長期休暇を取れる会社の特徴、取りやすい仕事、業界。中には2週間以上休める場合も。

長期休暇を取れる会社の特徴、取りやすい仕事、業界。中には2週間以上休める場合も。

海外には1ヶ月ほどの長期休暇を取ることがある国もあります。

しかし、日本の企業ではそんなに休暇を取ることなんてほとんどできず、長くても5日間、下手したら祝日等の休みもなくて2連休が限度なんて会社も存在しています。

40年くらいある会社生活において、その間ずっと長期で休暇を取れないというのはやっぱりしんどいですよね。

ただ、日本においてもそこそこ長期休暇を取ることができる会社というのは存在しています。

GWやお盆、正月に大型連休が設定してあったり、さらにその連休に有給休暇をくっつけることができて2週間以上の長期休暇にできるという場合もあります。

そこで今回は長期休暇の取れる会社の特徴や取りやすい仕事、業界について紹介していきます。

関連:年間休日130日以上の会社に転職したい!そんな会社はどれくらいある?

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

長期休暇の取れる会社の特徴

会社によって年間休日数は大きく異なりますが、休日数が多いからといって長期連休があるかというとそういうわけではありません。

もちろん休日数の多い会社のほうが長期休暇を取ることができる可能性はかなり高くなりますが、多くてもまとめて休日を取ることができるわけではない会社もあるので注意が必要です。

有給休暇取得を義務付けている

労働者の権利として法律上義務付けられている有給休暇ですが、実際はあまり取りにくかったり、取ることを許されなかったりして、付与された有給休暇全てを取得できないという人はたくさんいます。

実際、平均有給休暇取得率は5割を切っており、何か特別な用事があったり、体調不良などで休まざるを得ない時しかとらないという人が多いでしょう。

ただ、会社によっては付与された有給休暇を必ず全て取りきるように義務付けている会社もあります。

有給休暇の付与日数は6年半以上働くと最低でも20日支給するように義務付けられていますが、1年間で20日間取得しようと思うとそこそこ大変。

毎月1日とっていても12日にしかならずに8日間も残ることになります。繁忙期に1日すら取れない月があるとその分他の日もとらなくてはいけません。

その為、閑散期やプロジェクトが終わったタイミングなどでまとめて5日間とる人も多いです。土日を考えると全部で9連休となるわけです。

会社自体が有給休暇取得を義務付けている為、上司や同僚も取得することに対して非難することはなく非常に取りやすい環境となります。

祝日が休日にしていない代わりに連休にまとめている

休日をいつにするかは会社によって自由。土日祝を休日としている会社もあれば、祝日を休みとせずにその分をGWやお盆、正月にまとめて大型連休にしている会社もあります。

後者の形であれば、毎年3回は1週間以上の大型連休があることになります。

ただ会社によっては祝日が休みでないけれど特にその代わりの休日があるわけではなく、単に休日日数が少なくなっているという会社もありますから、まずは年間休日日数が多い(120日以上)ということが条件になります。

長期休暇取得制度を導入している

階差によっては長期休暇取得事態を義務付けている会社もあります。

繁忙期を外した時期に、年二回ほど1週間から2週間程度の休みをとることが可能となる会社もあります。

GWといった世間も休んでいる時期だと旅行を行くにしても高くてなかなか行けないと感じる人が多いでしょうが、この制度があると旅行者の殺到する時期を外してかなり格安で行くことができるというメリットがあります。

繁忙期と閑散期の差が大きい

繁忙期と閑散期の差が大きいと、繁忙期はあまり休むことができない代わりに、閑散期にまとめてとることができやすいという特徴がありますね。

繁忙期に対応する為に人材は確保しなくてはならないが、その分閑散期に人手があまってしまうので、他の社員と調整して休みを取得することになります。

長期休暇の取りやすい仕事、業界

では、ここからは具体的に長期休暇を取りやすい仕事や業界を紹介していきます。

製造業

製造業界は、祝日がない代わりにGWやお盆、正月に長期連休を設定している会社が多いです、

製造業の場合、工場の保守等を行う為に長期で稼働を止めたほうが都合がいいのでこういった形をとってます。

こういった会社であれば少なくとも年3回1週間以上の長期休暇をとることが可能となります。

ただ、そういった会社であっても工場の保守等に携わる仕事(生産技術や製造技術等)に就くと、休日出勤せざるを得なくなるので注意が必要です。

一方、研究開発などだとその連休にさらに有給休暇をくっつけて休日を2週間以上にする人もいますから、どういった職種に就くかで変わってくるといえます。

また、製造業界は有給休暇を取得しやすいことも特徴。特に大手企業であれば有給休暇取得率が8割以上超えている会社は少なくありません。

銀行、金融業界

銀行などの金融業界は、普通の休日とは別に連続5日間の休暇(土日あわせて9連休)を年1から2回とることを設定してることが多々あります。

他の人が休みではない時期に長期休暇をとることができるので、旅行等にも行きやすいですね。

この制度は、もちろんワークライフバランスの向上という意味合いもあるのですが、それ以外にも不正防止の意味合いもあります。

1週間業務から離れ、他の人がその業務をすることによって不正を発見しやすくなるのです。

旅行業界

旅行業界は繁忙期と閑散期の差が大きい為、長期休暇を取ることができる会社もあります。

ただ、かなり勤める会社によって変わるので、就職、転職する際にはしっかり会社を見極めるのが大事。

また、業界自体は年間休日自体があまり多くはないので、長期連休はとれても普段休みが少なくてきついとういうことも多いですね。

長期休暇でリフレッシュすることは大事

仕事をしている中で長期休暇でリフレッシュすることはとても大事。

土日だけ休みの生活を繰り返していると、いまいち疲れがとれずにどんどんストレスがたまっていいきます。

年に数回は次の日のこと、2日後のことなんて考えずに、のんびり旅行に行ったり、実家に帰ったり、何も考えずにぼーっとしたりする時間は欲しいものです。

長い会社生活。いかに楽しむことができるかというのは、仕事内容だけではなくてこういった休日も大きく関わってくるものです。

もし今の仕事には長期休暇が全然ない、それどころか休日が少なすぎるなんて場合には転職を考えてみてもいいかもしれませんね。

転職では年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は人手不足でかなりの売り手市場、これまでより好条件で転職しやすい状況となっています。

転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことが変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に便利です

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。

関連:仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

関連:休みが多い仕事、業界は何?やっぱり休みは多いほうがいい



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ