転職先が見つかるまでのつなぎ派遣を行うメリットとデメリット

転職先が見つかるまでのつなぎ派遣を行うメリットとデメリット

転職する場合、次の転職先が決まってから会社を辞めることが理想です。

その方がリスクも少なく、不安になることも少ないでしょうから。

ただそうは言っても何かしらの理由で転職先が決まらないまま会社を辞めてしまう人も少なくはないでしょう。

しかしこの場合、次の転職先が決まるまでは無収入の空白期間が生じることになります。

そしてこの空白期間に転職活動をしながらとりあえず派遣社員として働く、いわゆるつなぎ派遣を行うことを考える人もいるでしょう。

今回はそんなつなぎ派遣のメリット、デメリットについて紹介します。

関連:色々と不利。転職先が決まらないまま辞めてから転職活動を行った私の失敗談

関連:無職期間が長い場合に転職は不利になる。空白期間の理由はなんて言う??

つなぎ派遣とは

会社都合の退職であれば失業保険がすぐにでるのでまだ良いのですが、自己都合の退職だと失業保険支給まで3ヶ月間の給付制限がつきます。

すなわち転職先が決まらないまま会社を辞めてしまうと、それだけの期間は貯金を切り崩して生活していかなくてはなりません。

もちろんすぐに転職活動を終わらせることができれば良いのですが、転職活動は平均すると2~3ヶ月とある程度の時間がかかります。

そこでとりあえず派遣社員として働き収入を得る人がいます。

これがいわゆるつなぎ派遣です。

転職先が決まるまでのつなぎ派遣のメリット

つなぎ派遣のメリットは、自分に合った仕事が見つけやすく収入を得られるという点。

正社員の仕事は中々見つからなくても、派遣の仕事であれば上手くいくと数日以内から働くことが可能となります。

収入を得ようと思うとアルバイトという手段もありますが、アルバイトに比べると派遣の方が時給が高いのが派遣のメリットと言えるでしょう。

収入があることによる安心感はやはり大きいですよね。

無収入で貯金が徐々に減っていくと徐々に焦りが生じ、希望の条件のところに転職するよりもとにかく早く仕事を見つけることに頭が言ってしまって、転職した後に後悔してしまう可能性も高くなります。

それを防ぐことができるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

転職先が決まるまでのつなぎ派遣のデメリット

では次につなぎ派遣のデメリット。

もしこれからつなぎ派遣をしようと考えている人がいたら、このデメリット部分はしっかり把握しておかなくてはなりません。

契約期間内の退職でトラブルになってしまう

派遣社員として働く場合、基本的には契約期間内で退職することができません。

よく退職する場合は2週間前に言えば良いなんて言われていますが、それは正社員など期間に定めがない場合のこと。

期間に定めがある派遣社員の場合、退職は契約期間満了時のみ。契約途中で退職することが許されるのは病気などやむを得ない場合のみです。

その為せっかく内定を貰っても残りの契約期間が2ヶ月以上あるとその期間は内定先に待ってもらわなくてはなりませんが、1ヶ月以内の入社を条件にしている場合も多く、内定を断らざれる場合もあるのです。

派遣会社が退職することを認めてくれれば退職することは可能ですが、認めてくれない場合は真っ当な退職は不可能。トラブルは必至です。

その為、つなぎ派遣する場合の契約期間はできるだけ短くしなくてはいけませんし、派遣会社にも転職活動を行いながら派遣の仕事をすることを伝えておかなくてはなりません。

ちなみに派遣社員として働く場合、原則契約期間が30日以下は不可となっています。

転職活動がおろそかになってしまいがち

派遣としてフルタイムで働いていると、平日は疲れてつい転職活動がおろそかになってしまいがちのリスクがあります。

仕事で疲れたからと転職活動を後回しにしてしまって転職活動が長期化してしまったり、いざ応募しても書類選考対策や面接対策でが準備不足になってしまって転職が上手くいかないことが考えられます。

転職しようと思っても在職中での転職活動が進まずに結局そのまま働き続ける人というのは実際かなり多いのです。

有給休暇がとれない

有給休暇を付与されるの勤続半年から。

つなぎ派遣の場合は有給休暇がそもそもないので、取得することはできません。

ただ面接は平日で行われる為、必ず休まなくてはいけないタイミングがあります。

しかも面接といっても1次、2次と複数回ありますし、内定を貰うまで複数社受けることになりますから複数回欠勤する必要がでます。

ですので有給休暇ではなく欠勤扱いで休まなくてはいけなくなりますが、まあ簡単に休ませてはくれませんよね。

居心地の良さについ甘えてしまう

派遣された先の居心地が良いと、それについ甘えて働き続けてしまうという人も実は少なくありません。

残業はなくとりあえず生活できる分は給料が貰える、それでいて人間関係も良好となればまあそうなってしまう人もいますよね。

ただ派遣としてそのまま1年、2年働いてしまうと、そこから正社員に戻ることの難易度が高くなってしまいます。

最優先は転職活動

このようにつなぎ派遣は収入を確保することができるメリットがあるという一方で、今回紹介したようなデメリットがあります。

つなぎ派遣すること自体が悪いことではありません。

ただ最優先するのはあくまで転職活動であることをしっかり肝に銘じ、かつ派遣会社にも転職活動をしながら仕事をすることをしっかり伝えるようにしましょう。

少なくとも派遣を始めるよりもまず先に転職活動を始めましょう。

転職活動では転職エージェントを利用するようにしてください。

転職エージェントは転職を進めるにあたりメリットも大きいですし、何より自分ひとりで行わなくて良くなる分、転職活動のペースをつかみやすいです。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ