転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

転職サイトの登録方法や、賢い使い方、注意点

転職を考えた際にまず行うのが転職サイトへの登録です。

使い方次第によっては、非常に強い武器になります。

そこで、今回は転職サイトの登録方法や、使い方について紹介します。

転職サイトの特徴

転職サイトは、全国の求人情報を簡単に登録でき、かつ応募することができたり、

スカウト機能によって非公開となっている求人からのオファーを貰うことができます。

また、市場価値診断、適性診断といったものも利用することができる為、転職を考えている人にとっては便利です。

転職サイトの登録転職方法

転職サイトへの登録自体は難しいものではありません。

ただ、数ある転職サイトの中から、どれを選べばいいか決めなくてはいけません。

転職サイトを選ぶ際の注意点

転職サイトは、以下の3点を重視して選ぶようにしてください。

  1. 求人掲載数の量
  2. 匿名スカウト機能の充実度
  3. 使い勝手

まず、求人掲載数は非常に大切です。少なければ選択肢が少なくなってしまいます。

また、スカウト機能は必ず充実しているものを選びましょう。

使い勝手は悪いとサイトを開くのも億劫になるので、割と重要です。

私のおすすめは、リクナビNEXT と、DODAです。

リクナビNEXT は、求人掲載数も非常に多く、スカウト機能は転職サイトの中で最も充実しています。

DODAは、転職サイトの面も持ちつつ、転職エージェントの面も持った転職支援総合サービスとなっているので転職エージェントにも相談したいという人にはおすすめです。

転職サイトの登録方法

転職サイトの登録はすぐに終わります。

リクナビNEXT だと、メールアドレス、名前、生年月日をいれるだけで、ピタジョブ は、メールアドレス、生年月日、性別、パスワードをいれるか、SNSのアカウントからも登録が可能となります。

登録自体は1分程度で終わるでしょう。

ただ、スカウト機能を利用するには、さらにそこからレジュメを登録しなくてはいけません。

学歴、資格有無、職歴、自己PRといったものを書く必要があります。

書き方はリクナビNEXT 内に参考となる「もおが入っていますから、読んでみましょう。

このレジュメに手を抜いてしまうと、企業へのアピールができずに、オファーが全然来なくなってしまい、スカウト機能を利用する意味がなくなってしまうので、真剣に書く必要があります。

転職サイトの使い方

せっかく使うのですから、どうせ使うならば最大限活用できるようにしておきましょう。

企業選び

転職サイトで最も使うのが企業選びの為に、求人検索をするということです。

それぞれポイントを紹介していきますので、確認してください。

様々な業種を一通り見る

ある特定の職種に限定している場合であっても、業種は様々なものをチェックするようにしてください。

最初から、限定していると選択肢が狭くなってしまいます。

最初は考えていなかったけれど、良さそうな業種が実はあったということもありますから、最初はあまり限定しすぎずに広く見るようにしてください。

チェックは週2回

求人を見る頻度は週2回でいいです。

なぜなら、新規で追加されるのが、週2回だからです。

例えば、リクナビNEXT なら毎週水曜日、金曜日に更新されます。

何度も何度も検索しても、追加されるタイミングは2回だけですから、これ以上調べてみてもあらたな求人は見つかりません。

会社内では使わない

転職サイトはスマホでも見ることができます。

ただ、会社内では見ないようにしてください。

転職活動を行っていることがばれる原因は、会社の誰かに行ってしまうか、転職サイトを見ているところを見られてしまう為です。

スマホは横から簡単に見ることができます。

誰に見られているかわかりませんから、会社内で見ることは控えましょう。

検討中リスト機能を上手く利用

転職サイトでは、気になる企業をリストにいれることができる、検討中リスト機能があります。

この機能は、あとで確認することを楽にするだけではなく、スカウト機能のオファーを貰うきっかけにもなります。

検討中リストに入れると、企業側もその人が検討中リストに入れていることが見れ、オファーした時に返答の可能性が高いと判断し、送ってきてくれる場合があるのです。

ぜひ、検討中リストは活用するようにしてください。

応募

応募する企業が決まれば、次は実際に応募することになります。

転職サイト内で、直接応募することになりますが、いくつか注意点があります。

空欄はつくらない

応募する場合、経歴、志望動機といったものを書いていく必要があります。

その中で、決して空欄は作らないようにしてください。

自由記述欄などは、書いても書かなくてもいいように思いますが、書いていないせいで志望度が低いと見なされます。

普通に考えて、熱意が大きければ、できる限りアピールするのが当然ですが、せっかくアピールできる時にしないのは、熱意がないと思われてしまうのも仕方ありません。

すべてを流用しない

転職活動を行う場合、並行して何社も受けることが普通です。

ただ、毎回毎回エントリー用に書くことが面倒で、全ての会社に全く同じ内容のものを流用して使っている場合も多々あります。

ただ、これは辞めましょう。

特に、志望動機や自己アピールは、その企業に即した、企業が欲しいと思っている人材をイメージして書かなくてはいけません。

どの会社でも使えるようなありきたりな内容は、企業側も見抜きます。

個別にその企業について調べる

転職サイトだけでは調べきれない情報がたくさんあります。

福利厚生、有給取得率、離職率、平均年収、平均勤続年数など、求人情報を見るだけではわかりません。

ただ、こういった情報は、ブラック企業を避ける為にも、必ず調べる必要があることです。

応募した企業については必ず、その詳細を転職サイトの枠から外れて、広く調べるようにしましょう。

プライベートオファーを重視

リクナビNEXT のスカウト機能を利用する場合には、オープンオファーではなく、プライベートオファーを活用するようにしましょう。

オープンオファーは、ある程度の条件が一致した人材に一括でオファーをだす為、その実態はオファーというよりも企業の宣伝です。

転職が有利に運ぶこともありません。

ただ、プライベートオファーは、個別にその人の経歴を見て送ってきます。

その為、本当にあなたを欲しいと思っている場合が多いのです。

オープンオファーはかなりの量きますが、プライベートオファーの量は少ないです。

ただ、もしプライベートオファーが来たら、見逃さないようにしてください。

まとめ

転職サイトを上手く活用できるかどうかによって、転職にかかる時間や良い転職が行えるかということが変わってきます。

ぜひ、上記のことを参考に転職活動を進めてください。

転職サイトについて

転職サイト、転職エージェントに関して言えば以下の2つが総合的に優れています。

転職サイトとして国内No1であるリクナビNEXTは、掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点で他サイトを上回っているので、一つ目の転職サイトではまず登録しておくべきでしょう。

実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もあります。中には特に役に立たなかったという意見を持っている人もいますが、基本的に満足度も高いです。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

いざ転職する時になったらリクルートエージェント の利用は必須。一人で全てをやろうなんてことは絶対に辞めておきましょう。

転職サイトで検索してもでてこない非公開求人をを紹介してくれる、履歴書の添削や受ける企業の事前情報を入手した上での面接対策、面接日や入社日の交渉、年収交渉といったことまでしてくれるので手間が大幅に減るとともに合格率も上昇します。

また、今後のキャリアに関しても相談に乗ってくれるので転職するかどうか悩んでいる人、今後のことを不安に感じている人にとっても何らかの答えをだすきっかけになると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

会社はどこの会社が良いというよりも担当になるエージェント次第。ただまずは最大手であるリクルートエージェント が求人の量や質、実績等が高いのでおすすめします。

■公式サイト:リクルートエージェント

他にも、ピタジョブ はサブで使うにはおすすめ。企業のホームページに載っている求人も見ることができるということが最大のメリット。他の転職サイトでは見ることができない情報です。

また、複数の転職サイトと提携しており、それらの転職サイトの求人を一括掲載している為、求人掲載量は他社に比べて圧倒的です。

■公式サイト:ピタジョブ


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ