とりあえず3年で得られるものと失うもの。せっかく頑張ってもマイナスになる場合があるので要注意

とりあえず3年で得られるものと失うもの。せっかく頑張ってもマイナスになる場合があるので要注意

仕事を辞めたい、転職したい、そんなことを誰かに相談してみても「とりあえず3年は頑張ってみた方が良い」と言われる場合が多々ありますよね。

とりあえず3年。一般的な言葉として良く言われていることであり、盲目的にこれに従っている人も多いのではないでしょうか。

ただそれは現在、必ずしも正しいとは言い切れません。

関連:社会人1年目、2年目の転職。仕事を辞めたいと思ったらどう動くか

関連:第二新卒で転職した方がいい人、転職した方がいい場合

とりあえず3年で得られるもの、失うもの

従来から終身雇用制度が広く採用されてきた日本では、新卒で入社した会社を定年まで働き続けることが良しとされ、転職することに対してあまり良くないイメージがもたれています。

その中でも特に3年以内に辞めるということに関しては否定的に捉えられることが多く、どうせ転職するならばせめて3年はたってからということを広く言われています。

確かに3年我慢することによって得られるものもあります。しかし実は3年たつことによって失うものもあるので盲目的にとりあえず3年と決めるのは実は危険な場合もあるのです。

得られるもの

ではまずは3年働くことによって得られるものについて確認してみましょう。

仕事での実績、経験

3年もたてば仕事も一人で行うことができるようになり、ある程度の経験をし実績もだしていけるようになっている人が多いはず。

一人で仕事をこなせるようになるというのは、転職市場でも即戦力として働くことが期待される経験者採用では必要不可欠なことになってきます。

もちろん人によって2年しか経験がなくても高いスキルを身につけてばりばり一人で仕事をこなせるようになっている人もいますし、4年たっても不十分である人もいるでしょう。

企業によっては最初の2年は教育として集合研修や他部署で様々な経験を積むことになり、就職して3年たってもその仕事は1年しかやっていないなんて人もいますしね。

ただ採用活動の場ではどこかで線引きをする必要があるので、業務経験として3年以上あることを求められる場合が多いです。

仕事に対する面白さ

仕事の面白さがわかるようになるのは、少し余裕をもって一人で仕事をできるようになってから。

どうやって仕事をすればいいのかわからない状態、初めて一人で仕事を任されて大きなプレッシャーを感じて焦りながら仕事をしている状態では中々仕事のやりがいを感じることはできないし、自分で経験せずに先輩がしている仕事を見ているだけでも中々気づくことができないことも多いです。

3年という年月は本当にその仕事が面白いものか、それともつまらないものなのかを自分の中で明確にすることができるタイミングとされています。

人間関係

人間関係も時間がたつことによって解決できる可能性があることの一つ。

最初は上司や先輩、同僚と馴染むことができずに居場所もないと感じていてしまっていても、気が付くとなんだかんだで打ち解けることができ、味方になってくる人も増えてくることが多々あります。

色々な人がいる中で、どう接すればいいのかということが徐々にわかってくるのも大きいですね。

変化の可能性

3年働く間に、異動などで大きく職場が変化する可能性があるという点も一つのメリット。

最初は希望の仕事でなかったとしても異動して希望の仕事ができるようになる可能性もあれば、気の合わない上司が異動してくれて職場環境が良くなる可能性もあります。

待遇の良い会社であっても人間関係や仕事内容に不満がある、そんな場合でも3年後には不満は解消される可能性がゼロではありません・

失うもの

では逆に3年働いたことによって失うものというのはどういったものがあるでしょうか。

第二新卒枠での転職

現在転職需要が高まっている入社3年以内を対象とした第二新卒採用。3年我慢した結果、この採用枠での応募が不可能となってしまいます。

3年働かなければまともな会社に転職することなんてできないというのは実は間違いで、大手企業を含めて採用枠はとても多くなっていますし、職種変更するなら3年働いて年齢が高くなってからよりもしやすい傾向にあるので、この採用枠で転職活動をできなくなるというのはかなりのデメリットになってしまうかもしれません。

転職を考えた時、3年働くというのは必ずしも有利な要素となるわけではないのです。

新卒採用枠での再チャレンジ

第二新卒枠での転職同様、新卒採用枠でチャレンジすることも3年たってしまうと不可能になってしまいます。

最近は新卒を対象とした採用でも卒業後3年以内であれば社会人経験関係なく応募することができる大手企業がとても増えています。

こういったチャンスも失ってしまうのも大きなデメリットと言えるでしょう。

3年という貴重な時間

最初の3年で今後の仕事のやり方が決まるなんて言われるくらい、重要視されている年代。

若くて吸収が早く、まだ何かに染まってしまっていないという大きなメリットがある期間なんです。

せっかくのその期間、興味もなくただつまらないと感じながら仕事をしてしまうというのはとてももったいないことです。

健康

ブラック企業に入社して劣悪な環境で夜中まで残業して身も心もボロボロにしてしまう。無理に3年我慢したことでこんなことになってしまう可能性もゼロではありません。

いくらなんでも3年は我慢できるものではありませんよね。体を壊してしまうくらいならさっさと辞めたほうが絶対にましです。

とりあえず3年頑張ってみた結果・・・

このようにとりあえず3年働くことにはメリットもデメリットもあり、正しいか正しくないかは一概に言えることではありません。

実際に仕事を辞めたいと思っていたものの3年我慢したという人に話を聞いてみたところ、それが良い方向に動いたという人もいれば、悪い方向に動いてしまったという人もいました。

仕事の面白味に気づけた

私の場合は3年我慢して働いたことはプラスになりました。

配属先が希望通りに行かず、最初の頃は仕事がつまらない、転職したい、そんなことばかりを考えていました。

ただ入社した会社はそれなりに大手で給料も良く、転職を決断することができずにとりあえず3年は働こうとしたんです。

結果的にそれが自分のとっては功を奏し、仕事を実際に自分ひとりで行うようになって色々な仕事を経験していく中で仕事は徐々に面白いものになっていきました。

最初はイメージだけで決めつけていた部分がありましたが、経験することで考え方は大きく変わるんだなということがよくわかりました。

時間がたつにつれて人間関係も良好に

入社して1年、職場の人達となかなか馴染めずにいた私はとにかく会社を辞めることばかりを考えていた時期がありました。

他の同期は年の近い先輩が指導担当についていたのに、私についた指導担当の人は50歳を超えたベテランの人。しかも仕事に関する最低限のことしか話をしてもらえず、職場で孤立するようになってしまいました。

しかしそれも結局は時間が解決。なんだかんだ仕事ができるようになれば色々な人とも話すようになって、仲が良い人もでき、今では居心地の悪さを感じなくなりました。

身も心もぼろぼろに

毎日終電近くまで仕事、上司からはノルマ達成できないことに毎日のように罵声を浴びせられ、3年という月日は私の身も心もぼろぼろにしました。

3年は耐えるには長すぎて、結局限界になってしまい休職。

とりあえず3年というのは健康あってからこそ、健康を害するようなら無関係にさっさと辞めるべきだと痛感しています。

選択肢が狭まった気がする

とりあえず3年。その言葉を信じて3年働いてみたものの、3年たって転職した結果はあまり満足できるものではありませんでした。

もともと違う仕事をしたいと思って転職したものの、大手は経験者採用のみで未経験者可というのは少ない状況。

それでもそこそこの中堅企業には転職できましたので悪くはなかったんですが、友人が2年目に第二新卒として大手に転職できたという話を聞いでしまったのでもっと早く転職活動をしていればと後悔する気持ちが強かったです。

もちろんその時に転職活動していたからと言って大手に転職することができていたとは限りませんが、未経験職への転職ならさっさとやるべきだと思います。

とりあえず3年待つかはしっかり考えるべき

とりあえず3年。それは人によって正解にもなれば不正解にもなります。

そこまで待つか、それとも転職するかはよく考えましょう。決して盲目的に判断することがないようにしてください。

ただ少なくとも、もし転職を少しでも考えている人はまずは転職サイトに登録してみることをおすすめします。

私の場合は、転職サイトにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなりました。

転職サイトは直近で転職する人だけに役立つわけではありません。各種診断テストや自分の会社以外の情報収集といった点において非常に有用であり、社会人なら最低でも1つの転職サイトには登録しておき、定期的に見ることをおすすめします。

転職サイト、転職エージェントを使うなら最初は以下の3つがいいと思います。

DODAは転職サイトとして求人検索やスカウトメール経由で応募することもできますし、プロのエージェントに担当についてもらって検索してもでてこない非公開求人を紹介してもらうこともできる転職支援サービスです。

転職支援サービスとしては日本最大級の規模であり、求人数は10万件以上、特に非公開求人が8万件以上とかなり豊富であり、サポートの評判も良いので転職者満足度がNo.1となっています。

特に転職エージェントは求人紹介だけではなく、キャリア相談、履歴書の書き方、面接でのアピール方法などのノウハウ、面接微調整や年収交渉など転職全般に関して密にサポートを受けることができる為、少しでも転職を考えている人ならば利用することをおすすめします。

利用したからこそ気づくこともかなり多く、転職活動の負担もかなり減りますし、完全に無料なので損することはないと思います。

私自身、良いエージェントに巡り合い満足できるサポートを受けることができたので、ここを経由して転職を決めました。

■公式サイト:DODA

とりあえずは転職サイトだけを使いたいというのであれば、転職サイト国内No1であるリクナビNEXTをおすすめします。

掲載されている求人の量、非公開求人からのオファーを待つスカウト機能の充実度、その他様々な情報量という観点でかなり優れています。

もちろんDODAとの併用もOK。というよりは転職サイトごとに持っている求人が異なるので、複数を使うことのメリットはかなり大きいです。

大手で評判もそれなりに良く、実際、転職希望者の8割程度の人が登録するという実績もありますし、診断テストなども多数揃っていることもおすすめできる点です。

使ってみて不満があったり物足りなさを感じたら違うサイトも利用してみればいいだけのことであり、登録自体もメールアドレスさえ入れればすぐ終わりますから特別使わない理由はないでしょう。

■公式サイト:リクナビNEXT

転職エージェントとしては、リクルートエージェント もおすすめ。

国内最大級で全国に拠点を持ち、非公開求人量はDODAを上回る10万件以上。

成功実績はNo.1であり、豊富なノウハウを元にアドバイザーもしっかり教育されていますから、安心して利用することができると思います。

エージェントの利用に対して身構える必要はありません。気軽に利用してみてください。

私自身こちらも利用しましたが、紹介して貰えた求人の質は高く、担当者も質問に対してすぐに答えてくれたので、利用満足度としては高かったです。

転職サイトにしろ転職エージェントにしろ、やっぱり最初はまず大手。あえて大手を外す意味はあまりないと思いますね。

■公式サイト:リクルートエージェント 

また他にも、MIIDAS(ミーダス)は転職サイトとしてサブで使うにはおすすめ。

登録は文章等を書くことがなく設問を選択していくだけなのでとても簡単、そして質問に答えるだけであなたと同様の人材がどれくらいの年収で転職しているか、市場価値を知ることができます。

またあなたの情報を元に企業から面接確約のオファーを貰えるというのもこのサイトの特徴。大手企業もそれなりにあります。

簡単に転職活動を終わらせることができるかもしれませんからとりあえず登録しておき、オファーを待ってみるのも一つの方法です。

■公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

転職エージェントならハタラクティブもおすすめできます。未経験業界への転職に関して強く、利用者の転職内定率も80%を超えるので、違うことをやりたいという人はぜひ利用してみてください。

求人は関東が主ですが、それ以外に住んでいる人でも利用は可能です。

私の周りで利用していた人が実際にいましたが、かなり手厚いサポートを受けることができたみたいです。

■公式サイト:ハタラクティブ

関連:新卒入社1年目で会社を退職。第二新卒の転職を成功させることができた理由。転職に踏み切る勇気も大事

関連:就活失敗は第二新卒の転職で取り返せる。大手企業での求人も激増中。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ