仕事がつまらないことがストレスで転職を考えている新卒社員が知っておくべきこと

仕事がつまらないことがストレスで転職を考えている新卒社員が知っておくべきこと

せっかく就職した会社でも、仕事がつまらないと感じてしまうとそのまま働き続けるのはかなり辛いこと。

これから何十年もの間、毎日長い時間費やすことになる仕事ですから、やっぱり楽しいと思える仕事をしたいと思うのは当然のことです。

ですからつまらないことを原因に転職することは決して悪いことではないと思います。

ただまだ社会人経験の浅い新卒者だからこそ、つい勢いで決断してしまい判断を誤ってしまう場合があることは忘れてはいけません。転職して後悔してしまうことも少なくはないのです。

そうならない為に、転職する前にいくつか知っておいて貰いたいことがあります。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:新卒で入社後、すぐに退職、転職することはだめなことなのか

仕事がつまらないことが原因で辞める新卒者は多い

新卒3年以内の離職率は大卒者でも3割となっており、他の年代に比べて多くの人が最初に就職した会社を辞めて転職しています。

そして退職理由として多いのが仕事がつまらない、仕事が自分に合わないといった理由。

給料が少ない、休みが少ないなど条件面を理由に退職する人ももちろん多いのですが、仕事を始めたばかりの新卒者だからこそ仕事自体のことで退職する人が他の年代に比べて多くなっています。

就職する前の期待と就職した後の現実のギャップを感じ悩み苦しんでいる人が少なくないのでしょう。

仕事がつまらないから転職を考えている新卒者に知って貰いたいこと

仕事がつまらないと感じながら、この先ずっと働き続けるのはかなりのストレスですから転職することは決して悪いことではなく、甘えでも何でもありません。

ただ転職して後悔することがないよう、少なくとも知っておかなくてはならない点があります。

辞めたい、転職したいと一度思うとついそればかりに頭がいってしまいがちですが、一旦冷静になって仕事について、転職について考えてみましょう。

仕事の面白さを決めるのは仕事内容だけではない

仕事が面白いか、仕事がつまらないかを決めるのは、仕事内容だけではありません。

周りの上司、先輩、同僚などの人間関係、職場の環境、仕事の進め方、周りからの評価など、様々なことが要因になります。

その為、ふとしたタイミングでいきなりつまらない仕事が楽しくなる場合も社会人経験の浅い新卒者だと少なくありません。

周囲の人と馴染めてきて仕事が楽しくなったり、仕事の進め方を理解し自分で回せるようになることで仕事が楽しくなったり、周囲から評価されたり感謝される経験をすることで仕事が楽しくなったり。

あなたにとって何が重要で、何が原因でつまらないと感じてしまっているのか。そこを認識しておかなくては転職しても結局変わらないこともあるので気を付けましょう。

受け身でいるとどんな仕事もつまらない

会社はあなたに仕事を楽しんで貰う為に雇っているわけではありません。利益を生み、会社を存続させることを目的に雇っているのです。

だからこそ仕事を楽しむ為には自分なりに楽しむ意識を持つことが大切。

会社が楽しい仕事を提供してくれるなんていう受け身の気持ちを持っていると、どんな仕事につこうが結局つまらないままです。

社会人としてお金を貰う以上、全てが自分の理想通りに行くわけがありません。どんな仕事でも制約はあるのです。

ずっと同じ仕事をやる人は少ない

何十年と同じ会社で仕事をする場合でも、ずっと同じ仕事をする人はほとんどいません。

希望していなくても異動を命じられてしまうことはよくあることだし、昇格、出世するにつれて仕事も変わります。

管理職の立場になると実務から離れマネジメント中心になるでしょうし、チームリーダーの立場でも一担当者とは仕事内容は違います。

ですから転職して自分の希望に合った仕事に就けたとしても、この先ずっと同じ仕事で楽しく仕事ができるとは限らないのです。

キャリアチェンジをする場合は早い方が良い

ふとしたきっかけでそれまでつまらない仕事が楽しくなる場合もあるし、そもそも受け身でいる以上はどんな仕事であろうとつまらないまま。

それなら転職をするべきではなく、仕事を続けるべきではないかと思ってしまいがちですが、決してそういうわけではありません。

転職は仕事がつまらない状態から脱却する良いチャンスになることは間違いありません。

自分自身でも仕事に対する意識を変えることは大切なことですが、転職によって環境を変えたり、仕事内容を変えることによって一変することが多々あります。

特にやりたいことあるのに、就職や配属の関係でそれが叶っていない人は早めに転職に踏み切るべき。

やりたいことが決まっている以上、この先働き続けてもずっとその仕事ができないことが心に残ってしまい心から仕事を楽しむことはできない為です。

そして何よりキャリアチェンジをするのは第二新卒として転職する方が有利であり、下手に期待して働き続けることが逆にリスクとなってしまう可能性が高いです。

転職にチャレンジしてみる価値はある

転職は万能ではありません。あなたの不満を全て解消してくれるわけでもないのです。

もしかしたらせっかく転職しても全く意味がなかったなんてことにだってなりかねません。

ただそれでもあえて転職する価値はあるでしょう。

何も変えずにただ我慢するくらいならあえて大きく環境を変えてみる。それによって得られる結果はその後の仕事生活にきっとプラスになるはずです。

ですからこのまま悩み続けるくらいならぜひチャレンジしてみて下さい。

第二新卒の転職成功に向けて

転職活動のコツは転職エージェントを利用すれば教えて貰えますから心配不要です。

履歴書対策、面接対策から希望に合った企業の紹介など最初から最後までサポートして貰えるのでぜひ活用してください。

転職サイト、転職エージェントのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. リクナビネクスト

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職総合支援サービスであり、全国で転職フェアや転職セミナーも行っていて、登録するとそれらへの参加も可能になります。

転職支援サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接アドバイス、面接日程調整、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっていますが、これが8万件以上ありますから、希望に合った企業、希望以上の企業に出会えると思いますよ。

■公式サイト:DODA

すぐに転職するかわからないという人でも、長い目で見れば利用していく価値はかなりあると思うのでぜひ使ってみて下さい。ちなみに私も最初は診断テストをやってみたいというだけの理由でした。

転職エージェントでは、リクルートエージェントもおすすめ。

国内最大級で非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウもあるので安心して利用することができます。

私自身も利用しましたが、求人の質や担当者の対応が良かったです。転職エージェントに関しては色々と使いましたが結局最後まで使ったのはDODAとこのリクルートエージェントだけでした。

転職活動するならやっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

とりあえず転職サイトだけを使いたいなら、転職サイト国内No1であるリクナビネクスト一択。

求人量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能、その他診断テストなどが他に比べて群を抜いて充実しています。

もちろんDODAとの併用もOK。転職サイトそれぞれで求人が異なるので、複数を使うとより幅広く求人を見ることができます。

転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、何かと便利なので転職を考えていなくても登録している人も多いですね。

■公式サイト:リクナビネクスト

20代ならばハタラクティブもおすすめです。第二新卒や社会人経験のない既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で学歴も社会人経験も問われません。

未経験業界への転職に関してはかなり強く、転職内定率は80%超えとかなり高い数字を誇っていますし、カウンセリングやサポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。それ以外の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用するようにしてください。

■公式サイト:ハタラクティブ

転職エージェントは他にもIT系、外資系に強く面談希望者は断らないというSpring転職エージェントなどがあるので複数登録して自分に合ったものを探してみましょう。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ