会社の付き合い、仕事の付き合いが面倒くさい

仕事の付き合いとかいう、面倒臭いやつについて

会社の付き合い、仕事の付き合いで飲みに行ったり、付き合いでゴルフに行ったり。

社会人やってると、会社や仕事の付き合いって色々ありますよね。

良好な人間関係を築く為には必要なこと・・・ですよね・・・?

でも、こういう会社や仕事の付き合いが嫌だって人も多々いるんじゃないでしょうか。

はっきり言って私は、

「大嫌いです。」

普通のサラリーマンなので、しょうがなくやっていますが。

まあ嫌い、嫌いといっていてもしょうがないので、とりあえず

メリット、デメリットをまとめてみました。

おすすめ記事:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:苦手な人、嫌いな人との接し方や付き合い方、職場では態度に要注意

関連:仕事が辛いと感じたらチェック、うつ病になる前に行動しよう

スポンサーリンク

会社、仕事の付き合いのデメリット

こういう場合って、普通はメリットから書くんですが、次から次へとデメリットが思い浮かんでしまうため、

もう先にデメリットを書き連ねます。

時間の無駄

サラリーマンなんて、残業いれたら1日10時間、移動時間とか考えたら1日12時間は仕事だったりする。

そしてそれが週5日もある。プライベートな時間がはめちゃくちゃ少ない。

その貴重なプライベートな時間を、さらに失われるってもう終わってる。

こっちは、子供と一緒にいたい。

子供可愛い。

お金の無駄

付き合いで飲みに行ったとして、全然楽しくなくたって、金は払う。

ゴルフなんて、上司、先輩にかなり気を使いながら、そして金は払う。

女の子の店に連れて行かれたらもう大変。

なんの為に働いているのやら。

なんていたって、少ないお小遣いからだすんですよ?

子供におもちゃを買ってあげられなくなるんだよ!!

心の疲労

上司、先輩がいる。ということで、やっぱり気を使う。

もう疲れる、疲れる。

普通に仕事してるより全然疲れる。

嫁に怒られる

こっちとしては、仕事と同じように考えているんだけど、

嫁にとっては遊びと同じように捉えられる。

そして怒られる。

怖いので謝る。

まとめ

時間が無くなり、お金が無くなり、残るのは疲労感。

これ誰が得するの?

よく、仕事以外での交流を深めるって理由聞くけど、飲み会で話すことってほぼ仕事関係の話。そりゃ、共通点それくらいだし。

自分が上司になった時に、楽しいと思うのかまじで疑問。

とりあえず、部下に気をつかわせない上司になりたい。

そして、子供がいる人は早く帰してあげたい。

スポンサーリンク

メリット

思うがままに、文句をいったものの、実は色々なメリットも感じてはいるんです。

ちょっとだけ。

ちょっとだけ人間関係を深めることができる。

上司、同僚など、こういう場だからこそ、ちょっと人間関係を深めることができる。

まあ失敗すると、悪い方にいきますけどね。

ちょっとした仕事の相談ができる。

特に上司とか、先輩って忙しくしてて、相談しづらいんですよね。

若手の人ってそれが悩みになってたりしますよね。

そこで、こういう場を利用。

さりげなく聞くことができる。

まああくまで、時間外なので聞くタイミング、頻度は考えないといけないけど。

裏情報が聞ける

たまに上手いこと、裏情報を聞くことができたりします。

ためになる情報や、おもしろい話。

誰かが付き合ってるとか、どうだとか。

会社、仕事の付き合いはどの程度断れるか

答えはないと思うし、一緒に行く人次第だったりするけど、

自分の場合は7割程度参加し、3割程度は断ります。

理由は子供ネタか、鬼嫁ネタ。

スポンサーリンク

まとめ

ほんと嫌いなんですけど、会社の付き合い、仕事の付き合いは社会人である以上、必要なことなので我慢、我慢。

いつか楽しくなるかもしれない。なさそうだけど。

まあこれって、サラリーマンの話だけじゃなく、プライベートの話でもよくあることかなと。

ちなみにこの記事を書こうと思ったのは、むしろ、プライベート的なことだったんですね。

やりたくないけど、付き合いでやらなきゃいけない。

好きなように生きることができない性格なので、上手いこと生きていかなきゃならないですね。

社会人はチェック!!

会社、仕事への不満により仕事を辞めたい、転職したいと思っている人も少なくないでしょう。

転職することに対し中々踏み出せていない人も多いのではないでしょうか。

しかし、行動をおこさないのは損であると言えます。

なぜなら転職活動自体はリスクがないにも関わらず、可能性をゼロにしてしまっている為です。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

そして今はかなりの売り手市場、転職が成功する可能性はさらに高くなっています。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:パワハラの定義やパワハラ上司の事例、あなたの職場は大丈夫?

関連:ゆとり世代とは?その特徴や年齢。ゆとり世代に思うこと。

おすすめ記事:転職サイトが求人情報以外にもかなり使える!社会人はチェックしておいたほうがいい。

おすすめ記事:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?



このページの先頭へ