仕事を続けるべき辞めるかを悩むくらいなら一歩踏み出してみるべき。考えているだけでは判断できない。

仕事を続けるべき辞めるかを悩むくらいなら一歩踏み出してみるべき。考えているだけでは判断できない。

仕事に対する不満、人間関係に対する不満から仕事を辞めたいと思うことは誰にだってあるもの。

ただ簡単に辞めることなんてできず、辞めてもいいものなのか続けるべきなのか悩み続けている人が多いのではないでしょうか。

そして中にはかれこれ数年間、悩み続けているという人もいると思います。

ではどうすればそんな悩みを解消し、自分にとってこれがベストだという答えを見つけることができるのでしょうか。

関連:ブラック企業の営業はかなり辛い。体を壊す前に一刻も早く逃げ出そう。

関連:あなたが仕事を辞めたいのに辞められずにいる11の原因。果たして本当に辞めれない?

仕事を続けるべき辞めるか悩むのは何故か

そもそも仕事を続けるべきか辞めるか、悩むのは何故でしょうか

辞めたいなら辞めれば良い。それができない理由は何故でしょうか。

まず自分がなぜはっきり判断することができずにいるのかを考えてみましょう。

続けることへの不安

今の仕事を続けるにあたり、不安なことはたくさんあると思います。

給料が上がらない、休みも少なく残業も多い、仕事はつまらない、人間関係でのストレスが大きい、会社自体の将来が不安、今のままの自分自身の将来が不安。

この先何十年と続けていくであろう仕事。不満があれば続けることへの不安が生まれるのは当たり前のことです。誰だって後悔したくないわけですから。

辞めることへの不安

一方で辞めることに対しての不安は、それ以上に大きいかもしれません。

転職すると給料が下がって後悔するかもしれない、人間関係が上手くいくかもしれない、ブラック企業に転職してしまうかもしれない、会社が好転するかもしれない、時間が経てば今の悩みは解決するのかもしれない。

今の会社で続けることによってプラスに動いていくこともあるし、転職してマイナスに動いてしまうこともある。

そうなれば待っているのは辞めたことに対する後悔。

辞めなければ良かったなんて思うことだけは絶対に避けたい。そう思うと結局身動きが取れなくなってしまう人が多いのではないでしょうか。

その悩みを解消される手段は?

続けることに不安がある。辞めることにも不安がある。そのどちらの不安も解消されることがないからいつまでも仕事を辞めるか続けるべきかを決めきれず悩み続けることになるわけです。

ではその悩みを解消するにはどうすればいいのでしょうか。

考えに考え抜くことは必要なこと

まずは考えに考え抜き思考の整理と状況の整理を行うことは必要。

  • 自分はなぜ辞めたいのか
  • なぜ辞められずにいるのか
  • どういう形を理想として思い描いているのか
  • 現状が好転する可能性はどれだけあるか
  • その為に自分でできることはあるのか
  • 時間が解決してくれる問題なのか
  • 転職によって解決することは可能なのか
  • 転職によって失ってしまうものは何か

中にはさっさと辞めた方が良い人もいるし、続けた人もいます。ただこればっかりは第三者から判断することはできないこと。

結局自分で答えを導く必要しかなく、その為には自分の思考、現在の状況を自分自身で冷静に分析していくしかありません。

行動もしてみることも必要

ただ考えるばかりでは中々答えなんて導きだせないもの。現在はやってこなかった何かしらの行動を起こしてみることも必要です。

例えば転職活動を始めてみる。

転職活動によってどういった転職をすることができるのか、どういった転職先があるのかという点がより具体的に知ることができるので、続けることと辞めた後のことを正確に比較することができるようになります。

そうすることで仕事を続けた方が良いとなる場合もあるし、転職してみようという気にもなる場合もあるでしょう。

また転職活動は自分のキャリアについて考える機会を与えてくれますから、短期的な視点を長期的な視点を変えることにも役立ちます。

他にも現在の仕事に対し、期限を決めて取り組み方を変えてみるというのも一つの方法。

自分の力では何も変えることはできない、自分にはこの仕事を楽しむことはできないと思っていても、意識ややり方を変えるだけで仕事に対する考え方が変わることも決して少なくはないこと。

行動に移す前に想像だけで決めつけるより、より正確に判断することができるし、その決断に対して自分自身でも納得できるようになります。

まずは一歩踏み出してみる

仕事というのは基本的に続けることが普通。

だからこそ続けるべきか辞めるかを悩んだ時には、答えが見つからないとそのまま働き続けることになります。

ただそのまま惰性で働き続けることになれば、いつまでも悩み続けるだけ。

安易に辞めることに踏み切り、何度も何度も転職を繰り返すのはもちろん良いことではありませんが、安易に続けることになってしまうのも決して良いこととは言えません。

だからこそまずは一歩踏み出し、行動を起こし、何らかの決断をする努力をするべき。ぜひ何かしらの行動を起こしてみましょう。

転職活動を行うなら転職サイトは当然ですが転職エージェントを利用するのもおすすめです。

辞めるか続けるか迷っている人にとって、カウンセリングで第三者から意見を貰えるのはとても有効ですし、自分では考えてもいなかった仕事に気づくこともできます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ