仕事がつまらないと思った時の対処法と仕事を続ける場合や転職時の注意点

仕事がつまらないと思った時の対処法と仕事を続ける場合や転職時の注意点

仕事がつまらないと、やる気はなくなり、会社に行くのも苦痛になってだんだん行きたくなくなり、しまいには辞めたいと思うようになるもの。

多くの人はそれでも生活の為にと我慢して仕事を続けることになっていますが、それではやっぱりしんどいだけ。やっぱりなんとか解消したいですよね。

そこで今回は仕事がつまらないと思った時の対処法について紹介していきます。

関連記事

 

仕事がつまらないから辞めたい!これって甘い?

仕事がつまらないから辞めたい。

そんな意見に対して、考え方が甘いと思う人は正直多いです。

つまらないのは当たり前、仕事は楽しむ為に行うものではない、みんな我慢している。

もし誰かに相談したらそんな風に反対意見を言われる場合が多いし、いざ上司に退職を告げる場合もこの理由は絶対に言わないほうがいいです。

ただその甘いと言う考え方、自分では持つべきではありません。

なぜならそうなってしまうと、仕事を変えることに対して大きな抵抗感が生まれ、ただつまらないことを割り切って我慢するということしかできなくなってしまうからです。

もちろん甘えと言われても仕方がない場合もあるでしょう。さすがにそんな理由で転職していてはきりがないという人もいます。

ですから辞めたいと思ったからと言って安易に辞めてしまうことは全くおすすめできません。

ただまずはこの気持ちを甘えだと決めつけてしまうのではなく、その気持ちと向き合ってベストの対処法を考えてみるというのは、重要な一歩目となります。

仕事がつまらない時の対処法とそれぞれのリスク

では仕事がつまらない時にできる対処法、そしてその対処法を選んだ場合に想定されるリスクについて考えていきましょう。

仕事を続ける

我慢してでも仕事を続けていくというのももちろん一つの対処法です。

仕事を続けていくことで違う仕事を任されるようになったり、成功体験を味わったり、人間関係が変わったりするのは少なからずあること。

そういったことがきっかけでこれまでつまらなかった仕事が楽しくなってくる可能性はゼロではありません。

つまらないのは仕方がないからと、ただ我慢するだけになってしまうことはおすすめできません。ただ将来に希望をもって、今はつまらなくても仕事を続けるというのは前向きな対処法だと十分に言えると思います。

ただその反面、続けたところで何も変わらないかもしれないというリスクは常に付きまといます。

何かが変わっても結局つまらないまま、それどころかどんどんつまらなくなっていく一方となってしまう可能性が高いことを忘れてはいけません。

またいつか仕事が楽しくなっていくかもしれないが、そうなるまでには相当時間がかかるという点も難点。

辞めたいと思うくらいつまらない仕事、何年も続けて行くというのは相当大変なことです。

異動して仕事を変える

自ら異動を願い出て仕事を変えるというのも一つの手段。

仕事内容が変わることで、つまらない仕事から離れることができます。

また同じ会社なだけあって、異動先でどういった仕事をするのかをはっきり知ることが出来た上で判断できることも大きなメリットと言えるでしょう。

ただ希望通りの異動ができる可能性は決して高くはありません。

タイミング、会社や上司の意向、本人の適性など色々な部分が加味されて決まることになりますが、中々希望通りとは行かないものです。

事実、私の周りでも異動願いが通った人はごくわずかで、ほとんど叶わずじまいです。

中には10年以上出し続けているが叶わず、諦めざるを得なくなった人もいます。

転職して仕事を変える

できるだけ短期間でつまらない仕事から離れることができる、会社や上司に振り回されず自分の意思で決断できるといったメリットがあるのが転職。

転職しやすい時期だからこそ、今の状況を好転させる可能性は大いにあるでしょう。

実際、仕事がつまらないと不満を抱いていた多くの人が転職して解消に至っています。

ただ転職したからといって必ずしも解消しない、それどころか悪化する可能性もあることを忘れてはいけません。

仕事を続けるか、それとも転職するか

これまで挙げた対処法。あなたならどの対処法を選ぶでしょうか。

選ぶ際、以下の点については注意しなくてはなりません。

仕事を続けることのリスクを低く考えてはいけない

おそらく最もやりやすいのは、仕事を続けながらなんとか変わるのを待つ方法。

何か大きく変える必要はなく、変わることがない分リスクが低いように思えるからです。

ただそれは大きな勘違い。転職に比べてリスクが低いなんてことはないので気をつけなくてはいけません。

いつかはと淡い期待を持って我慢し続けた結果、結局いつまでたっても何も変わらず我慢したことが無駄になってしまう。

気が付いたら時間ばかり経ってしまい、転職もできなくなってしまう。

つまらない仕事を続ける選択をした結果、大きな後悔をすることになった人というのは実は非常に多いです。

確かに目の前のことを考えれば、何も変わらないわけですからすぐにこれ以上悪化することもありませんから。リスクがないと考えがちです。

ただ長い目で見たら、その何も変わらないことが大きなリスクとなってしまうことをよく理解しておきましょう。

転職して失敗した人がいることも事実

ただ一方で転職して失敗した人がいることも忘れてはいけないという事実から目を背けてはいけません。

もっと楽しい仕事をと望み、条件が悪くなるのを受けいれて転職。

しかし結局は仕事はつまらないままで、単に給料が下がっただけ。

そんな風になってしまって辞めなければ良かった後悔している人はたくさんいるのです。

またこんなつまらない仕事なら辞めたって後悔することはないと自信を持っている人であっても、いざ転職が思った通りにならないとそうなってしまうことは少なからずあります。

仕事がつまらないを解消する為にこれからやるべきこと

人によって、つまらないから仕事を辞めるなんてNGだという人もいますし、逆につまらないならさっさと転職した方がいいという人もいます。

ただどちらが正しいかなんて言うのは人次第。

だからこそ自分の頭で考え、自分で判断しなくてはいけません。

その判断をする為に、まずは以下のことに取り組んでみましょう。

仕事のつまらない部分、つまらない理由を明確にする

まず必要なのが、自分の中での仕事のつまらない部分、つまらない理由を明確にすることです。

仕事がつまらないと一言で言っても、その要因は人によって様々。

人間関係やひどい労働環境、何かと無駄なことの多い職場環境、正しく評価されない環境、尊敬できる人がいない環境など環境面による影響が大きい人もいます。

やりたいことが違う、役に立っていると実感できない、雑用ばかり、単純作業ばかりなど仕事内容による影響が大きい人もいます。

あなたにとって何が最も大きな要因でしょうか。

要因が分かれば、どんな形を望むのか、どうすれば今より良くなるのかが見えてくるはずです。

また自分自身に要因がないかも考えてみて下さい。

つまらないと決めつけ真剣に取り組んでいなかったのではないか、周りと比較しすぎてはいないか、周りからの目を気にしすぎてはいないか、評価されるなりの仕事をしてきたか、自分から周りに打ち解けようとしていたか。

仕事がつまらない要因が自分自身にある場合もよくあります。

そしてそれが要因だとこのまま仕事を続けたり、転職してみたところで結局解消できずじまい。

全てを周りのせいにするのではなく、自分で反省すべき点は反省することも大切なことです。

仕事を続けた場合の将来の姿を想定してみる

もし今の仕事を続けた場合、どうなっていくかを想定してみましょう。

こうなったらいいのにという期待を混ぜるのではなく、より現実的な姿を上司や先輩の姿を参考にイメージしてみてください。

3年後にはどういう立ち位置でどういった仕事をしているか、10年後にどういった立ち位置でどういった仕事をしているか。

その姿が自分にとって前向きなものであるならば仕事を続けてみる価値はあるでしょう。

ただもしその姿があなたにとって喜ばしいものではないならば、仕事を続けることはかなりリスクが大きいかもしれません。

またこういう場合もありえると確率が低いことに期待して仕事を続けるのはおすすめできません。

もちろんそうなってくれるのが理想ですが、それに賭けることのリスクはさすがに大きすぎます。

転職するしないに関わらず転職活動はやってみる

転職するしないに関わらず、転職活動はやってみましょう。

転職したらどうなるかは、どういった転職ができるかわからなければわかりません。

そこがわからなければ、いくらつまらない理由がわかっても仕事を続ける場合がいいのか転職した方がいいのかということも決めれません。

仕事を続けていればいつかは解消するかもしれないことでも、転職すればすぐに解消できてしかも条件はより良くなるとなれば転職した方がいいでしょう。

仕事を続けているだけでは厳しいと思っても、転職で希望通りの会社に入ることができないなら無理に転職しても後悔するだけです。

ですから、ぜひ転職活動はやってみて、その上でどうするかを判断するようにしましょう。

仕事がつまらないことは当たり前なんかじゃない

最後になりますが、「仕事がつまらないことは当たり前ではない」ことだけは覚えておいてください。

実際仕事を楽しむことが出来ている人、つまらない仕事から脱却できている人はいるのです。

この先ただ我慢し続けるだけになってしまうのはあまりにもったいなさすぎます。

ぜひ諦めてしまうのではなく、現状を変える為の行動を起こしてみて下さい。

おすすめ転職サービス

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

大手では他にも、独占求人が豊富で年収アップに強みのあるtype転職エージェント、高年収案件を多数扱っているミドル向け転職エージェントのJAC Recruitmentなどがありますから、色々使ってみるといいでしょう。

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT

転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連記事

 



このページの先頭へ