転職活動に疲れた20代がやった方がいいこと、やってはいけないこと

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

転職活動に疲れた20代がやった方がいいこと、やってはいけないこと

できることならサクッと終わらせたい転職活動。

ただその気持ちとは裏腹になかなか内定を貰うことができず、転職活動が長期化してしまう人もいます。

そしてそうなった時に感じるのがもう疲れた、もう辞めたいと言う気持ち。

仕事が終わってからの時間や貴重な休日を当てて行うことに対する肉体的な負担や、不採用が続くことで感じる精神的な負担。

転職活動が長引けば長引くほどに積もり積もって、もう嫌でたまらなくなってしまっている人も少なくはないでしょう。

ただそこで転職活動を終えてしまっては結局転職できずじまい。

あなたが転職活動を始める前に考えていたことは実現されることはなく、この先もずっと今の仕事を嫌々続けていくことになってしまいます。

そこで今回は転職活動に疲れてこの先も続けようか20代が、これからやった方がいいこと、やってはいけないことを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。


関連:第二新卒の転職がうまくいかない、辛いと感じたら何をすべき?

関連:20代後半の転職が転職適齢期と言われる理由や転職理由、転職を成功させる為のコツ


20代での転職活動に疲れてしまう原因

まずはなぜ転職活動に疲れてしまうのか、その原因を考えてみましょう。

転職に対する期待が大きすぎる

他の年代に比べるとかなり転職がしやすい時期と言われている20代。

だからこそ、転職活動を開始する時点では転職に対して大きな期待を抱いていた人は多いでしょう。

ただその期待が大きければ大きいほど、思ったより上手く行かなかった時の精神的なストレスは大きくなります。

最初から中々上手くいかないもの、かなり苦労するものと覚悟して望んでいた人とは、転職活動が長引いた時に感じる疲労感はやはりかなり違うものです。

早く終わらせたいがあまり無茶をしすぎる

転職活動にはリミットなんてありませんから自分のペースで行うことが可能。

ただ実際に転職活動を始めると、できるだけ早く転職したい、できるだけ早く転職活動を終わらせたいと思うあまりに無茶をしてしまっている人も多いです。

一度にたくさんの会社に応募し、書類作成や企業研究は睡眠時間を削って対応。

仕事以外の時間は全て転職に関することを調べたり、考える時間にあてて他のことを行いリフレッシュする時間を全く持たない。

それが転職活動に疲れてしまう原因の一つとして考えられます。

なんとかなるだろうと一人でなんでもやってしまう

転職活動を行うなら、転職エージェント等を上手く使いながら効率良く進めて行かなくてはなりません。

しかしなんとかなるだろう、なんとなく面倒くさいと思ってしまい、転職エージェントを使わず、転職サイトのスカウト機能すらも使わず、転職活動を行ってしまっている人もいるのではないでしょうか。

そうなると結果的に自分でやらなくてはいけないことが増えて負担増。

しかもマッチングできていない求人への応募も増えて、無駄に応募社数が増えてしまいます。

20代だからこその転職活動にしにくさ

20代だからこその転職活動のしにくさというのも多いかもしれません。

休みを取りにくくて面接日程の調整が上手く行かなかったり、ただでさえ仕事が忙しいのに資格取得や教育などで仕事が終わってからもやることが多く中々転職活動を進めることができなかったり。

やりたいことが全然できずにいつの間にか時間がたってしまっていると悩む人も多いでしょう。

不採用という結果を重く考えすぎ

不採用という結果を重たく考えすぎてしまっている人も多いですね。

いくら転職しやすいと言われている20代であっても、平均応募社数は10社以上。

未経験の仕事や大企業へと転職することを希望すれば、さらに応募社数は増えますから何度も落ちることは当たり前のことです。

しかも採用か不採用かを決めるのは、単に能力だけではなくマッチングやアピール内容など様々な観点。運の要素もゼロではありません。

ですから別に不採用になったからと言ってあなた自身を否定されたわけではありません。

転職活動で疲れた時にやってはいけないこと

こういった理由で疲れてしまう人も多い転職活動。

ではもし疲れてしまったら、あなたならどうするでしょうか。

まず気を付けて欲しいのが、以下で紹介することをやってはいけないということです。

より一層無茶をしてしまう

転職活動に対して無茶をして疲れたと感じているにも関わらず、またさらに一層無茶してしまうのはだめ。

余計ストレスがたまりイライラしながら転職活動を進めても、より一層上手くはいかなくなってしまいます。

それどころか焦りからとりあえず受かることを優先するようになってしまい、転職先選定をミスり後悔する転職をすることになりかねません。

自分を責める

転職活動がうまくいかないからと言って、自分はだめな人間だとか、自分はどこにでも通用しないなんていう風に自分を責めてはだめ。

転職活動では合否に明確な基準はなく、どんな優秀な人でも落ちる時は落ちるもの。

にも関わらず自分を責めて落ち込んでいては、それがその後の転職活動に影響を与えて、本当はうまくいくものもうまくいきません。

スキルが無いことを原因にして転職を先延ばししてしまう

転職活動に疲れた時、人によってはスキル不足など何かしらの理由をつけて、その時点で転職することを諦めてしまう人もいるでしょう。

ただ転職を先延ばしすることは決して良い選択ではありません。

転職せずに今いる会社でスキルを身につけ、それが将来につながると確信を持てているならいいですが、結局無駄な時間になってしまうだけの人も多いのが現実。

下手に転職を先延ばしするくらいなら、やはり20代のこの転職がしやすいタイミングで諦めずに転職活動を続けていた方が得策です。

転職活動に疲れた20代にやってほしいこと

ではもし転職活動に疲れてしまった時は、何をすれば良いのでしょうか。

一度休み、今後の転職活動の計画を立て直す

まずは一度、自分がリフレッシュすることができる程度に休みましょう。

そして気持ちがリフレッシュできたら、あらためて転職活動を再スタートです。

これまで転職活動をしてきた経験を元に、次は自分の今の仕事との兼ね合いも考えながら、無茶ではない計画を立て進めていきましょう。

転職エージェントを利用し転職活動の負担を下げる

これまでの自分一人で行う転職活動に疲れたなら、DODA等の転職エージェントを利用し転職活動での負担を下げてください。

最初は面談等もあるし色々面倒臭いと思ってしまうかもしれませんが、トータルでみると負担は大幅に少なくなります。

また人に相談することができるようになるというのも大きなメリットです。

一人で抱え込まなくてすむので精神的な負担も少なくなるでしょう。

自己分析や企業研究をやり直してみる

自己分析をやり直してみたり、この先応募する企業研究のやり方を変えてみるのも一つの手段。

20代の転職活動がうまくいかない原因に、簡単に決まるだろうという慢心からこれらを手抜きしている人が散見されます。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ