仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

仕事に疲れた、しんどいと感じたら、一度何かを変えてみる。

仕事に疲れた。仕事がしんどい。

働いているとそのように感じることも少なくはないのでしょうか。

通勤時の満員電車、責任の重い仕事、長い労働時間、ミスして上司に怒られる。

仕事は疲れること、しんどいことばかりです。

会社を辞めたいと思いながらも、思っているだけでなかなか辞めることができずにただしんどい毎日を過ごし、疲れがたまるばかり。

もちろん、ほうっておけば疲れの原因が解消されることもありますし、その疲れに慣れて平気になることもあります。

ただ、疲れた、しんどいと感じることが、慢性的になっている場合、一度自分の働き方について、じっくり考える必要があります。

関連:会社を辞める勇気、転職する勇気を持つ

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:ホワイトカラー、ブルーカラーとは?それぞれの仕事や給料の違い

スポンサーリンク

仕事には、疲れた、しんどいと感じる原因がたくさんある

もっと気楽に、もっとのんびり、もっと穏やかに、もっと楽しく。

仕事に対して、思う人がほとんどではないでしょうか。

しかし、現実はそう甘いものではなく、疲れた、しんどいと感じさせるようなことばかりがあります。

いくつか例を紹介しましょう。

人間関係

会社勤めをしている人にとって、人間関係は最も疲れた、しんどいと考えている原因となっています。

もちろん、上手くこなせる人、誰とでも仲良くやれる人はいます。ただ、そうではない人も多くいるでしょう。

職場では、声が大きい人、仕事ができる人、気が強い人がどうしても中心となってしまいます。

そこから外れた人は、心地悪さを感じたり、ひどければ嫌がらせをうけたりということさえあります。

そういったことは、仕事に対して、疲れた、しんどいと感じさせる大きな要因となっています。

関連:職場の人間関係に疲れた。大きなストレスになる前に対策を。

理不尽な上司

良い上司もいれば、嫌な上司もいます。

なかにはあまりに理不尽な上司もいます。

上司の指示通りにやったらなぜか怒られた。

自分だけ大変な仕事ばかりを押し付けられる。

ひどい上司は本当にひどいです。

部下の成功は自分のおかげ、部下の失敗は部下のせい。

そんな上司もたくさんいます。

関連:理不尽な上司にうんざり、どう対処し、どう付き合えばいい?

仕事がうまくやれない

仕事が上手くやれていれば、仕事自体も楽しいと感じ、結果的にあまり疲れた、しんどいといった感情は少なくなります。

しかし、仕事をうまくやれていないと、焦りやプレッシャー等により自分を追い込んでしまったり、上司に怒られることも多くなってくる為、疲れやしんどさを感じることが多くなってきます。

正しいことができない

組織として動いている限り、上位の指示に抵抗できないということは避けることができないことです。

たとえ、絶対に間違っている、正しくないと感じて声をあげても届かないことがほとんど。

結局我慢して仕事するしかないという状況に陥ってしまいます。

仕事がつまらない

仕事がつまらないと感じることは、疲れやしんどさを感じる原因につながります。

楽しいと感じることができれば、無我夢中にちょっとくらい大変なことでも気にせず続けることができますが、つまらない仕事はそうも行きません。

また、最初は楽しいと思っていた仕事でも、毎日続けることで飽きてきてしまったり、その他様々な要因によって、最終的につまらないと感じるようになってしまうこともあります。

関連:仕事がつまらない!それは誰もが感じること。

責任が重すぎる

よく、新入社員の希望として「責任のある仕事をしたい」というものがあります。

確かに、ある程度の責任のある仕事はやりがいもあって、楽しいと感じることも多いでしょう。

まったく責任の重くない仕事は、つまらないと感じてしまいます。

ただ、その責任も重くなりすぎると、大きなストレスとなり、疲れやしんどさを感じる大きな原因となります。

本来は、チームとしてその責任を負ったり、上司がフォローできる状態であればいいのですが、一個人の社員に全てを負わせてしまっている場合もよくあります。

関連:仕事のプレッシャーに耐えられない。どう克服すればいい?

休みが少ない

休みが少ないことは、ストレスを解消できるタイミングもなく、疲れは溜まる一方です。

週二回の休みと、週一回の休みでは全然違いますよね。

関連:年間休日数の平均や105日、120日の理由。あなたは多い?少ない?

関連:仕事の休みがない。身体がおかしくなる前に転職したほうがいいかも

仕事量が多すぎる

仕事量が多すぎることは日々の勤務時間を増やし長時間勤務に繋がったり、休日出勤につながり休みが少なくなってしまう為、上記で述べているようにストレスを解消するタイミングがなくなってしまいます。

それだけではなく、仕事量が多すぎて仕事を終わらせることができずに、そのことで精神的プレッシャーを感じ、よりいっそう疲れやしんどさを増幅させます。

関連:仕事量が多すぎる。その原因は?

競争社会

会社というのは多かれ少なかれ競争社会です。

誰が出世するのか、誰が出世できないのか。

自分は出世できるのか。

そのことを考えるだけでも疲れます。

競争社会からさっさと脱落すれば楽かもしれませんが、そうすると、会社での立場的に弱くなってしまう為、それはそれで疲れを感じる原因にもなってしまいます。

スポンサーリンク

疲れた、もうしんどいと感じたらどうする?

ざっと挙げただけでもこれだけの疲れ、しんどさを感じる原因があります。

これほどのストレス社会ですから、上手くやらなければ体は持ちません。

もし、慢性的に疲れ、しんどさを感じているのであれば、それは心や体が悲鳴をあげているので、ただ我慢するのではなく、なんらかのことはしなくてはなりません。

疲れ、しんどさを感じた時に、どのように解消できるのかというのには以下の方法があげられます。

  • モチベーションをあげる
  • 疲れを感じていることを周囲に知らせる
  • しっかり休む

モチベーションをあげる

仕事に対するモチベーションをあげることによって、仕事による精神的疲労は軽減されます。

ただ、仕事に対して疲れたと感じている時ほど、モチベーションをあげるのは難しいと感じるのではないでしょうか。

ただ、日々の仕事に対して、つまらない、嫌だと感じながら仕事していては、いつまでたってもモチベーションはあがりません。

あえて、モチベーションをあげることを意識してみるだけでも全然違ってきます。

日々の仕事のやり方を変えてみたり、目標を設定してみたり、自分の欠点を知り、補う為の方法を考えたり。

そういったことにより、徐々に仕事に対するモチベーションも上がり、同時に周囲による煩わしさも減っていきます。

モチベーションをあげる為に、思い切って転職し、仕事を変えることもいいでしょう。

疲れを感じていることを周囲に知らせる

疲れた、しんどいと感じている人は、責任感が強く、なんとかしようと自分の中に抱えてしまうことが多いです。

また、そういった人は周囲にも悟られないように、表情や振る舞いにはでないようにしがちです。

その結果さらに仕事量が増えたり、余計大変な状態に陥ってしまうことも多いです。

ただその状態が続くといつか限界がきてしまいます。

まずは、疲れている、しんどいということを周囲に知らせてみてください。

しっかり休む

休みたいと思いながら、日々の仕事に追われてしっかり休むことをおろそかにしてはいけません。

長時間働くこと、休日も働くことが美化されがちですが、実際に労働時間が長ければ長いほど、成果をだせるわけではありません。

休む時には、仕事のことを考えずにしっかり休むことが大切です。

休日はしっかり休む。時には有給休暇を使ってしっかり休む。

どこかで仕事をし続けることを断ち切り、休む習慣をつけなければ、疲労は溜まり続けてしまいます。

また、休み方も大切です。ただだらだら寝ているだけでは実は疲れはとれません。

自分なりに疲れがとれる休み方を身につける必要があります。

休むということは実は難しいことです。

限界が来る前に何かを変えなければいけない

疲れた、しんどいという状態はいつかどこかで、リフレッシュさせなければいけません。

しかし、そのリフレッシュすることすらできない状況の人はたくさんいます。

いつかは変わるかもしれない、今を乗り切れば。

そう思っていては結局いつまでたっても変わらないままであることがほとんどです。

まずは自分の意識を変えること、そして時には環境を変えることも必要です。

我慢し続けるのはなく、変えることを行ってみましょう。

 

特に、今は有効求人倍率が非常に高く、転職しやすい状態です。

転職では、例えば年収アップできた人が7割程度現状の不満を解消できた人は8割と高い数字になっています。

さらに今は企業が人手不足となっていてかなりの売り手市場であり、好条件で転職しやすい状況なっています。

もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみてみてください。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトでは、無料で市場価値や適正を調べられたり、直近で転職を考えているわけではないという人にとっても役立つ情報を見ることができるのでかなり便利です。

まずは最大手である以下の2つを利用するのがいいと思います。

というかこの2つは他の転職サイに比べて求人数、スカウト機能、診断テストや転職ノウハウ情報の充実度といったことが圧倒的に勝っているので登録は必須です。

ちなみに診断テストで言えば、リクナビNEXTがグッドポイント診断という強みを調べるもの、DODAがキャリアタイプ診断という性格や能力、適している働き方や企業風土を調べるものが人気です。

転職を検討している人で、どちらにも登録していないという人はかなり少数だと思いますが、まだ使っていないという人はチェックだけしてみてください。

登録自体も色々と入力項目がありますが、まずは必要項目を入れればいいので数分で終わります。転職しようとしていることが転職サイト経由でばれたというのも聞いたことがないので心配ありません。

もう少し2つのサイトについて説明してみましょう。

リクナビNEXTは、転職者の8割が使っているそうです。

私もとりあえずまずはここに登録したし、情報収集をする為に他の転職サイトもあわせて使っていましたが、良い部分はあっても他に劣っているという部分は感じたことがありませんでした。

実際、リクナビNEXTをメインとして他の転職サイトや転職エージェントを使って転職活動を進めている人が一番多いかと思います。。

非公開求人への応募が可能となるスカウト機能は他のサイトに比べて特に優れていますし、自分の強み市場価値を調べることができるなど、機能面が全般的に優秀なのが特徴です。

■公式サイト:リクナビNEXT

DODAは、求人検索やスカウト機能といった転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっていて、一度の登録で全てのサービスも使うことができますのでかなり便利です。

いざ転職する時になったら転職エージェントに利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、DODAは企業に関して社風や雰囲気といった情報まで提供してくれる、求人は事前に審査しブラック企業を排除してくれているという特徴があるので、転職のリスクを最大限下げるといった観点でも利用は必要です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントで言えば、DODA以外にも同規模のリクルートエージェント 、それらに次ぐJAC Recruitment といったところも扱っている非公開求人数は多く、エージェントの質は高いので使ってみる価値はあると思います。

■公式サイト:リクルートエージェント

■公式サイト:JAC Recruitment

どれも無料であり、持っている求人情報は異なるので、複数を利用するメリットも大いにあると思います。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:病気で仕事を休職。休職期間や給料や、退職から転職活動について

関連:異動したいけど異動願いは通るの?部署異動ができる可能性

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ