はつかないようにしてください。

特に長所の場合になりますが、本当は苦手なのに長所としてでっちあげると、面接での受け答え時にぼろがでてしまう可能性が高くなりますし、もしうまくごまかせたとしても、入社後に後悔することになります。

多少大げさに言ったり、本当の短所をあえて言わないというのは、面接をクリアする為に大切なことですが、完全な嘘つくのは辞めておきましょう。

業務をイメージして長所や短所を決める

どういった職種で応募しているか、企業はどういった人材を希望しているのかということを考えた上で長所や短所を決めるようにしてください。

企業側は、長所や短所から応募者がどれだけその仕事に向いているのかを判断します。

業務に全く関係なさそうな長所を述べてしまっても意味はありませんし、業務をする上で致命的になる短所を述べてしまうと落ちてしまいます。

その為にも、企業研究は必要で、具体的にどういう仕事をするか、その企業ではどういった人材を求めているかを事前によく理解する必要があります。

長所は具体的な事例を交える

長所を述べる際に大切なのが、具体的な事例を交えることです。

ただ、長所を述べるだけでは信用も低く、面接官には響きません。

その長所を活かして、前職でどういった実績をだしたかという、具体的な事例が必要となります。

長所と実績との関連性がよくわかり、かつそれが今後の仕事でも活かすことができると判断されて初めて高評価を得られるのです。

致命的な短所は避ける

どんな仕事であっても、面接官が絶対採用したくないと思ってしまう短所があります。

一緒に働きたくないと思われてしまえば、絶対に受かることはありません。

具体的には、短気な人、人間関係が苦手な人です。

怒りっぽい人とは誰だって一緒には働きたくないし、どんな仕事でも人間関係は必要になりますから、苦手というだけでマイナス評価になってしまいます。

短所を述べる際には、改善方法も述べる

短所は○○ですで終わったしまうと、ただのマイナスイメージで終わってしまいます。

短所を述べる際には、今後どう改善していくのかということまで合わせて述べるようにしてください。

長所や短所の例

自分の長所や短所はなんだろう。どういったことを言えばいいだろうかと悩む人も多いかと思います。

そこで、ざっと長所や短所の例を紹介します。

長所の例

  • 協調性がある
  • 真面目
  • 積極的
  • 行動力がある
  • 好奇心が旺盛
  • 器用
  • 気が利く
  • 約束を守る
  • 集中力が高い
  • 負けず嫌い
  • 責任感がある
  • 我慢強い
  • おおらか
  • 計画性がある

短所の例

  • 真面目すぎる
  • 頑固
  • 消極的
  • 考えすぎる
  • 不器用
  • ルーズ
  • 集中力がない
  • 飽きっぽい
  • 優柔不断
  • 神経質
  • 心配性
  • せっかち
  • 完璧主義

最後に

転職活動では、面接をいかにうまくやれるかで合否を分けることになります。

今回紹介した長所や短所は高い確率で聞かれることですから、転職活動を始める際には気にしてみてください。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職時に行う自己分析の必要性ややり方

関連:油断禁物!転職活動時の履歴書の写真には要注意

関連:転職での業界研究、企業研究の必要性、やり方とは


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ