夫婦共働きで世帯年収1000万円と1人で年収1000万円、どっちが得?

夫婦共働き

世帯年収1000万円。これを得る方法は色々あります。

代表的な方法としてあげられるのが、

一人で年収1000万円を稼ぐ場合。

夫婦共働きでそれぞれ500万円を稼ぐ場合。

どちらも世帯年収としては1000万円です。

世帯年収としては、同じですが、税金などを引かれた後の実際の手取り額は変わってきます。

この2つの場合について比較してみましょう。

関連:転職のイメージ間違っていない?中小企業から大企業も可能!ブラック企業からの脱出の為に転職活動を!

関連:今の仕事に不満があってもなくても転職サイトに登録すべき。その理由とは?

関連:退職金の平均や相場はどれくらい?公務員の場合と民間の場合。

スポンサーリンク

夫婦共働きの場合と一人の場合の手取り額

子供はなし、保険等の控除もなしで計算する。

一人で年収1000万円の場合

年収1000万の場合の手取り額は752万円。

  • 健康保険:41万円
  • 年金:88万円
  • 雇用保険:9万円
  • 所得税:70万円
  • 住民税:40万円

およそこれくらいになります。

夫婦共働きでそれぞれ年収500万円ずつの場合

年収500万の場合の手取り額は396万円。

  • 健康保険:21万円
  • 年金:44万円
  • 雇用保険:4万円
  • 所得税:22万円
  • 住民税:13万円

およそこれくらいになります。

すなわち2人あたりであれば396万円×2=792万円となるわけです。

世帯年収1000万円でも共働きは得だった!!

1人で稼いだ場合に比べ共働きで2人で達成した時のほうが世帯年収は同じでも手取り額がなんと40万円も高いのです。

さて、なぜここまで違うのでしょう。

スポンサーリンク

夫婦共働きはなぜ得?

夫婦共働きは一体なぜ得するのでしょう。

給与所得控除の違い

所得税などの税金を決める為の給与所得は、年収から様々な控除を引いた上で計算します。

その控除の一つが給与所得控除です。

ようするに、控除額分には税金がかからずにまるまるもらえるということです。

給与所得控除は、サラリーマンの必要経費として、年収に応じて決められます。

年収1000万円では、収入金額×5%+170万円。すなわち220万円。

年収500万円では、収入金額×20%+54万円。すなわち154万円。

年収500万円を2人の場合、倍の308万円に税金がかからないことになります。

まずこの額が圧倒的に違いますね。

累進課税制度

所得税は金額が大きい人ほど税率が高くなります。このことを累進課税制度といいます。

年収500万円の場合は、控除額を差し引いて考えると20%が所得税として引かれます。

年収1000万円の場合は、23%が所得税として引かれます。

この3%の差は大きいです。

スポンサーリンク

片方だけ働くことは損

同じ年収であっても、ここまでの違いがでてしまいます。

夫婦で生活にかかるお金はそう変わらないはずなので、ここまで違うのはどうなんでしょう。

さらに配偶者控除の廃止も、政府は検討中であり、さらに差が開くことが考えられます。

この結果から、無理に一人で働こうとはせずに夫婦共働きをした上で、家事も分担するのがいいのかもしれません。

関連:年収500万円~600万円ってどうなの?手取りや貯金の実態。

おすすめ記事:転職サイトの選び方、何を重視すべき?

おすすめ記事:転職活動をしてみて良かったこと、大変だったこと



このページの先頭へ