とんでもないパワハラ上司のせいで潰されたある優秀な社員の話

チェック!

転職活動始めるなら総合転職サービスDODA。

 ◆公式HP:DODA

※ポイント1:転職エージェントのメリット大
  非公開求人数トップクラス、全国対応、サポートの質も評判良し
※ポイント2:転職サイトのみの利用も可
  求人検索・応募、スカウト機能、診断テスト、転職フェアの参加等

※DODAについて詳しく知りたい方はこちら

 

とんでもないパワハラ上司のせいで潰されたある優秀な社員の話

あなたの周りにもパワハラ上司がいませんか?

せっかくホワイト企業と言われる会社に入社できたとしても、運悪くそんな上司の下で働くことになってしまったら最悪。

単に辛いだけでは済まず、体を壊し、休職そして退職せざるを得なくなる人だっています。

実際、私の周りでもパワハラ上司によって追い込まれ、体を壊して退職してしまった人がいます。

運悪くパワハラ上司の下につき、運悪くその上司のターゲットになってしまい潰されてしまったのです。

関連記事

 

パワハラ上司に潰されてしまった優秀な社員

私が以前勤めていた会社で実際にあったこと。

かなり優秀な先輩社員だったその人は、ある上司のパワハラによって追い込まれ、最終的にうつ病となってしまいました。

優秀であるが故に任された難しいプロジェクト

きっかけはとある難しいプロジェクトが舞い込んできたこと。

仕事内容自体が難しいというだけではなく。納期はかなり短い上に関係会社等とのトラブルも起こる可能性大。

しかも規模がそれなりに大きかった為、社内でかなり目立つ仕事でもありました。

そんな難しい仕事ですから、当然担当となるのは過去の仕事ぶりから見て優秀で信用できる人。

その結果その先輩社員の名前があがり、担当していた仕事が中途半端の状態であったものの他の人に任せてまでそのプロジェクトを担当することになりました。

半年でうつ病になり休職、そして退職

蓋を開けてみるとその仕事は想像以上にきついものであり、次から次へと色々なトラブルが起こる状態。

そしてそれよりもきつかったのがパワハラ上司の存在。

周りから見ていても明らかにおかしな言動をするその上司によって、その先輩社員はどんどん追い込まれていったのがわかりました。

その結果、プロジェクトが始まってから半年くらいたったタイミングで突然会社を休み、そのまま1年以上の休職。うつ病になってしまい、数週間の入院後に自宅療養することを余儀なくされたのです。

それから先どうなったか詳しくは正直わかりません。

1年ちょっとたったタイミングで全く違う残業なしで帰ることができる部署で復帰したと聞きましたが、数年後には退職してしまっていました。

大企業であるが故に転職の決断もできずじまい

もし勤めている会社が別に条件が良いわけでもない、それこそブラック企業であるならば途中で転職という判断ができたかもしれません。

ただその会社は給料もそれなりに良く、労働条件も好条件の大手ホワイト企業。

しかもその会社でこれまでは優秀だと認められ高い評価を得ていた人が、そう簡単に転職するなんて決断はできないでしょう。

転職どころか、異動させてもらうこと、担当を外してもらいたいと申し出ること、社内の窓口に相談することすらできなかったんだと思います。

結果的に潰れるまで働き続けてしまうことになりました。

パワハラ上司がその社員に行っていたこと

実際どういったことをされていたのか、周りから見ていた私が知る限りではこういったことがありました。

仕事量を無視した理不尽な要求

ただでさえ納期が短くてやることも膨大なプロジェクト。削る部分は削っていかないと間に合いません。

にも関わらずパワハラ上司はその仕事量を無視した理不尽な要求を行い、余計に仕事を増やしてばかり。

はっきり言って実際に現場で働いている人からすると無駄な仕事も多かったです。

その結果、なんとか仕事を進める為に休日出勤も含めて残業は毎月100時間近く。

会社のルールとして許される範囲ギリギリで働きながら、それでも終わらない部分を家に持ち帰ってまで仕事をしていました(持ち帰り残業は黙認状態)。

基本的に残業時間は年間360時間を超えないように指示され、周りもそれに従っていました。

ただそのパワハラ上司はそんなことは無視。

プロジェクトに加えてさらに自分の言ったことを終わらせることが一番の目的で、それが終わっていないなら残業するのは当たり前という感覚しかもっていませんでした。

会議で名指しし馬鹿にする発言

進捗等を確認する定例会議。

その会議ではそのプロジェクトが話題になることが多く、その場でたびたびその先輩社員を名指しして馬鹿にする発言がありました。

仕事が遅くて遅れている、ミスがあった、などなど。

いやらしく○○(先輩社員の名前)がこんな失敗をしたので、周りを気を付けるようになんて言い方をしたこともありました。

逐一報告することを強制

報告は午前と午後に一回ずつが必須。

その度にあれこれ仕事を増やされたり、終わっていないことを責められたりするわけです。

それが毎日。まあやってられませんよね。

しかも一度報告しに行くと1時間以上話こまれてしまうこともあり、時間がないのにこんなことをされてしまうと、ますます仕事が追い込まれていってしまいます。

大事な場面には顔をださない

あれこれと面倒なことを言ってきたりするくせに、いざ大事な場面には顔をださないというのも最悪な点。

関係会社とトラブルになった時、大事な決めごとをすることになった時など、相手側も立場が上の人を連れてきているのにそういうものには一切行かずじまい。

その結果、余計に面倒なことになってしまうなんてこともよくありました。

パワハラ上司に対して会社が行ったこと

周りから見ていても明らかにパワハラだと思っていたし、その先輩社員本人ではなく違う人が違う課の同じ役職の上司に相談したこともありました。

ただ結局、会社が行ったことは何もありませんでした。

何もしなかったからこそその先輩社員は体を壊してしまったし、それにはとどまらずその後もその上司の下についた人が何人か会社を休職せざるを得なくなる状態に追い込まれています。

パワハラ上司は役員にも気に入られていて最速で出世していっている人。そんな人が間違ったことをしていても、誰も止めることができないのが大企業なのかもしれませんね。

きつかったら逃げ出すことも必要

たとえ大企業でも逃げ出すことは必要なことです。

確かに上司はいつか変わる日が来るでしょう。大企業ならなおさらです。

ただ変わるより前に体を壊してしまう人はたくさんいるのが現実です。

ひどい人は本当にひどいです。そして周りも助けてはくれません。

もしあなたが現在パワハラを受けて辛い目にあっているのであれば、今一度自分を守る為に何をすべきかを考えてみてください。

関連記事

 



このページの先頭へ