契約社員から正社員に登用されて良かったこと、悪かったこと

契約社員から正社員に登用されて良かったこと、悪かったこと

現在契約社員として働いている人の中には、今後もずっと契約社員として働くのではなく、いずれは正社員として働くことを望んでいる人も多いと思います。

そして契約社員が正社員になる為の一つの手段が「正社員登用」。

契約社員としての求人表でもその言葉が載っていることはしばしばあります。

ただこの正社員登用ですが、必ずしもメリットとならない場合もあるので注意が必要です。

関連:契約社員から正社員登用ありの求人を探すコツや、正社員になる為の条件や試験内容

関連:契約社員から大企業に正社員登用される可能性はあるのか、その条件は?

契約社員から正社員に正社員登用

契約社員の正社員登用は広く行われていることであり、正社員になることを希望している人にとっては魅力のある制度です。

ただしそのハードルは実は転職して正社員になるよりもずっと高い場合が多く、単なる時間の浪費となってしまう場合があるので気を付けなくてはなりません。

正社員登用は本当にありえる話?

正社員登用自体は決してありえない話ではありません。

実際正社員になれたという人も多いし、中には転職はおろか、新卒での就職活動でも相当困難な大手人気企業で正社員登用されたという人だっています。

ただし確率として考えた場合、決して高いとは言えません。

そもそも契約社員の正社員登用制度がある会社自体が約半数、そしてその制度自体をある程度利用している企業がさらに半数。

正社員登用自体、4社に1社しかまともに行っていないという実情があります。

また正社員登用をそれなりに実施している会社に契約社員に入社したとして、全員が正社員になれるかというとそういうわけではありません。正社員になれるのはほんの一握りです。

参考:契約社員から正社員になるには?正社員登用と転職という方法。

単なる煽りの場合もあるので要注意

求人票では正社員登用ありと書かれており、面接等でも可能性はあると言われたとしても、その言葉を全て信じるのは避けるべき。

正社員登用というのは労働者にとって魅力的なものであるが故、求人を行う際に人を集める手段として行われている場合が多々あるからです。

もちろん実際にその制度が適切に定期的に行われている場合もありますが、単に制度があるだけで前例はなかったり、過去にたった一度だけあった実例を大げさに言っているだけの場合もあります。

参考:正社員登用あり、直接雇用ありの求人には嘘が多いので要注意!可能性なんてごくわずか!

正社員登用される為の条件

では契約社員から正社員登用されるとしたらどういったことが必要でしょうか。

まず大前提が会社自体に正社員として登用する意思があること。

その上で数年働き他の契約社員以上、正社員と同様のレベルであることを示さなくてはなりません。

さらに上司に好かれることも必要なこと。いくら仕事ができても上司に好かれなくては推薦して貰うことができず正社員になることはできません。

また大手企業の場合では正社員登用試験が行われている場合がほとんどです。

面接、論文などが主。ただこの試験は誰でも受けることができるのではなく、勤続年数等の条件がついていたり、上司からの推薦が必須となる場合が多いです。

無理そうなら正社員登用ではなく転職を

大手企業でも正社員になれるかもしれないという魅力的な正社員登用ですが、リスクがあることも忘れてはいけません。

正社員になれるかもしれないと淡い期待を抱いて数年働き、結局なれずに終わってしまうと以前より年齢が高くなりさらに正社員へ転職することが難しくなってしまうのです。

ですからあまり正社員登用にこだわりすぎず、無理なら転職へと舵をきることも必要です。

正社員登用されたからといって実は良いことばかりではない

さらに正社員登用には、運よくなれたとしても良いことばかりではない部分も多いので注意しなくてはなりません。

もちろん正社員になれたことによる大きな恩恵を受けることができる人もいるでしょう。

ただそれは会社次第。

正社員登用されたものの、想像していた正社員の姿とは全然違った、むしろ辛くなったと感じる人も多いのが現実です。

契約社員から正社員に正社員登用されて良かったこと、悪かったこと

では具体的に正社員登用されて良かったこと、悪かったことにはどういったことがあるでしょうか。

正社員登用されて良かったこと

まずは正社員登用されて良かったことから紹介します。

無期雇用になり雇用が安定

やはり大きなメリットは有期雇用から無期雇用になり、雇用が安定すること。

契約社員として働く場合は有期雇用者として半年なり1年の雇用期間を、延長して働くという形。

ただ5年を超えて繰り返し更新された場合、雇用者側の意思とは関係なく労働者の意思次第で無期雇用への転換が可能となる為、多くの場合は5年以上更新を繰り返さなくなります。

要するに契約社員として働く以上、いつまで更新して貰えるかという不安、そして5年が過ぎてしまうとまた次の仕事を見つけなくてはいけないという不安がつきまとうことになります。

しかし正社員登用になれば契約は無期雇用。倒産やリストラがない限り、定年まで働くことができますし、会社によっては退職金も支給してもらえます。

将来に対する不安からの脱却という面は、正社員登用への大きなメリットであると言えるでしょう。

給料アップ、ボーナスアップ

契約社員から正社員登用されることによって給料が増えた、ボーナスが増えた、ボーナスを貰えるようになったという場合も多いです。

会社によっては正社員と契約社員では給料体系が異なり契約社員の給料が低い場合が多いので、給料アップに繋がる可能性は高いです。

他にも福利厚生の受けれる恩恵が正社員と契約社員で異なっている場合があり、それもまた収入面でのアップに繋がります。

正社員としての職歴がつく

長い目で見たとき、過去正社員として働いてきたという職歴を持つことは大切なこと。

なぜなら転職時にはどういった職歴を持っているかがどういったスキルを持っているかと同様に評価のポイントになるからです。

正社員として働いたって倒産やリストラがあるんだから不安定だと思う人もいるかもしれませんし確かにそうなる場合もあります。

ただ万が一そうなった時にどちらが次の仕事を見つけやすいかと言えば、やはり正社員として働いた経験を持っている人です。

また正社員として働き経験を積めば、さらにキャリアアップしていくという選択を取ることが可能になることも一つの良い点であると言えるでしょう。

転職では不可能な会社で正社員として働くことができる

これまで紹介した内容は、正社員登用ではなく転職活動で正社員としての転職先を見つけた場合も同様のこと。

では正社員登用だからこそのメリットにはどういったものがあるでしょうか。

まず一つ目が普通に転職活動を行っても難易度が高すぎて不可能な大手企業に入社できる可能性がある点。

これは実際にあること。

大手企業は毎年定期的に契約社員や派遣社員から正社員になる為の正社員登用試験が行われていて、合格できれば正社員として働けるようになります。

もちろん倍率は物凄く高く、相当な難関。

ただ学歴、職歴、経験有無を見られる中途採用市場では受からないような人が契約社員として働きながら自分をアピールすることで正社員の座を掴んだという人は確実にいるのです。

仕事がわかった上で正社員として働くことができる

せっかく正社員として転職できたのに、いざ働くと仕事がつまらなかったり、人間関係が上手くいかなかったり、残業が多いなど仕事がハードすぎたりと、仕事に合わず結局辞めることになってしまう人も少なからずいます。

ただ正社員登用の場合、仕事について、職場について実際に働いて自分の身で知っている分、そういった失敗が無くなります。

正社員登用されると同時に違う部署に異動となったという事例もありますが、基本的には同じ職場で働くことになるので新たに人間関係を築いていく必要もありません。

正社員登用されて悪かったこと

では続いて正社員登用されて悪かったことです。

待遇が何も変わらず

正社員登用されたものの、契約社員の頃と待遇は結局変わらなかったという人は少なくありません。

それどころか正社員として働くのは1年目だからという理由で給料が少なくなってしまったという人もいるようです。

また正社員登用と言いながら、現実は他の正社員と給与体系が異なる場合もあります。

準社員、無期契約社員などと呼ばれ、場合によってはボーナスなし、退職金なしなんてことだってあり得るのです。

出世や昇給も契約社員出身だから、準社員、無期雇用契約社員だからということで他の正社員の人と格段に差がついてしまう場合もあります。

仕事の責任、仕事量が増大

正社員になった途端、仕事の責任は増え、仕事量が増えて辛いという人も少なくありません。

契約社員として働いていた頃には気づけなかった正社員の人達の仕事の負担の大きさをいざ自分で味わうとしんどいと感じてしまうのです。

正社員として働くことになり、給料も増えるならこれまでと同じ仕事を同じようにできると思ってはだめです。

正社員登用されるからには、しっかり正社員としての働き方を知っておく必要があります。

残業、休日出勤が増えた

残業時間、休日出勤も正社員になった途端に一気に増えたという人もいます。

それまでは月10時間程度だったのに、50時間以上になったなんて場合だってあります。

また会社によっては正社員が普通にサービス残業している場合もあります。

単に雰囲気が良いから、仕事が上手くやれているからという理由で正社員登用されてしまうと、労働環境面で苦労することになるので、しっかり見極めなくてはなりません。

転職も一つの選択肢に

望んでいる会社に希望通り正社員登用されるのであれば願ったり叶ったりですが、その確率は決して高いものではなく、時間を浪費するリスクもあることは知っておいて下さい。

そしてもし本当に正社員になりたいと考えているなら、正社員登用だけではなく、正社員として転職することも視野に入れるべきです。

特に今は多くの会社で正社員が人手不足の状態。これまで正社員としての経験がない人、未経験の人も転職がしやすい状況になっています。

ぜひまずは転職サイトで色々と調べてみて下さい。もしかしたら今の会社で正社員登用されることを待つより、ずっと良い方法が見つかるかもしれませんから。

転職支援サービスのおすすめ順は以下の通り。

  1. DODA
  2. リクルートエージェント
  3. ハタラクティブ

まずDODAですが利用は完全無料、登録には公式HPからオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む」をクリックした後、必須となっているピンク色の項目を埋めていくだけで履歴書や職歴書の登録もないので5分もかからず終わります。

住所も都道府県のみを入れるだけでOK、業種や職種なども大体あってそうなもので問題ありません。

DODAは求人検索や診断テストの利用、プロによる転職サポートなど転職に必要な機能が揃っている満足度No.1の転職サービスであり、登録すると全国各地の転職フェアや転職セミナーへの参加も可能になります。

転職サービスとしては日本最大級で求人数は10万件以上、全国に拠点があり経験者から未経験者まで若手からミドル層まで誰でも利用できます。

キャリア相談から履歴書や面接対策、年収交渉などをして貰えるので、転職活動がかなり楽になるし、何より8万件以上ある非公開求人を紹介して貰えるというのが最大のメリット。

待遇の良い求人は応募が殺到する為、検索しても出てこない非公開求人となっている為、優良企業、ホワイト企業に転職したいなら非公開求人抜きで考えるわけにはいきません。

大手なだけあって DODAは対策のテクニックの質も高く、求人数も十分。転職を強制されることもありませんので、どうせ無料と思って使ってみてください。

もちろん面談等はせずに転職サイトのみの利用も可能です。

■公式サイト:DODA

転職エージェントと言えばこのリクルートエージェントDODAが飛びぬけて強く、求人数や実績が飛びぬけています。

非公開求人数は10万件以上。成功実績はNo.1

求人の量・質、サポートなどの評判も良く、私も利用しましたが対応が良かったという印象を持っています。

DODAリクルートエージェントでそれぞれ独占求人があるので、まずはこの2つを使って良い方を選ぶというやり方がおすすめです。

とにかく転職活動するならまず大手。求人数だけではなく、企業への交渉力や情報収集力も強いので、あえて大手を外す意味はありません。

■公式サイト:リクルートエージェント

20代にはハタラクティブもおすすめ。

第二新卒や既卒者などが対象となっていて、学歴や社会人経験を問われない若手向けの転職サービスとして最大手です。

未経験者の転職に関して強く、内定率は80%超えと高い数字、サポート体制の評判も良好なのでまずは相談だけしてみるだけでも価値はあるでしょう。

ただ求人は関東が主。他の地域ならDODAなど全国対応している大手を利用しましょう。

■公式サイト:ハタラクティブ

もう一つ、さくっと登録しておきたいのがMIIDAS(ミーダス)

オファーを待つタイプの、DODAと同じくパーソルキャリアが運営している転職サイです。

ここは最初に登録して後は待つだけ、基本放置でOKという手軽さ。

それだけで好条件の会社から面接確約のオファーを貰える可能性があります。

また登録時に年齢、職歴、学歴などから想定年収を算出してくれたり、7万人の転職事例を見ることができるといった点もかなり良いポイントです。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

他にも大手ではマイナビジョブ20stype転職エージェント、最近では20代を対象にネットビジョンアカデミーという、無料でITエンジニアになる為の技術習得から資格取得、就職・転職支援を行ってくれるものもでています。

東京にある教室に通えることが条件ですが、未経験から2ヶ月で9割以上の人が正社員として就職・転職できている実績がありますからチェックしてみてください。

■公式サイト:ネットビジョンアカデミー

ちなみに情報収集を目的にするなら国内No.1のリクナビNEXT。転職希望者の8割が使うと言われているサイトです。

求人量、スカウトメール、診断テストなどが充実していますから、チェックしておくと何かと役に立ちます。

■公式サイト:リクナビNEXT



このページの先頭へ