転職エージェントを使わない転職活動のメリットとやり方や注意点

転職エージェントを使わない転職活動のメリットとやり方や注意点

転職活動を行う上で転職エージェントは非常に便利なものであり、無料とは思えないくらいの有益性があります。

ただそんな転職エージェントですが、できることなら使いたくない、使わずに転職活動を行うことを考えている人も少なくはないでしょう。

また複数の転職エージェントに登録してはみたものの、サポートを断られてしまったという人もいると思います。

そこで今回は転職エージェントを使わない転職活動のメリットや転職活動の進め方について紹介します。

転職エージェントを使わないのも選択肢の一つ

非公開求人の紹介、書類選考や面接の対策などを行ってくれる転職エージェントは転職活動を行う上で役に立つ可能性が高いことは間違いありません。

ただだからと言って必ず転職エージェントを使わなくてはいけないということはなく、使わずに転職活動を進めるというのも一つの選択肢です。

転職エージェント以外の応募方法は豊富

転職活動を進める上で必ず必要なのが求人を探して応募するということ。

そしてこれには転職エージェント以外にも様々な手段があります。

例えば一般的には以下のものが挙げられます。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 企業HPからの直接応募
  • 求人情報誌

転職エージェントを使わずとも応募は可能ですし、転職エージェントの方が自分の希望している求人が多いとは限りません。

実際転職エージェントを使わずに転職を成功させている人は多い

実際、転職エージェントを使わずに転職を成功させている人もたくさんいます。

成功者数で言えば転職エージェント経由よりも転職サイト経由で成功させた人の方が多いし、中には転職サイトや転職エージェントに一切登録せずに企業のHPから直接応募して転職活動を終わらせるなんて人もいます。

転職エージェントを使わなきゃ転職を成功させるのは難しい、かなり不利になるなんてことはないのです。

使わないことはデメリットだけではない

転職エージェントを使わないことのデメリットとしては以下のものが挙げられます。

  • マッチングしていない求人への応募が増える為、内定率が下がる
  • 書類選考や面接の対策を自力で行わなくてはならない
  • 面接日程の調整や年収交渉を自分で行わなくてはならない

自分でやらなければいけないことが増えるので転職活動にかける時間は増えるし、マッチングしていない無茶な応募が増えることによって内定率が下がり、転職活動の長期化が懸念されます。

しかし使わないことによって受けるデメリットだけではありません。

使わずに転職活動を進めることによるメリットももちろんたくさんあります。

転職エージェントを使わない転職活動のメリット

では転職エージェントを使わない転職活動のメリットはどういったことがあるでしょうか。

ここではそのメリットをいくつか紹介します。

自分のペースで転職活動ができる

転職エージェントのサポートを受けることができるのは利用開始から約3ヶ月。

この期間内で希望に合った求人を探して応募、そして内定を獲得しなくてはなりません。

ですから当然スピード感は求められるし、転職エージェント側からも期限が決められ応募するかの判断、履歴書の提出などをフォローされます。

どういった転職をするか、そもそも転職するのかどうなのかとゆっくり考える時間はあまりなく、のんびり自分のペースではできないんですよね。

一方で転職エージェントを使わなければ自己分析や希望条件の決定に時間をかけたり、納得するまで転職活動を続けたりと、焦らされず自分のペースで転職活動を続けることが可能です。

エージェントとの人間関係に悩まされずに済む

転職エージェントには色々な人がいて、当然ながら合わない人もいます。

無駄に厳しいことを言ってきたり、希望に合わない求人ばかり紹介してきたりする人もいて、転職エージェントと面談したり電話で話すこと自体がストレスとなってしまっている人も少なくありません。

一方で転職エージェントを使わなければ転職活動を行うのは自分ひとり。

人間関係に悩まされることがないことは大きなメリットであると言えるでしょう。

色々と大変なことも多い転職活動。無駄にストレスを増やす原因は作りたくないですよね。

間違った方向に誘導されない

転職エージェントは転職活動のサポートを行っている転職希望者が転職を決定して初めて企業側から報酬を受け取る成果報酬制度をとっています。

すなわちいくら手厚いサポートをしても転職が決まらなかったり、内定を貰っても断ってしまえば報酬は受け取れません。

また転職エージェントの報酬制度は年収の2~3割と決まっている為、できるだけ多い年収の会社に転職して貰ったほうが報酬は高くなります。

それ故に、転職しようかどうしようか迷っている人を言葉巧みに転職するように誘導したり、給料よりも重視する希望があったのに給料が良い会社に誘導され、転職後に後悔することになる可能性もゼロではありません。

転職エージェント経由より転職サイト経由の方が有利?

転職エージェント経由で応募した場合と転職サイトや企業サイト経由で応募した場合では後者の方が有利になるという話を聞いたことがある人も多いかもしれません。

確かにこれもあり得ること。

例えばある企業が転職サイトで求人を掲載しつつ、転職エージェントも利用しているとしましょう。

もし転職サイト経由で応募してきた人を採用したとしても、転職サイトは成果報酬ではないので追加で費用はかかりません。

一方で転職エージェント経由で応募してきた人を採用したとすると、採用した人の年収の2~3割、年収500万円の人であれば100万~150万円の費用を支払わなければなりません。

そしてもちろん転職サイトに求人を掲載した分の費用はかえってきません。

費用面で考えれば圧倒的に転職サイト経由の人を採用した方がメリットがあるのです。

ただ転職サイトも転職エージェントも利用するのはそれなりに大きな企業で採用にかける費用も豊富。

それらの企業は転職エージェントに支払うことになる費用を予算としてくんでおり、節約するより少しでも優秀な人材を採用することを重視します。

有利になる可能性はあると言っても、ほんのわずかであると考えておいてください。

転職エージェントを使わない転職活動のやり方

このようなメリットのある転職エージェントを使わない転職活動。

ただ転職エージェントで受けれる恩恵を受けることができないということは事実であり、それを補う為に気を付けなくてはいけない点もあります。

ですのでここでは転職エージェントを使わない転職活動のやり方を紹介しましょう。

転職サイトを複数登録

転職サイトは複数登録するようにしましょう。

求人は転職サイトごとによって異なる為、複数登録することによって様々な求人への応募のチャンスが広がります。

また登録する転職サイトは以下の2点を重視。

  • 求人数が多い
  • スカウト機能がある

おすすめはリクナビNEXTDODAといった大手と、オファーを待つタイプのMIIDAS(ミーダス)あたり。

特にオファーを貰う為のスカウト機能は転職エージェントを使わないなら絶対に使うようにしましょう。

スカウト機能への登録、非公開求人はチェックするべき

転職サイトで公開されている求人は最大手のリクナビNEXTでも1万件程度。

一方で同じリクルートが運営している転職エージェントのリクルートエージェントが扱っている非公開求人数は約100,000件。

企業の多くはマッチングしていない求人の応募の殺到の防止といった理由から非公開求人とする場合が多い為、上に書いたような大きな差がでるのです。

ですから公開求人だけで転職活動を行うのはNG。

企業側からオファーを貰うことができるようになるスカウト機能への登録は転職エージェントを使わない場合には必須です。

スケジュールは立てた方が良い

転職活動に関するスケジュールはしっかり立てておきましょう。

転職エージェントを使う場合は担当者がスケジュールを管理してくれますが、自分ひとりで行うなら自分で行わなければなりません。

スケジュールを立てないとついのびのびになってしまいますし、応募しなくてはいけないタイミングで行わずに期限が過ぎてしまったなんてこともよく聞くことなので注意しましょう。

応募社数について

転職エージェントはその人の職歴、経験、そして希望条件等を考慮して受かる可能性のある求人を紹介してくれるので、当然ながら内定率は高くなります。

一方で自分ひとりで転職活動を進めるとなると、マッチングしておらず応募したところで落ちてしまう可能性が著しく高い求人に応募してしまうことが増え、内定率は低くなります。

求人票からだとマッチングしているかどうかを完全に見抜くことは不可能ですからそれは仕方がないこと。

それなりに落ちてもへこたれない気持ちを持った上で臨むことが必要です。

おすすめの転職サイト

では最後におすすめの転職サイトについて紹介します。

転職サイトでおすすめなのは以下の3つ。

  1. リクナビNEXT
  2. DODA
  3. MIIDAS(ミーダス)

まずリクナビNEXTは転職活動を始めるつもりが少しでもある人なら登録しておくべき業界No.1の転職サイト。登録はもちろん全てのサービス利用が無料です。

ちなみに実際転職を成功させた人の8割以上がここを利用しているそうです。

登録には公式HPに飛んだ後にメールアドレスを入力し「新規会員登録」をクリック、そのアドレスに数十秒後にメールが送られてくるので、書かれているリンクをクリックすると登録画面が表示されます。

そこからは必須と書かれている希望のパスワード、名前、生年月日、性別のみ入力すればOK。登録に5分もかかりません

携帯のメールアドレスを使っていてメルマガなどを送って欲しくない場合はメールマガジンの欄のチェックを外しておきましょう。

そうすれば不要なメールがバンバン届くことは無くなります

リクナビNEXTでは求人検索、応募、スカウト機能による非公開求人への応募、強み診断テスト、市場価値診断、転職成功ノウハウの情報入手といったことが可能。

またエージェントサービスも利用したいタイミングで簡単に申し込むことができます。

求人の量、スカウト機能による非公開求人のオファーの量は他のサイトに比べて多く、全国の様々な職種、経験者から未経験者、若手からミドル層まで対応。

しかも8割以上がこのサイトでしか見ることができない求人となっています。

転職の足がかりには最適なサイトですので是非使ってみてください。

■公式サイト:リクナビNEXT

次に業界No.2の転職支援サービスであるDODA

転職エージェントとしての機能もありますが、転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由での応募、診断テストもできます

転職サイトの機能だけを利用するか、転職エージェントも利用するかは最初の登録時点で選択可能です

登録には公式HPから「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めるだけ。履歴書や職歴書の登録は必要ありません。

住所も都道府県のみでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

■公式サイト:DODA

もう一つ登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

ここは企業からのオファーを待つというタイプの転職サイトであり、大手転職サイトDODAを運営しているパーソルキャリアが運営してます。

ここのメリットはとりあえず最初に登録しておけば後は待つだけでOKだという点。

たったそれだけで思わぬ好条件の会社から面接確約のオファーを貰えるかもしれません。

また登録時に入力する年齢、職歴、学歴などから市場価値を診断、想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができたりといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)



このページの先頭へ