仕事に疲れた、働くことに疲れたから辞めたいなら我慢し続けないで転職していい。

仕事に疲れた、働くことに疲れたから辞めたいなら我慢し続けないで転職していい。

次から次へと仕事が舞い込んできて、常に仕事に追われている。残業することが当たり前になっていて、毎日遅くまで働いている。上司、先輩、同僚との人間関係があまり上手くいっていない。

そんな毎日を送っている中で仕事に疲れた、もう辞めたいなんていう風に感じてしまっている人も多いのではないでしょうか。

それでも休日にはしっかり休むことができてリフレッシュできていればいいのですが、もし休日すらも次の日の仕事のことを考えて憂鬱になっているような日々を過ごしているならば注意しなくてはいけません。

関連:会社を辞めたいという気持ちは、働き続けていれば心変わりするの?

関連:ホワイト企業だけど辞めたい。退職しても大丈夫?

「疲れた」を放置していると大変なことになる

会社に行かなきゃいけない、仕事があるから休むわけにはいかないなんて言う風に、疲れたという思いを我慢したり、ごまかしたり、無視したりして結局何も変わらない毎日を過ごしていませんか?

確かに社会人として多少無理をしたり、疲れた体に鞭打って仕事に行かなくてはならないことはあります。

ただ、それはどこかでリフレッシュしなくてはいけません。

それができていない状態のまま働き続けるのは決して良いことではありません。

疲れた、疲れがとれない、そう感じるのは身体が警告をだしているということ。そのまま放置していれば当然悪化していきます。

辞めたいと思うまで疲れるのは何か大きな原因がある

正常な状態であれば、多少ストレスがかかったり、疲れがたまったりしても休日に休むことである程度は疲れを解消できるはずです。

もしそれができずにどんどん疲れをためて、それこそ辞めたいと思うようになるくらいになるまでいってしまうのは何か大きな原因があります。

もちろん休日の過ごし方であったり、本人の性格などにも影響はするのですが、休み方を改善したり、もっと仕事に対する考え方を変えようなんてことだけではどうにもならないことがあります。

睡眠を多くとろうとしたり、休日に楽しい予定をいれてみたり、仕事のモチベーションを高めようとしてみたり、そんなことだけではいつまでたっても疲れがたまったまま、結局辞めたいという思いは変わらないことだってあるんです。

そうなってくると、そもそも疲れの原因となるものを取り除かなければどうしようもありません。

我慢して働き続けることが正しいことではない

社会人として働いていると、嫌なことがあっても我慢して働くこと、多少無理してでも働くことがあたかも正しいことのような風潮がありますよね。

転職することが逃げだと思われたり、たいしたことないのに休むのはおかしいなんて思っている人もいます。

でもそれは絶対に間違っています。

我慢して働く、限界を超えて働くことによって身も心もボロボロになってしまう人がたくさんいるのです。

休むこと、変えること、これは悪いことではなく、むしろ非常に重要な能力です。

大きく環境を変えることも必要な時はある

時には、大きく環境を変えることも必要な時はあります。それでしか解決できないこともあるんです。

仕事にやりがいをどうしても感じることができなくなってしまっていたり、人間関係が悪すぎたり、労働環境が悪かったり、耐えるか辞めるしか解消することができない問題は山ほどあります。

そんな時は思い切って辞めてみてください。

どうせ転職しても一緒だろう、仕事なんてそんなもんだから耐えるしかないだろう、耐えれないのは自分が弱いせいだ。

そんなことは全くありません。

特に仕事なんてどれも一緒だろうなんていうのは大きな間違いで、現に転職したことで幸せになることができたという人は山ほどいます。

変えることを恐れてはだめです。

もちろん変えることに対するリスクはゼロではありません。

ただ、今の状態で今後ずっと過ごしていくのか、少しのリスクを負ってでも一度大きく変えてみるかを改めて考えてみてください。

転職活動に向けて

転職活動をする場合には転職活動では転職サイト、転職エージェントを上手く活用していきましょう。

転職サイトは求人を探すだけではなく、自分の強み市場価値の診断ができたり、スカウトサービスを使えば好条件の非公開求人からオファーを貰うことができたり、場合によっては書類選考や1次面接が免除となる場合もあります。

また、転職エージェントではキャリアの相談にのってくれたり、履歴書の作成補助、面接の練習といったものをしてくれますし、何より自分に合った仕事、自分が希望している仕事を多数紹介してくれます。

転職エージェントとの面談は土日でも可能である為、働きながら転職活動を進める場合であっても柔軟に対応してくれます。

転職サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. type転職エージェント

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用から、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている転職満足度No.1の転職支援サービスであり、登録すると全国で行われている転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで対応しているので誰でも利用可能です。

キャリア相談から履歴書や面接対策、日程調整や年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが大きなメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっています。

優良企業、ホワイト企業に転職しようと思うなら、この非公開求人は絶対に活用しなくてはなりません。

大手なだけあって DODAはサポートや対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。無理に転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

次にリクルートエージェント

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が頭一つ飛びぬけています。

非公開求人量は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートの充実などの評判も良く、私も利用しましたが担当者の対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数などだけではなく、企業への交渉力や情報収集力が強い部分もありますから、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

type転職エージェントは他社にはない独占求人が豊富でサポートもかなり手厚いという評判の転職エージェント。

年収交渉にかなり強みがあり、利用者のうち年収アップした人が7割というかなり高い数値を誇っています。

大手に比べると求人数自体が少ないという難点はあるものの、DODA等では扱っていない求人もたくさんあるので、何社か使ってみる余裕がある人はぜひ活用してみてください。

面談は1回ですからそう大変ではないと思います。

■公式サイト:type転職エージェント

他にもJAC Recruitmentは高年収向け。

年収600万円以上のミドル層以上が対象の転職サービスで、大手の日系企業はもちろん外資系企業への転職も広く扱っており、かなり高年収なものが揃っているのが特徴。

求人の質、コンサルタントの質が高いと評判のサービスです。

■公式サイト:JAC Recruitment

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者など未経験者転職の転職サービスとしては最大手で、学歴や社会人経験は問われません。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、まずは相談だけでもしてみてください。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

ちなみに情報収集の為に転職サイトに登録したいならリクナビNEXT

国内No.1で求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実しています。

転職希望者の8割が使うと言われているサイト。情報収取等に使ってみましょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

関連:仕事を辞めたいと上司や親に言えない。その原因は実は自分で決めきれていないからかも

関連:新卒で人間関係が最悪な職場に入ってしまった。辞めたいなら転職するのはあり?なし?



このページの先頭へ